ANOVAとヌードルメーカーが最高!!

 仕事がああだとかこうだとか言わない。
言いたい事は一つ。

ANOVA(低温調理器)とヌードルメーカーが最高

それだけ。
何が最高って、最高、至高と言ってもいいくらいの
鴨そば(小麦粉で作ったけど)が出来る。
ハッキリ言って、お店レベル。

これがけっこう簡単に手間をかけずに作れる。
しかも鴨はスーパーのお値打ち品、50%オフ、激安。
麺なんて小麦粉だけだからこれも激安。

アレルギーあるから小麦粉で作るのは許して。
でも、そばと言ってもいいくらい蕎麦感ある。
ヌードルメーカーなら。

よいしょしまくってるけど、ステマじゃないです。
むしろ、ANOVAとヌードルメーカーは僕にステマさせて
ください。
それくらいこの二つはすごい。

まずはお値打ち品の鴨と昆布、汁になる水を真空パックにして
DSC06253.jpg

ANOVA(低温調理法)で55度に設定してこの真空パックをお湯にぶち込む。
で後はほっとくだけ。
ほっとく間に麺作り。

蕎麦感出したい。
子供に野菜も食わせたい。
で、人参をミキサーして
DSC06255.jpg

適当に小麦粉、蕎麦ぽい大きさに設定して、蕎麦ぽさ出したいから
人参水を気持ち少なめにしてヌードルメーカーに投入。
DSC06254.jpg

これだけ。
本当にこれだけ。
これだけでこんな麺に仕上がる。
DSC06256.jpg

人参の栄養もある、最高の麺。

で、麺が出来た頃にANOVA(低温調理法)に入れといた
鴨の真空パックを取り出す。
DSC06257.jpg

鴨は低温調理されてる訳だから取り出して、
中の汁をスープにする訳。
汁を鍋に入れて煮る。
DSC06258.jpg

けっこうアクが出るの。
アクは取る。

別に出した鴨は脂身だけ強火で焼く。
脂身に火を通したいから。
びっくりするほど美味そう。
DSC06259.jpg

そばだけで食べるのはもったいない!!
切り分けて塩で食べる。
DSC06263.jpg

見てこの赤身感!!
火はちゃんと通ってるの。
なのにジューシーさ最高、赤身の美味さ。

ヤマベ(奥さん)が誕生日だったんだけど、
何も用意してなかったから

「誕生日のお祝いに特別に作ったよ」

と嘘をついてヤマベ(奥さん)に出す。
騙されてるとも知らず大喜び。
だって本当に美味いんだもの。

で、鍋で火をかけてアクとったスープに
醤油やらみりんやらで味付けして、
ヌードルメーカーで作った麺を入れて、
盛り付けして完成!!
DSC06266.jpg

見てコレ!!
やばくない!?

正直絶品。
ANOVAの低温調理の家庭で鴨からダシになる汁が
大量に出たみたいで、スープの中の鴨の旨味がすごい。
後、鴨肉のレア感もヤバい。
麺もちょっと人参の旨味も感じて最高。
蕎麦感出てる。

子供も大喜び。

余った生地は捏ねて広げてピザに。
DSC06268.jpg

これまた、オープンで焼いただけなんだけど美味い。

ANOVAとヌードルメーカーでここまでできる。
しかも美味い。

駄文長々と書いたけど、要は

ANOVA(低温調理器)とヌードルメーカーが最高!!

ANOVAとヌードルメーカーだけで料理は黒帯レベル

毎日毎日。
寝れねんだもん、しょうがないでしょ。
嫌なら読まなきゃいいだけ。

 もうすぐ2月、で3月で4月。
春は出会いと別れの季節。
そろそろ春が近い。

何か色々と考える。

5年前に永野ちゃんと生放送毎週やってても
視聴数50とかだったのに、LINEがLINEライブで
永野ちゃんが生放送したら5万とか再生されてる。
LINEに敵う訳もなければ、敵おうとも思わないけど、
やっぱり悔しい。

動画で圧倒的な成功っぽい数字を見せられちゃうと、

「間違ってるのかなぁ、10年これだし」

揺らぐ。
4年やってても強くならないのも、やっぱり揺らぐ。
おっさんの趣味だから発散できればいいのかもしれないけど、
ゴルフを負けるのが楽しくてやってる趣味ゴルファーは
いないと思う。

仕事も趣味も色々考え込んだり悩んだり、
上達するのは料理ばかり。

低温調理器ANOVA×ヌードルメーカー

この組み合わせはマジでヤバい。
プロとは言えないけど、この二つがあるだけで
一気に黒帯レベル。
チート、ズルいレベルの調理機器。

仕事して子供保育園に迎えに行って
IMG_3760.jpg

ヤマベ(奥さん)帰ってくるまでの二時間で晩ごはんの買い出しと料理。
秋鮭を低温調理して人参のピュレとソースはバター醤油
DSC05955.jpg

ヤマベが作ったスープに昨日、ヌードルメーカーで麺作った時、
子供が邪魔して切り刻んだ不揃いな麺をぶち込んで
スープパスタ。
DSC05957.jpg

正味一時間もかからない。
真空調理法は美味しくするだけじゃなくて手間も省く。
お湯に入れておくだけなんだもの。

僕は柔術行くから食べない。

柔術では久しぶりにクロサワさんとササキさんに会えて、
ささやかな喜び。

喜びつつもボコられるだけボコられて、寝静まった家で
一人低温調理。酒飲みながら。

カナダ産の激安ポークに、生姜と醤油と酒とみりんとごま油を
適当に入れて、ANOVA(低温調理の機械)で55度に設定するだけ。
DSC05958.jpg

酒飲みながらニュース見て、適当な時間に取り出せば
この肉感!!
DSC05960.jpg

火は通ってるけど生。
生だけど火は通ってる。
最高に柔らかくてジューシでうまい。

豚を一緒に漬けてた汁は適当にフライパンで味整えて
僕の晩ごはん完成。
DSC05961.jpg

ポークソテー。

ANOVA(低温調理器)とヌードルメーカーとの出会いは
今年最高の出会い。

料理以外も上達したい。
料理ももっと上達したい。
何より睡眠上達したい\(-o-)/



ヌードルメーカーと柔術は睡眠を奪う

 眠れない。。。
夜、柔術すると頭が興奮して寝れなくなるの。
おっさんだから。。。

大きい若者や力強いおっさん、それに外国人まで、
次から次へと組んずほぐれつの合計30分間。
一日に合計30分間も色々な男たちと相撲のように、
柔道のように、レスリングのようにやってるって
すごくない?

そりゃ頭興奮する。

61キロしかない小さなおっさんの僕にとっては
ひとりひとりと対するのが全部命がけだ。
あまり大げさでなく命がけ。

そりゃ頭興奮する。

これ、けっこう深刻で、身体は疲れてるのに
脳みそがビンビンなの。。。
命がけの後にぐっすりすぐに寝れる訳なくない?

AM7:30には起きてAM8:30には子供を保育園に
送らないといけないのに、AM3:00でも寝れる気配すらないの。

午前とか日中に柔術を一時間〜二時間して、
そのまま仕事したらすごいクリエイティビティ
出そうなのになぁ。。。
もっと日常に影響しないで済むのになあ。。。

寝れない日は趣味が走る、
興奮した頭が趣味に走る。

ついに来た、製麺。
自家製麺。
ヤフオクで8000円。
ヌードルメーカー
IMG_3768.jpg

ついに手に入れた。
8000円ならいいじゃない。
憧れの自家製麺。
8000円で自家製麺し放題、ちねり放題ならいいじゃないか。

10分で製麺出来るのに、気づけば3時間ちねってる。
捏ねてる、製麺してる。。。
子供の栄養考えて、摩り下ろした人参とデュラムセモリナ粉のパスタ。
IMG_3741.jpg

すごくない?
プロみたいな仕上がり。
翌日の子供の晩ごはんに。

トマトクリームパスタにチーズ添えて
IMG_3743.jpg

喜んでくれたみたい。
IMG_3752.jpg

こんな日々が続いてて、夜中はたいてい製麺。
昨日は昼に柔術仲間で会社の仲間の尾崎と
ラーメンヤスオに行ったせいで


製麺にも力が入る。
ラーメンヤスオの麺、進化してる。
表面のゴワゴワ感がツルッとマルッと変化。
変化しつつも食感はあのゴワゴワ、最高。
これは麺をちねらない訳にはいかない。
IMG_3768.jpg

晩ごはんの麺を子供と一緒に
IMG_3767.jpg

牡蠣のチャウダーでスープパスタ
IMG_3769.jpg

ヌードルメーカー、ヤバい。
これは革命だ。
家が美味しい生パスタの店になる。

寝れないなぁ。。。
今からまたちねりそう。。。

トミウカとユウイチとヤマモリとウメちゃん、
そろそろ復帰しないかなぁ。


焦りを低温調理法で発散。ANOVAでとんかつ!!

 年末、奇跡的に上向いてきて、それも
圧倒的に上向いてきて、これ正直、全部人のおかげ。

応援してくれる人や
変わらず仕事をしてくれる人
チャンスを与えてくれる人
一緒にものすごいクオリティで仕事してくれる仲間
辞めたのに生暖かい目で見守ってくれる仲間
DSC04192.jpg

絶対他力、全部人のおかげだわ。
人のおかげで上向いて、お正月休みはずっと

「年が明けたらどうしていくか」

こればっかりを考えてた。

「よし!こうだ!これらをやっていこう!!」

バカなんだから努力しなきゃ。

昔、糸井重里さんに言われて以来、
バカなりの努力。

バカなりに年末、2016年を考えた。
そして動き始めた。

超大変。。。
気持ちが。

なんか、2015年の年末と変わらない日々のハズなのに、
緊張感が違う。。。
ピリピリしてるの。。。

2015年はヒリヒリだったの。
それが今はピリピリしてるの。。。

「あれをやらなきゃ」
「これもやらなきゃ」
「漏れはないかしら」
「そもそも正解なの?やろうとしてるのって」
「もっと改新的な何かはないの?」

とか。。。

贅沢な悩みなんだと思う。
去年は辛くてこんな事考えられなかった。

でも、勝手にこんな風に頭がパルプンテしてたら、
さすが梅ちゃん。
IMG_0698.jpg

「大、大丈夫か?中庸、中庸、上がらず下がらず志だけ維持」

「これが大事なんだよ」

梅のくせに神かと思った。

とは言え、去年とは違ったパニックの中、
少しでも心を収めるために料理と柔術に逃げる。
ここらへんはずっと変わらない。


低温調理法にハマってる。
ANOVAってやつ使ってる。
要は、沸騰しないような水温を自由自在に設定できて、
その中に食べたい食材入れるの。

そうすると、火で焼いたり煮たりでは出来ない、
絶妙な生感が生まれ、旨味も生まれ、高級レストランみたいな
食感、素材感の料理が出来るの、低温調理法だと。

ポークソテー作ってみた。
豚って、菌があるから火はしっかりと入れないと
いけないイメージあるけど、
まずは真空パックにして(水が入ると肉がビショビショになるじゃん)
DSC05884.jpg

ANOVAで65度に設定した鍋に投入。
これで1〜2時間ほっとくだけ。
これで、この絶妙な肉感
DSC05886.jpg

しっかり火は入ってるけど生感。
生感あるけどしっかり火が入ってる状態。

一応豚だから、両面フライパンで焼いて完成。
ポークソテー
DSC05893.jpg

このレア感!!
DSC05892.jpg

正直、はぐれメタル倒したレベル。
料理の完成度・味が何レベルもあがった。
フライパンやオーブンでは絶対に出来なかった
火加減が、いとも簡単に!!

ANOVA最高!!
低温調理法最高!!

調子に乗ってとんかつにも挑戦。
ヒレカツ。

ヒレカツってなんかパサパサしてるの多いじゃないですか。

「ヒレカツ美味しい!!!!」

って思ったの30過ぎてからで、

「ヒレカツ美味しい!!!!」って思える店も数えるほど。

家で

「ヒレカツ美味しい!!!!をやってみたい!!ANOVAなら!!」

と思ってヒレカツに挑戦。


国産だけど激安のヒレをANOVAで55度に設定した湯に入れる。
DSC05930.jpg

小一時間ほっといて、一応豚だし、菌が繁殖してたら
嫌だから高温の油でさっと揚げる。
DSC05933.jpg

この断面、ヤバい。
DSC05935.jpg

火は通ってる赤さ。
火しっかり通ってるけどほんのり赤い。
柔らかそう。
そして溢れ出る肉汁!!!

これは間違いないと確信しましたよ。
晩ごはんはヒレカツ。
DSC05936.jpg

びっくりするくらい柔らかくて、
ジューシーで、
美味しかったヒレカツを出すとんかつ屋の味!!

明日、お腹こわしてなかったら、ANOVA最高。
低温調理法最高。

ラーメンヤスオで年越しそば

 実家仙川。
仙川と言えば二郎仙川店。
二郎が好きすぎて近所の仙川で何度か鍋二郎。


鍋二郎って言うのは、二郎のラーメンを家に持ち帰って、
家で食べる事。
つまり、持ち帰りをさせてくれる二郎じゃないと
鍋二郎は成り立たない。
この鍋二郎、やっている店舗はごくわずかで、ものすごく貴重。
二郎仙川店が今も鍋二郎やってるかは知らない。
当時の貴重な思い出。

生まれ育った実家の近所に二郎、
なんて幸せな事なんだろうか。
高校時代から行ってたから、いわば二郎のサラブレッド。
こちとらジロリアンなんて言葉がない時代から通ってたんだ。

今は代々木上原在住。

子供が出来ても、代々木上原に住んでも、二郎好きの
サラブレッドとしての血は強く残ってます。

サラブレッドとして、年越しそばは
ラーメンヤスオ!!!

二郎サラブレッドがラーメンヤスオ。
じゃあラーメンヤスオは二郎的、つまりは
二郎系で、いわゆる二郎インスパイア系なのか?
違うと思う。
明らかに二郎系ではないし、二郎インスパイア系でもないと思う。

ラーメンヤスオを二郎系・二郎インスパイアの枠で
くくってしまうと、スズキヤスオファンに
怒られると思う。
何より僕自身、ラーメンヤスオは二郎系・二郎インスパイア
じゃなくて、ラーメンヤスオという唯一無二
のラーメンだと思う。

だって、違うんだもん。
旨味とかダシ感とか節感とか。

IMG_2858.jpg

でも、僕が仙川二郎で味わっていた楽しさと共通する何かが、
ラーメンヤスオには確実にあると思ってて、
ラーメンヤスオは二郎と共通する楽しさがあると思ってます。
とにかく食べててたまらなく楽しいの。
幸せ味。

要は何が言いたいって、僕はそばアレルギーなの!
年越しそば、今は食えないし、
二郎好きだし、何よりもスズキヤスオが好きな僕が、
ラーメンヤスオで年越しそばできるって、
家でラーメンヤスオが食べられるってすごいでしょ!!
って事。

年末、食べ納めでラーメンヤスオ行って



驚愕。


ラーメンヤスオが持ち帰れる!!!
宅麺にもないラーメンヤスオを持ち帰れる。
なんて幸せな事なんだろうか。
さっそく2セット購入。

スープ!!
DSC05871.jpg

麺!!
DSC05872.jpg

この麺がまた最高なの。
自宅にあるって、もう本当に幸せ。

具も丁寧に小分けにされてる!
DSC05874.jpg

ついに子供にラーメンヤスオを食べさせられる!!
さっそく調理。

この細身なのに力強い麺!!
DSC05901.jpg

旨味と甘み、出汁と節と幸せにしょっぱいスープ!!

DSC05899.jpg

子供大満足。
DSC05907.jpg

僕はもう少し大人向けに、唐辛子と、
お店ではまだ味わってないけど、トッピングで
付いていた柚子青唐辛子!!
DSC05904.jpg

最高。
最高のラーメンが家で食べられるって、
何て幸せなんだろう。

宅麺で販売されないかしら?
宅麺。
宅麺。

食べきれなかった麺は焼きそばに!!
DSC05894.jpg

お店に怒られるかもしれないけど、絶品。
固めの麺がソースに最高に合うの。

お持ち帰りって、こうやってお客さんが家で
自由にアレンジできるのが、何よりもの
楽しみだと思う。

スズキヤスオ、お持ち帰りできて幸せな2016。
好きなときにお持ち帰りできたらいいなあ。

とりあえず今年もラーメンとスズキヤスオと
柔術と、新しい局面に入った仕事をがんばる。

夢だった低温調理、ANOVA最高!!忘年会も最高。

 忘年会、今日は会社の忘年会。
去年の今頃はしんごとあっちゃんと三人だけ。
僕は僕なりに覚悟を決めてて

「来年は引けるだけ引こうと思う、とにかく三人が
 生きていけるために借金して、引けるだけ引いて
 生きていける体制を作ろうと思う」

て言ったらあっちゃん。
その忘年会の席であっちゃん
DSC04192.jpg

「このタイミングで言いづらいんだけど、俺、会社やめる」

お酒も入ってたし大波乱。
地獄のような年末年始。

あれから一年。

しんごはただの社員から株主になり、
DSC04116.jpg

プロレスラーの梅が身銭を切って参画してくれて、
IMG_0698.jpg

一番辛い時にずっといてくれた赤司さんは、
変わらずずっといてくれて、貴重な仲間に。

更に柔術家のオザキまで入りたいと言ってくれて、
もう既に今では貴重な戦力。
IMG_3354.jpg

あの地獄のような忘年会、一年後の今では
想像も出来ないメンツと、想像できないくらい
"僕にとっては"幸せな忘年会に。
みんながどう思ったかは知らない。

人生、本当に何があるか分からない。
梅が、オザキが、参画するなんて、
ましてや楽しい忘年会が出来るなんて思いもしなかった。

あっちゃんも変わらず寄り添っていてくれているし。
DSC03943.jpg

人間、生きていると本当に何があるか分からない、
最近特に切に思う。

低温調理法だって、三ヶ月前までは僕には無理な世界だと思ってた。

6年くらい前から『真空調理法(今で言う低温料理法)』に興味があり、
ずーっと興味があったんだけど、ここ何年かの墜落寸前も厭わない
乱気流の中、ずーっと断念。

6年の月日が流れ、それでも興味はなくならないもんで、
ネットで真空調理法を調べていたら、今は低温調理法て言うそうな。
それも、6年前は8万円くらいした専門の調理機器が、
なんと2万円台で売ってるの!!

「自分へのクリスマスプレゼント」
「子供のクリスマス料理に」
「おせち代わりのローストビーフ作りに」
「日々の料理のレベルが上がるし、ずっと使えばお得」
「その分外食に行かなくなれば、むしろメリットの方が・・・」

と、思いつく限りの自己弁護を自分に考え、購入。
当分あらゆるモノは買いません。

ようやっと再スタートがきれて、始動し始めたんだけど、
いざ再スタートしだすと、ものすごくビクビクする。
お金を使う事に。
誰にビクついてんだ、自分。
ここ三年くらいでものすごく弱く、臆病になったと
つくづく思う。
悪いことではなと思う。

で、低温調理、ヤバい。
料理のレベルが格段に上がった。
はぐれメタル級の調理機器。
レベルが格段に上がる。

ANOVA(これが低温調理器)
IMG_3658.jpg

鍋に水いれて、こいつを設置して、目標の温度を設定するだけ。
そこに、真空パック内にいれた肉やら魚、調理したい食材と
一緒に打ち込む。
後は待つだけ。

それだけ。
牛肉と調味料(バター・ニンニク)を入れて揉み込んだ真空パックを
55度に設定した湯の中にぶち込む
IMG_3660.jpg

55度で一時間の低温調理は流行りの熟成肉、冷蔵庫での熟成の
一日分くらいになるらしい。
これ、すごくない!?

家で熟成できるんだよ!?
しかも冷蔵庫の一日分が一時間だよ!?
お湯に入れてほっとくだけだよ!?

低温調理法て本当は厳密に食材・料理ごとに温度を管理して
作るんだけど、そこは家庭の料理、男の料理。
同じ55度のお湯の中に、サーモンとしょうが、
ネギとオリーブオイルを入れた真空パックをぶち込む
IMG_3661.jpg

サケ、上に焼いた皮。
真空パックの中の汁にバルサミコと塩で味整えただけ。
IMG_3662.jpg

ヤバい。
旨い。
何がヤバいってサケの食感がヤバい。
火は通ってるのに、生。
生ぽいけど決して生じゃない。
高級料理店のアレ、まさにあれ。
風味もものすごく浸透するみたいで、
食材にしょうがやオリーブオイル、ネギの風味が
浸透しててすごい。

肉、肉も真空パックに入れてた汁(バターとかガーリックとか)に
赤ワインとマスタード、塩を入れて煮立たせただけ。
IMG_3663.jpg

赤いけど生じゃないの!!
生感あるけど火が通ってるの!!
火、通ってるけど生感がすごいの!!
繰り返しで五月蝿いけど、高級料理店のアレ。
まさに高級料理店のアレ。

見て、家でこのクオリティ。
IMG_3664.jpg

6年越しの夢、低温調理法デビュー。
最高の料理法に出会った。
後、一年で最高に幸せな忘年会だった、僕にとっては。

みんながどうかは知らない。

しんごはスマホ見ながら風邪引いてたし、
オザキは柔術しに行ったし、
あっちゃんは来なかったし\(-o-)/

ダイジュJr生誕祭

 山辺、子ども、母、祖母、家族のおかげで、
やっと光が見えてきた。
まさか僕がこんなに慎み深く家庭的になるとは
思わなかった。

IMG_0449.jpg

まあでも、家族には感謝せざるを得ない。
あと、こういうの大嫌いだけど、会社の仲間も家族同様。
そう思ってしまった。

大人と思っていてた人達がよく言う、

「家族が一番」
「会社は家族のように」

とかクソみたいに思ってたし、思っていたいけど、
けども、36歳、僕も気がつけば大人、分かるーぅ。
僕がこんな事を感じるようになったのって、
子どもを抜いては考えられない。
IMG_2723.jpg

新しい家族ができたダイジュもそういう事考えるんだろうか?
ダイジュに赤ちゃんが生まれた。
ごくごく身内でパーティをした。

ダイジュはNY帰り。
三度の飯よりフライドポテトが好きな男。
テーマは『NYスタイル』

大量のポテトフライと、ピザ。
それと、NYスタイルの手作りハンバーガーで
もてなすことにした。

ハンバーガー作りはトミウカと。
ただ出してもつまらないから、

NYスタイル超高級ハンバーガー

クソ安い宮谷家の手抜きハンバーガー

『ダイジュはどっちが超高級ハンバーガーか分かるのか!?』

僕、半分主夫みたいなもんで、子どものおやつや
家族のご飯は日常的に作ってるんです。
そんな日常、ハンバーガー作りは子どもが喜ぶから
よくやってるんです。
ただ、具材は激安。

外国産牛肉はホルモン漬けだから身体に悪い!?
知るか!!
安いんだよ、お前の親だってさんざんそんなの
食って育ってんだよ。
IMG_2756.jpg

肉から合挽き。
臭みがあると言われる豪州産肉と豚。
これに、僕が作るのは家庭のハンバーガー。

市販の炒め玉ねぎ、卵、パン粉(子どもが残した残り)
旨味成分としてコンソメを加える。
こんな感じ
IMG_2765.jpg

色がもう毒。
家のハンバーグ。
一人前100円くらいだろうか?

一方トミウカと用意したのは、
牛100%、それも黒毛和牛。
値段がびっくり仰天
IMG_2767.jpg

つなぎは何と、一玉120円の名古屋コーチン
IMG_2764.jpg

パテの色がもう違うの笑
IMG_2766.jpg

チーズも僕の100円のとろけるチーズなら、
トミウカが用意したのは500円のチェダーチーズ。

僕のハンバーガー、一人前300円もしないと思う。
トミウカハンバーガーは、一人前2000円以上!!!

作るのはトミウカと二人で作って、こんな感じ。
IMG_2768.jpg

食べ比べるダイジュ
IMG_2772.jpg

IMG_2771.jpg


IMG_2770.jpg

「俺はニューヨークで、そんな高いもの食ってないから!」

と言い訳しながらも、きっちり間違えてもらいました。

「美味しいのはこっち、ただ、NYではそんな高いの食べないから」

言い訳しつつも、選んだのは宮谷家の激安ハンバーガー。

化学調味料は毒だ
外国産は毒だ
添加物は毒だ

Facebook見てると、すげー流れてくるの、こういうの。
うるさい。
こういう世界に生きているんだ、ある程度妥協しろ。
死んでないだろ、化学調味料と添加物で、親。
あと、お前だって知らないうちに沢山食ってんだよ。

化学調味料とか添加物とか、前までけっこう敏感に
なってたんだけど、ある程度の懐の深さは必要だと思う。
こうやって美味さにつながるし。
安いって事、やっぱり大事よ。
僕、身体弱いけど、ラーメンばっかり食ってるけど
元気だし。

まあ、こんな事言いながら、子どもの食べ物と
毎日の家族のご飯は手作り、出来合いのものは
食卓に出さないようにしてるんだけど・・・

声高にSNS上とかで発進する人が嫌いなだけ。

化学調味料は悪だとか、
農薬は悪だとか、
牛乳は悪だとか、
モンサントは悪の企業だとか、

気持ちは分かるの。
でも一人で勝手にやっててほしい。
僕がお前に化学調味料食わせる訳じゃないんだから。
一人で黙ってやってればいいと思うんだよなぁ。

ラーメンといえば、今日も
ラーメン ヤスオが止まらない。
IMG_2803.jpg

完全に週二
IMG_2793.jpg

ダイジュに新たなファミリー。
おめでとう。


iphone6 plusで撮るかっこいいすき焼き

 YouTubeに注力しています。
芸人さんと色々な企画をYouTube上でやろうとしています。
仕込んでいます。

例えば、ねづっちさんの謎かけ
https://www.youtube.com/watch?v=uOzs51d_Kj4

で、iphone6だと思うんですよ。
芸人さん自ら、動画を撮影してもらって、うちの会社に
送ってもらって、うちで編集して配信。
この流れをスムーズかつキレイな映像でやるために、
iPhone6だと思うんですよ。

検証兼ねて、自分の仕事用のiPhone5を機種変して6plusにしてきました。

すごいダサいのiPhon6 plus。
ダサいけど、画像きれい。


マルエツで40%オフだったからすき焼きした。
40%オフってすごくない!?
ほぼ半額だよ!?
2000円の肉も1200円。
1000円の肉なら600円だよ。
これはもうテンション上がりまくりで、
安いって言っても、元はそこそこした肉ですき焼き。
安くてもうまい、
安くても贅沢、
これぞかっこいいすき焼き。

おじさんだから、霜降りより赤身がいいんです。

真面目な話、YouTubeでお客さん集めるために
Facebookとかtwitterの活用が大事なんですよ。
Facebook、twitter経由で僕らの活動を知ってもらって、
興味持ってもらってYouTubeで動画を見てもらう。

少しでも興味を引くために、Facebook、twitterに
画像投稿する時はなるべくキレイな画像・動画の方が
いいじゃないっすか。
今までは出先とかで

「デジカメで撮影→PC取り込み→ネットつないでアップ」

けっこうな手間だったんだけど、このくらい画質がいいと

「iPhone6 plusで撮影、そのままアップ」

時と場所を気にせず、簡単にできちゃうの!!

会社でもiPhone6買って、芸人さんに渡して、
色々なYouTube企画やっていくつもりです。

すき焼きがキレイに撮れたから見せたかっただけ!!

スロークッカーがヤバい

煮込むの好きだ。
煮込むのが好きで好きでたまらない。
あらゆる具材(主に肉)を煮込みたい。
8時間、12時間、24時間、、、丸一日でも煮込んでいたい。

料理法、幅広いジャンルや趣向がある中でも、
かなりの信者数を誇る料理法『煮込み』

どれだけ肉を軟らかくするか
どれだけ旨味を出すか

煮込む事によってこの二つを極限まで追い求める、
まさに味の求道者的立ち位置なのが煮込み。
結果、煮込みに魅入られた人達が行き着く結論は

『どれだけ長時間煮込むか』

自然、これに収斂される。

長時間煮込めば煮込むほど、柔らかくなる。
長時間煮込めば煮込むほど、旨味が出る。

単純な話。
いかに長時間煮込むか。
単純だけど以外にハードルが高い。

仮に8時間煮込もうすると、これだけの壁が立ちふさがる。、

・外出れない、火事とか恐いし
・時々中を混ぜないと、どうしても底が焦げる
・ガス代心配。

火事が恐いから外出れないし、一度でも焦がしてしまうと、
焦げの苦みが全体に行き渡ってしまって全て台無し。
それにガス代だって・・・

これら煮込みの壁を全てぶち破る夢の調理器具が
ジャパネットにあった!!
見つけた!!

スロークッカー

これがヤバい。

煮込み欲求を全て、完璧な形で応えてくれる。

・電気だから火事の心配がない
・電気で弱い熱だから底が焦げつかない
・電気だから一時間わずか4円くらい

最強。。。
8時間煮込んでる間に外出できちゃう、仕事いけちゃう。
火事の心配ないんだからヽ(´∇`)ノ

もうこれにぞっこん。
毎日煮込みの日々。

今も、もう明け方なのにビーフカレーを煮込んでる。。。


「ダイちゃん、起きた時が起きたい時、仕事したくなった時が仕事する時」

睡眠のリズムがめちゃくちゃなせいで仕事の時間もめちゃくちゃな事に
悩んでたときに、仕事というか、こんな生き方の師である、
橘川幸夫さんが僕に喝破してくれた言葉。

仕事してないけど、こういう時にやってるんです。
まあ、カレー煮込んだりしてますけど。
仕事しながら煮込むくらいスロークッカーにここんとこぞっこんで、

煮込まれすぎて原型の無くなったチキンカレー


ビーフストロガノフ
DSC04299.jpg

ブロッコリーの茎のポタージュ


こんなのは序の口。

火が通り過ぎると台無し、デリケートな
チキンとマッシュルームの生クリーム煮だって
DSC04197.jpg

和食のブリ大根だって
DSC04243.jpg

台湾風角煮だって
DSC04208.jpg


サムゲタンだって
DSC04284.jpg

サムゲタンだって作れちゃう!!
DSC04285.jpg

どれもレシピの倍とか煮込むからもう肉はホロホロで
味も染み渡ってて最強!!

あと何がすごいって煮崩れしないの。
弱ーい熱で温めるから沸騰して泡がほとんど出ない。
だから泡でデリケートな具材が崩されないの。
これはもう革命ですよ。

ダイジュと嫁さんのれいちゃんと、ここんところたまに
お互いの家でご飯食べてて、れいちゃんにスロークッカーの
素晴らしさを力説したんだけど、この料理の写真見てもらえたら
れいちゃんにも伝わるはず。

スロークッカーやばい!!

衝撃の竹岡ラーメン

 ラーメンが大好きだ。
ローカーボ(低糖質)生活などとのたまってても、
やっぱりラーメンが大好きだ。
一日一回は食べないと気がすまない。

ローカーボ(低糖質)生活終了!!!!

そもそも、もっともっと筋肉つけたいから
太らないといけないんだし、ダイエットの必要なし!!!

ええ、逃げですよ、逃げ。
だって糖質って美味しいんだもん。
美味しいは正義。
美味しいの為には何も我慢したくない!

痩せたいんだか太りたいんだか、何になりたいか
自分でも分からない僕。
漫画家で親友と勝手に思っている
"マキヒロチ"曰く

「だいちゃんはカオナシ、カオナシだよ」

カオナシ、千と千尋の。
自分が無くて、ただひたすら人に環境に合わせるだけって意味ね。
カオナシですよ。

ラーメンが毎日食えるなら正直、カオナシでも全然いい!!
だって糖質は美味しい!!
ラーメンは楽しい!!
無条件に!!

千葉で衝撃の竹岡ラーメンを大好きな人達と食べて確信した。
このラーメン、超、超がつくほどまずいの!!!!
でも、ラーメン愛の原点をくすぐられる不思議なラーメン。

大好きな人達と千葉で遊んで帰りに話題の竹岡ラーメン。
ものすごく過疎ってる千葉の海岸線沿いに
いきなりの行列。
DSC02204.jpg

期待大。
DSC02205.jpg

並んでたらおばちゃんが張り紙
DSC02206.jpg

16:00だと言うのに品切れ。
これは期待できる!!!
店内も超満員!!!
DSC02207.jpg

もう雰囲気が最高なの。
昭和のラーメン屋、中華料理屋というか、全てがアナクロ。
一つも現代・現在がない、昭和な空間。
電話だって黒いあのジリリリリリン♪電話だし。

期待に胸を膨らまして、ラーメンとトッピングタマネギ
DSC02209.jpg

すごい色が黒い。
この麺↑見て、何かペヤングとかサッポロ一番みたいな
インスタントみたいにちぢれてない?
そう!!!
麺が市販のインスタント麺なの!!!
DSC02211.jpg

本当にインスタントの乾麺だった!!!
650円とか700円出して、出てきたラーメンが
インスタント麺!!!!

なんだこれは!?
なんだこれは!?
なんだこれは!!

もう爆発ですよ、正直。
だって、200円300円じゃないんですよ?650円。
トッピングのタマネギ合わせると700円する
行列ラーメンの麺がインスタント麺。

これはもうラーメンの常識が一気に崩れる。

しかも

スープは一切ダシを取ってない。

豚骨スープとか
鶏ガラスープとか
白湯スープとか
煮干し系とか
魚介豚骨とか

ちがう!!!

ここはただのお湯!!!!

一切何もしないただの熱いお湯!!!

それにチャーシュー煮た醤油で味を付けただけ!!!

汁飲んで、舌噛んで死んでやろかと思た。

醤油と乾麺の油の味しかしないの。
しかも麺はインスタント麺だし。


でもね
でもね
でもね


食べてたら分かるんだけど、これがウマいの。
いや、美味くはない。
美味くはないんだけどウマいの。

乾麺て油で揚げてあるから、麺から油の味がする。
スープはチャーシュー煮た醤油+お湯だけだから
スッキリとした味わい。
タマネギはシャキシャキ。

麺の油感とスープの「ここまでか!!!」ってくらいの
味気なさがスッキリ感を出してて、ハマる。

決して美味いとは言えないけどハマる。

この感じ、二郎や天下一品のよう。

二郎も天下一品も、三回食べるまで、クソ不味で
何が美味しいのか分からなかった。
でも、四回目から、中毒になった。

あの圧倒的な油感、しょっぱさ、コテコテ感、油感、化学調味料感

人は、油としょっぱさ、化学調味料に抗えない。
油・化学調味料・油・塩分は脳にダイレクトに快感を与える。

二郎も天下一品も、そしてこの竹岡ラーメンもそうだ。

一度油で揚げられた乾麺のくどい油感、醤油のしょっぱさ

これが人を中毒にさせる。

正直美味しいとは思わなかったけど、
正直、また食べたい・・・

あまりにも衝撃的、竹岡ラーメン。

家で作ってみる事にした。

33歳の夏休み、衝撃のラーメンに出会った。