食生活

 ここ三年間、価値観がガラッと変わるほど大変で、
でも、正直、強がりだけど

「この三年間がなかった方がよかったか」

と言われると、今はこの三年間があって良かったと思う。
まだ、現在進行形だから、総括する時じゃないので
内容は書かないけど。

今はそう思う。

アイスタイルから増資が決まった。
僕が主体的に動いての初めての増資。

この三年間のおかげで、やりたい事、
創りたい世界が明確になった今、種火をもらった。

吉松さんと飯を食べた事はほとんどないのに、
13年前に会社にしたきっかけも吉松さん。
12年前に会社が潰れそうな時に貸し付けてくれたのも
吉松さん。

そして今回増資してくれたのも吉松さんと
ミラクル菅原さん。

なんて縁なんだろう。

縁と言えばトミウカ。
中学からの同窓。
釣りの師匠にして柔術の仲間。
最近毎週二回くらい飲んでる。

日曜、実家で家族過ごしていたのに、気がつけば
トミウカに呼ばれて総合の試合観戦・・・
IMG_2826.jpg

同じジムのプロ格闘家にして、トミウカの会社で働く
風間さんが勝った!!!
ついでにトミウカから今朝まで生きていた真鯛を三匹もらった。
三匹いるから一匹目は贅沢にアクアパッツァ!!
IMG_2831.jpg

トミウカの奥さんの実家がタイの養殖。
そのタイ。
やばい、旨味が違う。
この時期の天然物より断然うまい。

「養殖ガ〜」

とか言ってるヤツはバカ。
豚も牛も鳥も、肉は今やほとんどが養殖だろ。
天然信仰の気持ちは分かるけど、あまり狂信的になりたくない。

こんな美味いタイ、一片たりともムダにしたくないから、
残りのソースでパスタ
IMG_2832.jpg

翌日は刺し身
IMG_2845.jpg

とにかく旨味がすごい。
養殖ならでは、トミウカの奥さんの実家のこだわりの
味なんだと思う。

骨は炊いて出汁スープにして、味噌汁。
IMG_2846.jpg

頭は兜煮に。
IMG_2848.jpg

翌日の子どもと奥さんのパスタも、この出汁スープと
アクアパッツァの残りの具でパスタ。
IMG_2857.jpg

美味いにもほどがあるよ。

まだ一匹余ってるから炊き込みご飯にする予定。

美味いと言えば五月蝿いくらいにラーメンヤスオ。

つけ麺て嫌いなのだけど、ラーメンヤスオは
美味いにもほどがあるからつけ麺に挑戦。
IMG_2850.jpg

ラーメン違って喉越しがツルッとして旨い。
旨いけど、やっぱりラーメンが好き。
IMG_2858.jpg

つけ麺食べたお陰でもう迷わないですむ。
僕はラーメンヤスオはラーメン一択。
美味さがヤバイ。
最近週二は絶対食べてる。

何でこんなに虜になってるのか分からない。

薄情なもので、大変な時はこんなくだらない事書かないのに、
別に状況が本質的に変わってる訳でもないのに、
ちょっと余裕ができるとこういう事書ける。
呑気にも程がある。
意外と図太いのかもしれない。

とりあえず、ダイジュに怒られそうだから、
ブログアップデートして上塗りして、ダイジュの回を
目立たないようにしといた。

今月末は奥さんが台湾に海外出張。
子ども小さいから僕は子守で同行する。
もちろん全額マイル、お金は払わない。
一人や、友達と台湾は楽しんだから、
今回は

「子どもと楽しめる台湾」

をテーマにしようと思う。

肉骨茶、知ってますか?

 昨年末にマレーシアに、人に会いに行ったんす。


で、色々書きたかったんだけど、

肉骨茶

肉骨茶

肉骨粉みたいでしょ!!

肉骨茶のあまりの美味さの衝撃!!

これをブログで伝えたいと思ってたんだけど、
あまりにも、あまりにも旨すぎて、僕の文章力では
伝えられない!!
でも伝えたい!!!!

で、こんなに間が空いてしまいました・・・

後、仕事大変すぎ!!

生きるの舐めてた!!

僕の人生を司る何か、ごめんなさい、舐めてた!!

仕事の事はどうでもよくて、
とにかく『肉骨茶の魅力を伝える』という壁を
越えないと次に続かないので、サラッと諦めて
次に進む事にする。

肉骨茶
DSC05270.jpg

端的に言うとスープ版二郎。

薬膳スープの中にスペアリブが入ってる、後はレタスとかきのことか。
このスープと具だけ食べてるとスッキリあっさりの薬膳スープなんだけど、
このつけダレに漬けてスペアリブを食べると、
更に言うと、この漬けダレに漬けたスペアリブをご飯に乗っけて
食べるとヤバイ。


このつけダレ。ヤバイ。
甘めの醤油に唐辛子とニンニクたっぷり。
二郎ならお馴染みの化学調味料も入ってるのかもしれない。

このつけダレに漬けると食事の景色が一変する。
DSC05326.jpg

あまりのニンニク感と旨味、そして辛味、これがスペアリブに

ドン!!!

と重なってくる。
もう、ご飯と一緒に食べた日には、二郎。

二郎のような中毒性。

あまりの美味さに、連れてってくれたササキさんが
店員さんに話して、僕を厨房に連れてってくれた。

無我夢中で撮る。
こんな旨いものの秘密を知れるなんて!!
二郎の厨房にいるようなモノ!!
すごい!!

スペアリブ
DSC05277.jpg


スープ
DSC05275.jpg

ね、二郎ぽくない?
なんか。

圧力鍋も使う
DSC05276.jpg

もう、美味しすぎて、美味しすぎて、次の日もササキさんに
肉骨茶の店に連れてってもらった。
DSC05269.jpg

あまりの美味さに家でも作った。
50%くらいの完成度にはなった。

もうさ、
この美味しさを伝える為なら、だれでもいい。
赤の他人でも喜んで招待させてください。
僕の作った肉骨茶、食べてみてください。

日本だとシンガポール風とかしかないっぽいんです。

だから僕、作りますんで。

あまりの肉骨茶の美味さで、半年近くブログ書けず。

そのくらい美味しい。
絶対に日本でも流行ると思う。

で、今更だけど、年末、マレーシアに行ってきました。

そばアレルギーに朗報、山本屋本店と山本屋総本家

 ちょっと前だけど名古屋に行って来ました。
名古屋が好きです。
手羽先が好きです。
味噌煮込みうどんはもーっと好きです。

「落ちぶれてすまん」

が決めゼリフのびんぼっちゃんの如く、
おじいちゃんが生きていたプチブルジョアだった幼少の頃、
出張帰りによくおじいちゃんが新幹線の名古屋駅の
売店に寄って味噌煮込みうどんを買ってきてくれた。

お土産でしか食べれない味。
普段の食事、関東では食べられないあの八丁味噌の味。
幼心に「味噌煮込み=特別」てインプットされてしまっていて、
名古屋に行ったらもう、味噌煮込みを食べなきゃ死んでも死にきれない!!
て訳で、この前うちの会社のフカタニDと名古屋行ったついでに、
近くの山本屋に。
あ、山本屋てのは名古屋を代表する味噌煮込みうどん屋の事。
謂わば山本屋は味噌煮込みうどんの代名詞。
行ってみてびっくり。

『打ち粉に蕎麦粉使ってますがアレルギー大丈夫ですか?』

店員に聞かれるの!!

いいわけないじゃん!!
絶賛そばアレルギーだもん!!!

死んでもいいから食べたすぎて、
山本屋総本家で、かゆさに泣きながら食べた
山菜味噌煮込みうどん
DSC04122.jpg

味は濃厚だし、
出汁が効いているし、
芯が残るくらいのコシのある麺だし、
もう最高なんだけど、、、、
こちとらそばアレルギー・・・orz

やっぱり顔とかいろいろかゆい。

「死を賭してでも、これだけうまいんだもん、がまんするしかないのかなぁ」

と諦めてたんです、すっかり。
あれから一ヶ月、別件でまた名古屋。
死んでもいいから味噌煮込みうどん食べたくて
山本屋本店へ。

同じ山本屋でも今回は山本屋本店。
前回のそば粉の打ち粉を使ってるのは山本屋総本家。
紛らわしいけど、違う店。

仕事の打ち合わせがすごく良くて昼から一杯
DSC04200.jpg

ネット系、名古屋ヤバい、アツい、間違いない。
最近の名古屋は勢いある、肌で感じる。

山本屋本店はサイドメニューも豊富で焼き物で待つ。
DSC04202.jpg

いよいよ味噌煮込み登場!!
DSC04205.jpg

来た!!
牡蠣の味噌煮込みうどん!!

DSC04206.jpg

牡蠣うまい!!
うどんに合うー!!

恐る恐る店員さんに
「打ち粉にそば粉使ってるんですか?」

店員さん
「うちはそば粉は一切使ってないですよ」


全国1000万そばアレルギーのみなさーん!!!
山本屋本店の味噌煮込みは安心して食べられますよー!!!!

もう声を大にして言いたい!!!

そばアレルギーは山本屋本店ーーーーーーー!!!!!!

味は総本店と比べると気持ちあっさりめ。
あっさりめと言えど、そこは味噌煮込み。
しっかり濃いし、麺も芯が残るくらいコシがある。
出汁も効いてて旨味もすごい。
遜色ないどころか、これはもう完全に好みの世界。
山本屋総本家も山本屋本店もどちらも"ザ・味噌煮込み"
まさに味噌煮込みうどんの代名詞的両雄。

でも、山本屋総本家はそばアレルギーには地雷。
死ぬ人は死ねる。
だから山本屋総本家では必ず注文時に

「打ち粉にそば粉使ってます、大丈夫ですか?」

て聞いてくれる。
だから間違って死ぬ事はない。
だけど、うどん食いに来てるんだから、そばアレルギー理由に
諦めたくないじゃないですか・・・
うどん食いに来てるんだし・・・

その点、山本屋本店なら安心。
だってそば粉使ってないんだもん。

ステマのごとく山本屋本店を押すけど、
アレルギーがある人にとっては死活問題なんですよ。
別にそばアレルギーが「そば食おう」って話じゃないんです。
そばアレルギーは「そば」はハナから諦めてるんです。
かゆくなったり、苦しくなったり、喘息出たり、下手すりゃ死ぬから。

うどんくらい気にせず食べたいじゃないですか。
だって食べようとしてるの、うどんなんですよ。
名物の味噌煮込みうどんくらい。。。
味噌煮込みそばってんなら、ハナから諦めますよ。
でも、うどんなんだから・・・
何にも心配しないで食べたいじゃないですか・・・

僕はそば食ってもかゆくなるくらいだけど、
アレルギーが強い人は

"味噌煮込みうどんなのに諦めざるを得ない"

こんなに悲しい事ってないんす。

だからこそ、安心して食べられる山本屋本店は僥倖。
山本屋本店はそばアレルギーに優しい!!!
これだけで値千金!!!

まあ、こんだけ熱量入れて書いてなんだけど、
どうこうしてほしいとかではなくて、
たぶん山本屋総本家が打ち粉にそば粉を使うのには理由があって、
そば粉を使うからこそ出る味があるんであって、
だからこその山本屋総本家、実際、最高にうまいし。
要は

そばアレルギーは山本屋総本家は諦めろ、
山本屋本店を安心して食らい尽くせ

て話。


親友が店出した

 小学校から高校まで一緒で、高校三年間はクラスも部活も一緒だった
サトルがお店を出した。



高校卒業後、すぐに調理師学校&レストランでバイトをしていたサトルは、
僕が大学生活でだらだらしている中、すぐにイタリア料理店に
就職して、料理人の道を歩んでいた。
DSC04033.jpg

調理師学校時代から入れたら、16年の料理人キャリア。

一つの事に一日の大半を捧げ続けての16年て、
これはもう本当にすごい。

僕はとにかく大げさな人だとみんなに言われるし、
思われてるけど、部活で寝食を共にした仲、
これは親友と言っても大げさでないと思う。

親友が店、僕ができる事と言ったら、
お店に行ってあげる事くらい。
友達を連れて。

年末年始で四回、サトルの店に行った。

連れてった友達が、サトルの店に行くようになってくれるかは、
後はもうサトルの腕しだい。
僕ができるのは連れて行くトコまで。


味は本当に美味しい。
まあ、美味しいか不味いかって、味の好みは千差万別だし、
店の雰囲気や値段も影響してくるから、僕が言ったところでって話だけど、
少なくともイタリアンを毎日毎日16年間、作り続けてきた人が
作ってる料理っていうのは事実。
16年間をイタリアンに捧げてきた人の料理が食べられる。

名物のタラモとジャガイモのデイップ
DSC04138.jpg

自家製のパテとピクルス
DSC04139.jpg

アサリのガーリックオイル焼き
DSC04140.jpg


馬刺しのカルパッチョ
DSC04141.jpg

焼き野菜のロメスコ・クルミソース
DSC04142.jpg

牛ホホ肉の赤ワイン煮込み
DSC04143.jpg


フレッシュトマトとアンチョビのパスタ
DSC04144.jpg

個人的にこのアンチョビとトマトのパスタが一番美味しくて、
作り方聞いたら簡単だったから、年末年始五回くらい作ったんだけど、
ここまで美味しくならない。
美味しく出来ても、サトルのとは違う味。
この前も作り方聞き直したんだけど、そのとおりやってるのに・・・
さすがプロって事なのかなあ。

16年て、すごいよね。
立派なイタリアンの黒帯。

宣伝だけど、シャクだから詳しくは書きません。
八丁堀駅近くのドッポドマーニ。

すごいなぁサトルは。
誇らしい。

無職のイタリア料理人VSイタリア人の本場のイタリアン

みんなが僕らを祝ってくれた。
いつも主催する側が多いから、かなり嬉しかった。

まるでテラスハウスのような施設だけど
DSC04031.jpg

登場するのはみんな33〜34才・・・
DSC04033.jpg

本場のイタリア人のイタリアンと、
小学校から一緒で、今年の六月から無職の
金持ちニート料理人サトルのイタリアン対決の様相。

僕らにみんなが料理を振る舞ってくれる。

ゆういちはバカだからカルパッチョを二品連続。
DSC04032.jpg

DSC04037.jpg

有名イタリア料理店を突然六月に辞めた、
子持ちのサトルの作ったスープ
DSC04038.jpg

六月から無職のくせに馬事公苑の高級マンションに住んでる。。。
世の中って不公平だ。
無職のサトルが作ってくれたアクアパッツァ
DSC04041.jpg

80年代後半、バブルの頃の「イタメシ!!」て感じの盛りつけと味。
美味しかったよ。

あと、パン粉がサクサクしてる何か
DSC04042.jpg

無職にしてはすごいと思う。
美味しかったよ。

対する、みなみが連れてきたイタリア人、ジジ。
本物のイタリア人が作る本物のカルボナーラ
DSC04040.jpg

生クリームなんか入れない。
しっかり火の通ったベーコンのカリカリ感と塩気が、
ふんわり卵のカルボナーラに合って絶品。
あと、撮り忘れちゃったけど、スペアリブのトマト煮込みも
作ってくれて、絶品。

みんなが僕らのためだけに食事を作ってくれた。

こんなのは生まれてはじめてだ。
子供も生まれてみるもんだとしみじみ思った。

「あーダイもけっきょくあっち側に行っちゃったんだねー」

て主にあっちゃんに言われそうで、
自分自身も極力ブログやFBに子供の写真あげたくないんだけど、
これは、みんなが生まれてきた子のために開いてくれた会だから、
説明しないと、なんのためのお祝いか分からないから
DSC04039.jpg

子て、もちろんカワイイし、すごくカワイイし、正直、
人に見てもらいたいくらいカワイイけど、
これって、自分の子に限らず、人の子だって、
その親から見たらカワイイ訳で、
しかも子がいるって世の中的に決して
特別な事ではなく一般的な事だし、
また、子がいないって事も世の中的に決して特別な事でもなく、
一般的な事だし。

要は、自分の子を

僕は年賀状やFBやブログで子の写真を載せまくるのってなんかキライ。

おまえら親はカワイイかもしれないけど、
特別な事じゃないんだ、偉いわけでもないんだ、
見せられる側には特別な事じゃ無いんだ、客観視しろ。

て思っちゃう。
子が生まれて、したい気持ちはすごく分かるようになったけど、
子がいなかった時の気持ちも大事にしたい。
だから、あまり書かないし、載せないけど、
今日はこの子のためのお祝いだったし、
それに、やっぱりカワイイし、

見せたいから!!

なんか、みんな本当にありがとうm(_ _)m

激辛グルメ祭り あっちゃんの辛い道(カライドウ)

 辛い道、辛い道と書いてカライドウ。
2005年、幼なじみにして仕事仲間のあっちゃんに
よって生み出された新しい道、生き方。
読んで字の如く、辛いモノを追い求め、極めつくさんと
しながら生きる道。

あっちゃん、その男、創始者にして現役の辛い家。
都内の有名な辛い店は既に制覇済み。
辛さ10倍までしかない店でも

「20倍ください、僕ですか?大丈夫です。持って来てください20倍」

店の限界を超え、辛いと戦い、勝つ男。
ありえない脂汗を流しつつ、しゃっくりのような謎の異音を
首筋から発しつつも食べ続けるその姿はまさに探求者。
辛さのせいで腸をやられ、帰り道、便意で座り込んでしまう
姿はまさに殉教者。

自らが名付けた辛い道。

試さない訳にはいかない。

辛いモノ祭りにあっちゃんと行ってきた。

まずはあっちゃんなしでロケハン(下見)
連れてくあいては、辛い道の創始者にして第一人者。
それはまさに権威、大家。
生半可な辛さでは大家に申し訳がない。
あっちゃんを連れてく価値があるのかどうか、
まずは僕らの口で見極める。

すごい人。
DSC03931.jpg

同級生と僕らの先輩のユキオ君で辛いモノ祭り。
激辛のカレー
DSC03933.jpg
そんなに辛くないし、トマトが効いててうまい

辛さの本場、メキシコのチレ煮込みの激辛
DSC03934.jpg
辛いけど全然平気・・・

エチオピアカレー70倍
DSC03936.jpg

70倍ってすごそうじゃん。
でも、確かに辛いけど、普通に食えるし、、、

こんな程度じゃ、あっちゃんに

「しょせんパンピーのイベントっしょ」

て言われる。
実際、LINEで

『辛いモノ祭り?あんなの素人のイベントっしょ」

て言われたし。

そこまで辛くなくて、、、
ハイボールだけが進む・・・


たいした事ないなぁ・・・
て思ってたんだけど、まったく気にもしてなかった、
箸休め程度で買った空心菜の大辛がヤバい!!


赤いのは唐辛子。
唐辛子の種まで入ってて、
口の中が激痛。
激痛だから氷舐めると、痛みが治まるのは一瞬。
10秒後により激痛が口中を襲う。

正直、辛さ以外のなんでもないの。
汁はうまかったけど、
もう辛いというより痛い。
口の中にバクチク放り込んだみたいな感じ。
しかも鳴り止まずにずっと口の中で爆発してる感じ・・・
痛みもひかないし。

はっきりいって最悪の辛さ。
小さいサイズも四人がかりでも食い切れず。
あんな辛いのはダメだよ。
小さい子とか死ぬよきっと。

一番辛いのが思わぬ伏兵、空心菜炒め。


これにはみんな舌を巻いて

「これ、あっちゃん食えたらすごいね」

てな事になって
ヒマなもんで、翌日、マスダ(同級生)とあっちゃんで
また辛いモノ祭りへ。

メインはもちろん、地獄の空心菜
DSC03940.jpg

と、同じ店の大辛ガパオ
DSC03941.jpg


DSC03938.jpg

食べるあっちゃん
DSC03943.jpg

眉間にしわが寄る
DSC03944.jpg

眉毛つながりすぎ。
お給料も全部ゲームに費やすし、
お金がなさすぎて、野草を食べようとしたり、
紅茶の葉っぱでタバコを作って吸ったり、
眉毛もつながってるし、もうまるでリアル両津勘吉。

一、二回へんなしゃっくりするも、
食べきった。
DSC03946.jpg

辛い道を究めんとする者にとっては、こんな辛さ涼しい顔。
ちょっと本気で尊敬した。
人間の食べる辛さじゃなかったもん。

で、帰りはラーメン


あっちゃん、ラーメン屋までは着いてきてくれたけど、
ラーメンを買うお金がないから、一人帰る。
給料日は25日、まだ20日以上ある。
のに、
ラーメンを買う金すらない34才。
この日のあっちゃんはちょっとカッコよかった。

ていうか、あっちゃんの眉毛を紹介したかっただけ!!!



九秀 大好きな心の一杯、閉店。

 煽り癖あるんで、
恨みを買う覚えはあるんですよ。

Facebook上で大ケンカしてみたり、
セレブぶって洒落臭い同級生を煽ってみたり
あっちゃんの酷い日常を晒してみたり

酔って怒って脱いだり
殴られたりする事も一度じゃないし・・・

ただ、煽るにしても、ものすごく丁寧に、静かに、
非礼にならないようにルールは守ってた
つもりなんですよ。

でもね、
ものすごく落ち込んだんです。

朝練に行くからtwitterで

「朝、起きたから朝練」


クソの足しにもならないような事をつぶやいたんですよ。
わかってますよ、だれもそんな僕の個人的な事聞きたくない。
でもそれがtwitterでしょうが。
嫌ならフォローしなければいいでしょうが。
つぶやいた途端、知らない人からリツーイトが

「宮谷アホかアホバカバカバカバカ死ね」

てリツイートが・・・
捨アカから突然。

もうテンションだだ下がりですよ。
朝練どころじゃないですよ。
ガラスの心臓ですよ。
もうガクガクブルブルですよ。

どういう神経、精神状態ならこんな事を他人に
対して言えるのか、正直理解が出来ずに意気消沈。

だって恐いもん・・・

頭おかしいとしか思えない、恐すぎる。
そんな事が先週あって、せっかくこの一週間、
大好きなラーメン屋が潰れたり、人生初の
柔術試合があったり、その準備をしたりと、
色々と個人的に書いて行きたい事があったのに、
恐くて書けない!!!

もう、寒さに震える子猫の心境ですよ。

まあ、すごく嫌な思いをしたのは本当なんだけど、

他人の悪意に自分の行動が影響される事ほど
もったいなくて、無駄で、馬鹿げたことはないなあと思い、復活。

僕、復活したし、九秀にも復活してほしい。
DSC00333.jpg

『心から、僕の人生で一番美味しい』

と今でも思えるラーメン屋さん。
煽られてビクビクしてる間に潰れちゃったヽ(´∇`)ノ

三年前にあまりの美味さに衝撃を受けて
DSC00433.jpg

通い詰めたあげくにtwitterで

「心の一杯が見つかった、もう豚骨は九秀しかない」

って呟いたら、その途端に泰蔵さんが、

『ほう、宮谷クンの心の一杯とやら魅せてもらおうじゃないか』

ものすごい影響力のある人なのにtwitterで公開の場で
僕のラーメン力を確かめに来た!!!!
泰蔵さんは九州出身、当然、豚骨にはうるさい。
何よりも、いつも僕に真摯に向き合ってくれる、
僕にとっては恩師みたいな人だから、裏切りたくない。
勝手にもものすごくびびってしまって、
泰蔵さんのあのつぶやき以来、

『本当に九秀が心の一杯かどうかを確かめる旅』

が始まった。

・気になる店
・名店と言われる店
・昔食べて美味しかった店

「とにかくこの三つをしらみつぶしに確認していって、
その上で、九秀が一番なら泰蔵さんを連れて行こう」

そう思ってから、はや三年間。
ラーメンを食い続けてきた。
あまり大げさではなく、ほぼ毎日。
お昼に二杯も当たり前。

でも、やっぱり、心の一番は九秀だった。

心の一番か確かめるために、学生時代に毎夜、
ラーメンを食べ歩いてた、ダーマスやあっちゃんを
連れてったりもした。
DSC02359.jpg

友達も沢山連れてって確かめた。
DSC02371 (1).jpg

ダイジュもさんちゃんもヤマモリも、それから通ってくれた。

あまりにも九秀が好きすぎて、僕たちのテレビ番組の
ロケでも使った。

ギースのオゼキさんが突撃
DSC00340.jpg

その時に、美味さの秘密を教えてもらった。

羽釜で炊く豚骨、地獄の釜のようにグツグツ
DSC00348.jpg

呼び戻しと言って、継ぎ足し継ぎ足しつづけるスープ
DSC00345.jpg

間違いなく心の一杯。
DSC00336.jpg

あんなに透明感があって濃厚でバランスのいい
ラーメンを出せるのは九秀しかない。

九秀の店主も、いつかどこかで復活してほしい。

ありがたい焼肉屋

お笑ライターのラリーさんが作っている
コメ旬がコラム書かせてくれた。
ありがたい、僕みたいなもんに貴重な
誌面を割いてくれた。
DSC02437.jpg

お笑い芸人さんにとってのyoutubeの
魅力をMEGWINさんという芸人を通して
伝えてみたかった。

youtube、ちゃんと向き合うと儲かるんですよ。

テレビに出て無くてもMEGWINさんは
youtubeからの広告収入で生活してて、
会社まで立ち上げてる。
年間5〜800万円をyoutubeで稼ぐ
コトだって夢じゃない。
だって現にMEGWINさん始め、youtubeで
その位稼ぐ人達出てきてるから。
お笑い芸人さん達にyoutubeの魅力に
気づいてもらい、youtubeで食えるように
なってほしい。
そんな事書きました。

だってもったいないんだもん。

せっかく才能あるのにテレビに出れないだけで
食えなくなって辞めてくの。
テレビに出れなくてもお笑いで
生きていける道が出来たんだから、youtubeって言う。
youtubeにも目を移さなきゃもったいないじゃん。

そんな生意気な事を書かせてもらった。
商業誌に書くなんて貴重な経験。
まぁこんな文章なんで、たくさんラリーさんに
直されたけど、ありがたい。

ありがたい

最近ありがたいと言えば間違いなく梁山苑。
部活の先輩感覚の柔術のセンセイが、

「ミヤタニさんここヤバいっすよ」

ってセンセイの手にくっついている
スマホで記事見せてくれた焼肉屋さん。

【良い店すぎて教えたくないからヒントしか教えないレストラン】
渋谷区の激安・激ウマ焼肉店『R』
http://rocketnews24.com/2012/05/12/211208/




詳しくは記事の通りだけど、
住宅街の奥にあるらしい
食べログには3件位しか口コミないらしい
テレビ局のプロデューサーとか舌の肥えた
人達が足繁く通うらしい。
営業時間は18:00〜21:00の三時間しかないらしい
週5日しか営業してないらしい
全部和牛でホルモンまで和牛らしい
しかも安くて多いらしい


気になるったらない!!


「自分焼肉の事しか考えられないッス」

て事で、夜、センセイ達と梁山苑へ行った!!


初台の奥、住宅街を歩く
DSC01607.jpg

初台近辺に7年位いるけど、こんなトコに
店があるとはとても思えない。
初めての通りを歩いてくと、
あった!!
DSC01608.jpg

マンションていうか住宅の一階にぽつり。
周りにお店はない、住宅街。
入り口、なんか喫茶店みたいだし・・・
これは見逃す、これは見過ごす、間違っても
前情報なしに行こうと思わない外観と立地。

味と値段なんだけど、

ウマイの!!
安いの!!

衝撃の美味さと安さ。

上カルビ1400円
DSC01609.jpg

1400円て言うけど、けっこうな大きさよ。
けっこうな分厚さよ、けっこうな霜降りだよ。
霜降り・・・
最近おっさん化が激しく進行してるせいか、
カルビ、上等なモノほど脂が重くて食べられなかった
んだけど、このカルビの脂はヤバい。
ぜっんぜん脂っこくないし胃もたれしないの!!

しかも明日がお店休みって事でおばちゃん、

「明日休みだから一人前おまけ」

上カルビが倍になった!!
こんな事ってある!?
ご馳走の代名詞、焼肉がサービスで倍だよ!!
キムチやナムルのサービスとは訳が違うよ!!

ホルモン盛り合わせもやばかった。
1000円なのに全部和牛のホルモン。
ホルモンて外国産が多いらしいんだけど、
ここは和牛らしい、詳しくは知らないけど。
とにかくウマいの、そんで量もすごい。
一人だったらホルモン盛り合わせとご飯だけで
お腹いっぱいになる、その位の量。

で、レモンサワー4杯くらい飲んで、
焼肉を他にもハラミやらネギタン塩やら食べて
一人

3000円!!!!

3000円の値段じゃない。
コスパ最強だけど、コスパ考えないでも、
ちょっと信じられないくらい美味しかった。
こんなに美味しい肉が3000円でお腹いっぱい
食べられるなんて、なんてステキなんだろう。

ありがたい。
これはありがたい。

でもカレアから浮気はしない。
鍋は絶対これからもカレア。
DSC02392.jpg

仕事しよう・・・

とんかつの旅、醤油かつ丼

 ダーマスさん(小学校から)と

本当においしいとんかつ

を探す旅を細々ながらしている。

元々美味しい地元のとんかつ屋「武信」の
醤油かつ丼がやたらと美味いらしい!!

そんな話をちらほら聞くんだけど、

カツ丼てさ本来、甘めのタレでしょ?
醤油ってさ、甘くないでしょ?
合わないんじゃないかなー

って思ってずっと無視してた。
無視してたんだけど、フラりと入った本屋で
勝又邦和の本読んだら、武信の醤油カツ丼が出てた。
そうとうにウマイらしい。
行ってみる価値あるかも。

昼にダーマス呼び出して武信。

僕が一方的に呼び出せるのはダーマスか
唯一の後輩ナガオの二人しかいない、人望はまだない。

ダーマスと合流して、注文。
来た!!


うまいの!!
醤油、甘めだった。
甘めの醤油がカツに合う。
オカカと大葉がひいてあって、
甘めの醤油のタレとカツによく合う。
大根下ろしもトンカツの脂をサッパリとさせてくれて最高。

夜は、ロースとかヒレとかカキとか、色々つまみながら
飲みたいじゃん。
だから夜よりも絶対に昼向け。
お昼ご飯に醤油カツ丼は、すごくいい!!

カツ丼そのものすら認めてなかった偏屈屋のダーマスも

「このカツ丼はあり」

初めてカツ丼をとんかつとして認めてた。
年内に埼玉にある最高と噂されるトンカツに行こうと思ってる。
膝悪いけど自転車で。

て、書いてたらあっちゃん(小学校から)がキッチンペーパー
持って風呂から出てきた。

タオルの代わりにキッチンペーパーで身体拭いてる・・・

ダイジュ、初めての二郎系

 社員のあっちゃん(小学校から)があまりにも会社を
汚すから、久しぶりに指摘したら、
逆ギレ&ありえない反論、そして開き直り。
DSC02398.jpg

もうブチ切れそうになったんだけど、ケンカするのが
目的ではないし、ケンカしたくないから
グッと抑えて我慢。
マグマのような怒りをブログを書くことで発散中、発散ちう。

マグマのような怒りを抑えるには好きな事を思い出して
気持ちを和らげるしかない。

ラーメンヽ(´∇`)ノ

この怒りを慰撫するのはラーメンしかない。

小学校からの友達にダイジュってのがいる。
先日みんなで飲んでたら

「僕、二郎ってヤツ食べてみたい、大盛りだっていけちゃう」

ダイジュはあっちゃんのような自堕落とは無縁な人、
デザイナー、土日はフットサル、で体型もスッキリキープ。
シャレオツで二郎ともあっちゃんとも対極のような人。

絶対に無理だと思った。

絶対に無理だと思ったんだ。
でもその時飲んでたし、二郎系が大好きでいつも
僕の頭を切ってくれている暴食の胃下垂美容師イトウ(中学から)
もいたもんだから盛り上がっちゃって


「よし、明日行こう!!」

って事でダイジュ、初めての二郎系。
ダイジュの初めてを僕が奪う。
こんなに素敵な事はない。
ダイジュの二郎系童貞は僕が奪う。
そわそわしながら柔術をそうそうに切り上げて、
渋谷の二郎インスパイア系「凜」へ。

ダイジュにも似合うシャレオツな雰囲気の店。
ダイジュはナイーブなトコロがあるので
いきなり二郎は無理。
このくらいが丁度いい。

僕は唐辛子トッピング
DSC02403.jpg

からい!!
うまい!!
間違いない!!

二郎インスパイア系の中でもかなりのうまさ!!
しかも量はそんなに多くない。
これならダイジュもいけるはず!!

ダイジュ、二郎系とファーストコンタクト。
量の多さに笑顔がちょっと引きつり気味
DSC02405.jpg

恐る恐るスープという名の油をすするダイジュ
DSC02408.jpg

あまりの油量とほじってもほじっても麺、
あまりのボリュームに、途端に笑顔が消える。

DSC02407.jpg

「食べても食べても減らない・・・」
苦痛の表情
DSC02413.jpg

食べ物食べてる人の表情じゃない・・・
DSC02411.jpg

DSC02410.jpg

つい戻しそうになるダイジュ。
そこには笑顔なんてない。
DSC02409.jpg

あとちょっと!!
DSC02412.jpg

量、そんなに多くないし、ちょっと油は多いけど
スープも美味いし、暴食の胃下垂美容師イトウなら
大盛りも余裕でいけるはず。
かなり美味しかったから今度イトウと行きたい。

なんとか完食して、隣のカフェで少し飲む事に。
DSC02414.jpg

もう、ビールも喉を通らないダイジュ。
だんだん苦しそうになる
DSC02415.jpg

無理だと思ったんだ、最初から

もはや苦笑いしかない、腹を抱え慰撫するダイジュ
DSC02416.jpg

飲みに来たのに

「もう、ビールも入らない・・・」

せっかく飲みに来たのにお酒一杯で解散。
一緒に来た奥さんはラーメン食った後に
アイスクリームの乗った大きなアップルパイをぺろり。
この人の食欲はそれはそれですごいと思う。
二郎系の後でアップルパイ。
家帰ったらLINEで

「胃が悲鳴あげてる」
「下った、完全に下った」
「美味かったけど下った」

ダイジュお腹壊したヽ(´∇`)ノ

僕は虚弱体質だけど内臓は強い。
ダイジュに初めて人として「勝った!!」と思えた
瞬間だった。
生物として、同じ人類として初めてダイジュに対して
優越感を持てた瞬間。

無理だと思ったんだ最初から・・・

でも、二郎系って三回食べて初めて美味さに目覚めるから、
後二回はクビに縄をつないでも連れて行く予定。
次はイトウと千里眼に行こうね。

気分晴れた!!
打ち込み行く!!