ハワイの釣りはステキ

ハワイで釣りをした。
釣りはラーメンに続く僕のライフワーク。
ワガママ言って、釣りに行った。

ハワイで釣り

すごい贅沢で「ダイのくせに生意気だ!!」って
感じだけど、55ドル。
55ドルでワイハで釣り。

55ドルって日本円に換算すると、日本の釣りの
だいたいの半分くらい、安い。
釣り方も胴突きで簡単。
しかも前日、こんなキレイな海に行って


こんなキレイなトコに潜ったら


魚だらけ!!
もう、うじょうじょいるの。
小さいのからデカイのまで。

前日、あんなに魚見たら、もう

「バカでも猿でも釣れるっしょ」

釣れない気がしない。
こちとら極寒の江ノ島やら


新潟、日本海まで遠征してる。


釣れない気がしない。
こちとら素人とはちと違う。
と勝手に思っている。

意気揚々

「まぁ、僕の言う通りにしたら釣れるよ」

そんな事行って釣りに出発
DSC03898.jpg

ホテルまで車で迎えに来てくれる
DSC03901.jpg

お金の支払いとか、以外と江ノ島の釣りとかと似てる
DSC03902.jpg

こんな船
DSC03900.jpg

日本の漁船みたいな釣り船とはやっぱり違う。
港にいる船達もやっぱり違う
DSC03914.jpg

外国なんだと改めて実感した。
当たり前に船長も外国人
DSC03911.jpg

説明を聞くチャーとダイジュ
DSC03912.jpg

僕は英語が分からない。
でも、この釣り船の常連の日本人の人を見つけ、
釣り方を丁寧に聞いたから分からなくたって関係ない。
何せ僕は釣りがライフワークだ。
観光で遊びで来ただけのヤツラとは経験も知識も
修羅場をくぐったも違う。

船長よ、説明なんていらない、俺には分かる、こんな簡単な釣り。

僕のリーダーシップの元、場所撮り&セッティング
DSC03906.jpg

そうだ、僕の言う通りにすればいい、
そしたら君らも釣れるだろう。

出港
DSC03913.jpg

日本の漁港とは明らかに違う。
この釣りはバカンスだ。

ダイアモンドヘッドだって見えちゃう
DSC03915.jpg

キレイ

昼飯が出てきた
DSC03918.jpg

格別。
日本の釣り船にないトロピカル感。

対岸見ると
DSC03919.jpg

そこはワイキキ、楽園。

「釣れなくてもこれだけで楽しい」
「こんなにキレイなら釣りしなくても楽しい」

チャーがことある事に言う。
チャー、釣らせてやるからそんなヤボな事言うな。
俺が素人のオマエさんをちゃんと釣らせてやるから。

ダイアモンドヘッドに近づく
DSC03924.jpg

海から見れるなんてステキ。

日没
DSC03931.jpg

ものすごい。
なんかやっぱり日本とは違う。
当たり前だけど。

そしたらチャーが釣った
DSC03932.jpg

意気揚々のチャー。
僕は釣れない。
なに、焦るな、小物狙いじゃない。
チャンスタイムはまだだ。

日が暮れた
DSC03937.jpg

キレイだ・・・
DSC03938.jpg

こんなにキレイな風景が見られるクルージング、
釣りなしでも55ドル以上の価値は余裕である。

ダイジュが一匹釣った。
中国人客が何人か船酔いしてる。
一人が豪快に海に嘔吐してる。
きっと内陸の人なのだろう。
こんな優しい海で酔うなんて。
僕はあの荒波も、あの時化も乗り越えた、
凄腕の釣り人だ、僕のようにはいかないか。

あ、ダイジュがまた釣った・・・

それにしても

なぜ釣れない!?
素人のチャーが一匹、
魚嫌いなダイジュは二匹だぞ?
なぜ僕が一匹も釣れない!?

二人にものすごいいじめられた。
中学校の野球部時代にチャーに
イヤミを言われ意地悪を沢山されて悲しかったのが
フラッシュバックして泣きそうになった。

なぜ釣れない、僕!!

「釣れなくてもキレイだ・・・」

僕が言った。。。

JUGEMテーマ:釣り全般
コメント

私たちも、おんなじ SASIMI兇任いましたよ〜
たのしかった。 よかったら ブログ見てね〜

トラックバック
この記事のトラックバックURL