ダイジュ、初めての二郎系

 社員のあっちゃん(小学校から)があまりにも会社を
汚すから、久しぶりに指摘したら、
逆ギレ&ありえない反論、そして開き直り。
DSC02398.jpg

もうブチ切れそうになったんだけど、ケンカするのが
目的ではないし、ケンカしたくないから
グッと抑えて我慢。
マグマのような怒りをブログを書くことで発散中、発散ちう。

マグマのような怒りを抑えるには好きな事を思い出して
気持ちを和らげるしかない。

ラーメンヽ(´∇`)ノ

この怒りを慰撫するのはラーメンしかない。

小学校からの友達にダイジュってのがいる。
先日みんなで飲んでたら

「僕、二郎ってヤツ食べてみたい、大盛りだっていけちゃう」

ダイジュはあっちゃんのような自堕落とは無縁な人、
デザイナー、土日はフットサル、で体型もスッキリキープ。
シャレオツで二郎ともあっちゃんとも対極のような人。

絶対に無理だと思った。

絶対に無理だと思ったんだ。
でもその時飲んでたし、二郎系が大好きでいつも
僕の頭を切ってくれている暴食の胃下垂美容師イトウ(中学から)
もいたもんだから盛り上がっちゃって


「よし、明日行こう!!」

って事でダイジュ、初めての二郎系。
ダイジュの初めてを僕が奪う。
こんなに素敵な事はない。
ダイジュの二郎系童貞は僕が奪う。
そわそわしながら柔術をそうそうに切り上げて、
渋谷の二郎インスパイア系「凜」へ。

ダイジュにも似合うシャレオツな雰囲気の店。
ダイジュはナイーブなトコロがあるので
いきなり二郎は無理。
このくらいが丁度いい。

僕は唐辛子トッピング
DSC02403.jpg

からい!!
うまい!!
間違いない!!

二郎インスパイア系の中でもかなりのうまさ!!
しかも量はそんなに多くない。
これならダイジュもいけるはず!!

ダイジュ、二郎系とファーストコンタクト。
量の多さに笑顔がちょっと引きつり気味
DSC02405.jpg

恐る恐るスープという名の油をすするダイジュ
DSC02408.jpg

あまりの油量とほじってもほじっても麺、
あまりのボリュームに、途端に笑顔が消える。

DSC02407.jpg

「食べても食べても減らない・・・」
苦痛の表情
DSC02413.jpg

食べ物食べてる人の表情じゃない・・・
DSC02411.jpg

DSC02410.jpg

つい戻しそうになるダイジュ。
そこには笑顔なんてない。
DSC02409.jpg

あとちょっと!!
DSC02412.jpg

量、そんなに多くないし、ちょっと油は多いけど
スープも美味いし、暴食の胃下垂美容師イトウなら
大盛りも余裕でいけるはず。
かなり美味しかったから今度イトウと行きたい。

なんとか完食して、隣のカフェで少し飲む事に。
DSC02414.jpg

もう、ビールも喉を通らないダイジュ。
だんだん苦しそうになる
DSC02415.jpg

無理だと思ったんだ、最初から

もはや苦笑いしかない、腹を抱え慰撫するダイジュ
DSC02416.jpg

飲みに来たのに

「もう、ビールも入らない・・・」

せっかく飲みに来たのにお酒一杯で解散。
一緒に来た奥さんはラーメン食った後に
アイスクリームの乗った大きなアップルパイをぺろり。
この人の食欲はそれはそれですごいと思う。
二郎系の後でアップルパイ。
家帰ったらLINEで

「胃が悲鳴あげてる」
「下った、完全に下った」
「美味かったけど下った」

ダイジュお腹壊したヽ(´∇`)ノ

僕は虚弱体質だけど内臓は強い。
ダイジュに初めて人として「勝った!!」と思えた
瞬間だった。
生物として、同じ人類として初めてダイジュに対して
優越感を持てた瞬間。

無理だと思ったんだ最初から・・・

でも、二郎系って三回食べて初めて美味さに目覚めるから、
後二回はクビに縄をつないでも連れて行く予定。
次はイトウと千里眼に行こうね。

気分晴れた!!
打ち込み行く!!
コメント

大爆笑したわ

  • ゆい
  • 2012/11/07 15:56
トラックバック
この記事のトラックバックURL