新島で犯罪者扱い

 柔術で充実するまで、釣りで充実しようとしてた。
元祖釣りバカ、趣味を通り越してライフワークが
釣りなトミウカ(中学から)を師として、
毎月釣りしてた時期もあった。

思ったんだけど、釣りはトミウカの趣味。
こうして柔術っていう一生続けていきたいと
思える趣味が見つかってみて、思った。
トミウカのような熱意はないし、持てない。

「釣りはトミウカのモノなんだなあ」

今回の釣りでしみじみそう思った。
人それぞれ「一生続けたい」と思える趣味、
ライフワークになる趣味があるって幸せな事だと思う。
トミウカはそれが釣りであって、僕は今のとこ柔術。
違くて当たり前。

トミウカのようにライフワークにはできないけど、
釣りは大好き。

特に新島の釣りが好き。
トミウカと恒例の新島釣りに行って来た。

今回はジェット船での往復
DSC03530.jpg

なんと飛行機で有名なボーイング社製!!
この船のおかげで4時間で新島に行ける。
DSC03535.jpg

一眠りしたら
DSC03539.jpg

そこは異世界
DSC03546.jpg

下船時にチケットの半券をなくして、新島に上陸する際に
船員さんに犯罪者扱いされたヽ(´∇`)ノ

「チケットの半券は必ず持っていてください」

ってアナウンスしといてよ!!
逆恨みじゃ無いけど、「チケットの半券を持ってろ」
って言われてたらもっと意識してたよ。
ゴミ箱に捨てたような気もするし、
バックの奥底にくちゃくちゃにしまい込んだ気もするし、

とにかくどうしても見つからない・・・

船員さん

「船の中にいたんだからないはずはないでしょう!!!」

最終的に、衆目がザワザワと僕を白い目で見る中
名前、電話、住所を書かされて、やっと下船が許された。
もう完全にタダ乗り扱い、キセル扱い、犯罪者扱い。
まあ、なくした僕が悪いんだけど、とにかくものすごく恐い。

犯罪者のような扱いをされて落ち込みつつも新島上陸
DSC03548.jpg

上陸したとたん、ポッケの奥底から半券見つかった・・・
後の祭りヽ(´∇`)ノ

東京都とは思えない景色と海の綺麗さ
DSC03549.jpg


この透明度
DSC03556.jpg

さっそく釣り開始
DSC03559.jpg

本当はこの日は風が強くて釣り船が出なくて、翌日から
釣り始めたんだけど、説明めんどくさいから
早速釣り開始
DSC03560.jpg

開始早々で常連さんが釣ったのが30キロはあるクエ!!
DSC03562.jpg

幻の高級魚!!
モロコとかクエとか言われてる。
天然モノはありえないくらい高い。
こんな大きな魚が釣れるの初めて見た。

釣り船はこんな感じ
DSC03567.jpg

殺伐として荒々しい漢の世界。
7時間ほどイサキを釣って、夜はアカイカ釣り。
DSC03573.jpg

朝五時から夜11時までノンストップで釣り。
DSC03576.jpg

赤イカ釣り
DSC03578.jpg

朝五時から釣りっぱなし、疲労困憊。
この釣りで釣る赤イカ、地元新島でも一匹1300円する。
都内だと料亭とかにしか出回らない高級魚らしい。
確かにありえないほど美味い。
甘さと弾力、モチモチ感が最高。
赤イカ食べると普通のイカはゴム。
帰って赤イカの刺身
DSC03580.jpg

食べきれないイサキは干物にして、
絶品のイサキの干物
DSC03583.jpg

船で絞めて血抜きしてるから、
鮮度最高。
こんなに美味しい魚は釣りしないと食べられない。
釣りって正直色々とめんどくさい事はあるけど、
この新鮮さと魚の美味さを知ってしまったら、
もうやめられない。

イサキと赤イカのイカスミパスタ
DSC03581.jpg

正直、これはやばかった。
赤イカのイカスミ最高。
レストラン越えるレベル。

新島の釣りが大好き。
釣りバカのトミウカに憑いてく感じで、
これからも釣りしてく。
この味のためなら犯罪者扱いも甘んじて受け入れる。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL