ねづっちさん落語、お笑いと落語でラーメン!!

 何の因果かお笑いの仕事で10年以上食べてる。
何の因果か今では落語で食べてる。
何の因果か仲のいい芸人さんが落語をしている。
何の因果か支えている仲間は幼なじみ。

人間、本当に何があるか分からない。

火曜日も落語の仕事。
落語だけどお笑いで、幼なじみと共に支える。
DSC04895.jpg

小さくてシュールな箱。
僕達にはこれくらいが丁度良い。
何の因果か落語ライブの主催までやってる。

僕達がやるもんだから、いい加減。
スカパーで生放送されるってのに、番組名が決まってない!!
その場で演者さんと決める。
DSC04899.jpg

落語道と書いて「落語どう(道)?」

幼なじみのフカタニDは慣れたもんで、
盤石の構え。
僕はもう、、、、

だって、

全然知らない落語だよ!?
落語知らない芸人さんが落語だよ!?
支えるのフカタニDと僕だよ!?

僕は何もしないし、貢献はゼロなんだけどね。
ストレスで、神保町のラーメン屋に逃げる。

DSC04893.jpg

最近流行りの鳥白湯系。
うまい。
あの日『本当の心の一杯を見つけよう」と思ってから
宅麺含めると1000杯は食べた。
そろそろあの日の決着をつけようかと思う。
それはまた、別の機会。

自分だけラーメンに逃げて、のこのこ帰ってくると、
いっぱしの落語家風
DSC04918.jpg

真ん中の三遊亭とむさんは本当の落語家(元芸人)
左右はねづっちさんと佐藤満春さん。

仲がいいお笑い芸人、あくまでお笑い芸人さんの
落語が聞けるって、そうない。
かなり貴重で冒険的な試みだと思う。
これは、評価されてもいいと思う。
落語界とかお笑い界の何かに。
お笑いで実績残した人が落語に挑戦。
少なくとも10年以上の芸歴の人が落語に挑戦。
よく分からないけど、有名な柔道家が総合に
挑戦するくらいの価値はあるんじゃないだろか?
格闘技、知らないけど。

佐藤さんの落語
DSC04911.jpg

すごい。
もちろん仲がいいからっていう前提条件は
あるんだけど、面白い。
落語は分からないけど、噺の中に『佐藤満春』
をぶち込んでくる。
僕がお笑いで知っている『佐藤満春』というキャラを
落語の噺の中にぶち込んでくる。
佐藤満春の独特の世界観が落語の中で表現されてる。

これは面白い!!

落語の新しい楽しみ方だ!!
王道的な落語の楽しみ方知らないけど・・・

続いてねづっち


「整えました!!」
で一世を風靡したねづっちが落語。
これが、うまいの。
うまいだけじゃなくて、ちゃんと僕達の知っているねづっち。
整えて来るの!!落語で!!
落語もうまいし、ねづっちのお笑いの世界観もちゃんと入れ込んで来るし。
落語という一つの表現の中にお笑いを持ち込んでも、
それが活かされるなんて、落語ってなんて懐が広いんだろう。
古典芸能だから堅苦しいと思ってたけど逆!!

取りは三遊亭とむさん(元芸人)
DSC04915.jpg

「落語界のブローカー」
と呼ばれ、芸能界から落語界まで、異様に顔が広い落語家さん。
本物の落語家さん。
同じ落語でもやっぱりちょっと違う。
一味違う。
落語、奥が深い。
自然な縁で落語と出会えて、僕は運がいいと思う。

立ち上げたばかりのイベントだからまだお客さんは少なめ。
でも、スカパー生放送は無事終了。

ていうかね、
こんなイベントないよ?
お笑い芸人さんが真剣に落語やるなんて。
来ない方がおかしいと思う。
これは。
はっきり言って。
こんな冒険的で挑戦的で尖ったイベントないよ?

と、客入りの少なさにイライラして、飲んで帰って
〆は武蔵家
DSC04919.jpg

味普通で頼むとけっこう美味しい。
味濃い目は自殺行為。
ラーメンなん、てただでさえジャンクフードなのに、
ラーメン界のジャンクフード、家系。
濃い目なんてしたら味が濃すぎて死ぬ。

明日も落語のイベントと生放送。
しかも明日は落語家さんが同級生!!
お客さんも同級生いっぱい。
運営も同級生!!
ついでに奥さんも同級生!!
全てが同級生とお笑い芸人さんで回るのが
僕の小さな人生ヽ(´∇`)ノ













コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL