低温調理(ANOVA)で穏やかな師走。

 キングオブコメディ高橋健一さんの事があって、
決して穏やかではないんだけど、去年の今頃は
僕なりに、小さな小さな覚悟を決めてマレーシアに
行ってた。

何故かマレーシアで、洪水被害のためのボランティアとかしてた。

僕なりの覚悟と言っても、それはとても小さく小さく、
2015年に起きるであろう事態が現実化し、
一つ一つの事態が確実に起きてきた時、
あれだけ覚悟してたのに、それはとても
小さく小さく、いちいちその覚悟は
一つ一つに簡単に崩れ去っていって、
覚悟なんてもののあてのならなさを痛感。
痛感しようがしまいが事態は進んでいく。
生きていかないといけない。
結果、白髪が増えた、ハゲが出来た\(-o-)/

それに比べたらキングオブコメディ高橋健一さんの
事はあれど、今年の年末の穏やかな事。

高橋健一さんには本当に良くしてもらっていたし、
本当にいい人だと思っていたので、事件から何日か
経つけど、未だに整理がつけられず、むしろ、
日にちが経てば経つほど考え込んでってしまう。

自分の心の中でどう整理をつけていいか分からない。

気持ちを振り払うように料理に没頭。
柔術、年末年始はさすがにやってないし。

ANOVAという機械を使った低温調理法がやばい。
素人の僕がプロ並の料理が作れる。
誇張じゃなくてレストラン並。
何がレストラン並って、

・食感
・旨味
・火加減

この三つ。
あと、手軽さ。
子供を保育園に迎えに行って、ヤマベ(奥さん)が
帰ってくるまでの二時間の間にすごいのが作れる。

安いオージービーフとサーモンをANOVAで55度に設定した
湯の中に入れて適当にしてれば完成。

サーモンのバジルとバータでなんとか
IMG_3680.jpg

食感がヤバい。
火は入ってるのに生感。
高級料理店の絶妙なあれ、まさに。

いやあ、ハマってしまって、低温調理(ANOVA)に。

OKストアで買った安い牛肉(サーロイン)もこのとおり
IMG_3682.jpg

生だけど生じゃない、火は通ってるの、全体的に。
火加減・食感はもちろん、なにがすごいって旨味。

ホールディングと言って、肉を55度で熱する一時間は
冷蔵庫での熟成2日分とかになるらしい。
二時間あれば4日熟成したと同じ旨味が出る。

すごくない!?

家で熟成肉が作れるって。

ソースかけて簡単にフルコース
IMG_3683.jpg

二時間で魚と肉。
一緒にANOVAに入れるだけ。

低温調理法・ANOVA、これは僕的に革命。
スロークッカーと圧力鍋に並ぶ革命。

来年の今日がどうか分からないけど、
穏やかと言っていいと思う。
こんなの何年ぶりかだ。

高橋健一さんの事は、ショックで思考停止だ。

まだ、というか今はというか、きっとこれからも
僕なんかは何も言えない。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL