ラーメンヤスオで年越しそば

 実家仙川。
仙川と言えば二郎仙川店。
二郎が好きすぎて近所の仙川で何度か鍋二郎。


鍋二郎って言うのは、二郎のラーメンを家に持ち帰って、
家で食べる事。
つまり、持ち帰りをさせてくれる二郎じゃないと
鍋二郎は成り立たない。
この鍋二郎、やっている店舗はごくわずかで、ものすごく貴重。
二郎仙川店が今も鍋二郎やってるかは知らない。
当時の貴重な思い出。

生まれ育った実家の近所に二郎、
なんて幸せな事なんだろうか。
高校時代から行ってたから、いわば二郎のサラブレッド。
こちとらジロリアンなんて言葉がない時代から通ってたんだ。

今は代々木上原在住。

子供が出来ても、代々木上原に住んでも、二郎好きの
サラブレッドとしての血は強く残ってます。

サラブレッドとして、年越しそばは
ラーメンヤスオ!!!

二郎サラブレッドがラーメンヤスオ。
じゃあラーメンヤスオは二郎的、つまりは
二郎系で、いわゆる二郎インスパイア系なのか?
違うと思う。
明らかに二郎系ではないし、二郎インスパイア系でもないと思う。

ラーメンヤスオを二郎系・二郎インスパイアの枠で
くくってしまうと、スズキヤスオファンに
怒られると思う。
何より僕自身、ラーメンヤスオは二郎系・二郎インスパイア
じゃなくて、ラーメンヤスオという唯一無二
のラーメンだと思う。

だって、違うんだもん。
旨味とかダシ感とか節感とか。

IMG_2858.jpg

でも、僕が仙川二郎で味わっていた楽しさと共通する何かが、
ラーメンヤスオには確実にあると思ってて、
ラーメンヤスオは二郎と共通する楽しさがあると思ってます。
とにかく食べててたまらなく楽しいの。
幸せ味。

要は何が言いたいって、僕はそばアレルギーなの!
年越しそば、今は食えないし、
二郎好きだし、何よりもスズキヤスオが好きな僕が、
ラーメンヤスオで年越しそばできるって、
家でラーメンヤスオが食べられるってすごいでしょ!!
って事。

年末、食べ納めでラーメンヤスオ行って



驚愕。


ラーメンヤスオが持ち帰れる!!!
宅麺にもないラーメンヤスオを持ち帰れる。
なんて幸せな事なんだろうか。
さっそく2セット購入。

スープ!!
DSC05871.jpg

麺!!
DSC05872.jpg

この麺がまた最高なの。
自宅にあるって、もう本当に幸せ。

具も丁寧に小分けにされてる!
DSC05874.jpg

ついに子供にラーメンヤスオを食べさせられる!!
さっそく調理。

この細身なのに力強い麺!!
DSC05901.jpg

旨味と甘み、出汁と節と幸せにしょっぱいスープ!!

DSC05899.jpg

子供大満足。
DSC05907.jpg

僕はもう少し大人向けに、唐辛子と、
お店ではまだ味わってないけど、トッピングで
付いていた柚子青唐辛子!!
DSC05904.jpg

最高。
最高のラーメンが家で食べられるって、
何て幸せなんだろう。

宅麺で販売されないかしら?
宅麺。
宅麺。

食べきれなかった麺は焼きそばに!!
DSC05894.jpg

お店に怒られるかもしれないけど、絶品。
固めの麺がソースに最高に合うの。

お持ち帰りって、こうやってお客さんが家で
自由にアレンジできるのが、何よりもの
楽しみだと思う。

スズキヤスオ、お持ち帰りできて幸せな2016。
好きなときにお持ち帰りできたらいいなあ。

とりあえず今年もラーメンとスズキヤスオと
柔術と、新しい局面に入った仕事をがんばる。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL