ANOVAとヌードルメーカーが最高!!

 仕事がああだとかこうだとか言わない。
言いたい事は一つ。

ANOVA(低温調理器)とヌードルメーカーが最高

それだけ。
何が最高って、最高、至高と言ってもいいくらいの
鴨そば(小麦粉で作ったけど)が出来る。
ハッキリ言って、お店レベル。

これがけっこう簡単に手間をかけずに作れる。
しかも鴨はスーパーのお値打ち品、50%オフ、激安。
麺なんて小麦粉だけだからこれも激安。

アレルギーあるから小麦粉で作るのは許して。
でも、そばと言ってもいいくらい蕎麦感ある。
ヌードルメーカーなら。

よいしょしまくってるけど、ステマじゃないです。
むしろ、ANOVAとヌードルメーカーは僕にステマさせて
ください。
それくらいこの二つはすごい。

まずはお値打ち品の鴨と昆布、汁になる水を真空パックにして
DSC06253.jpg

ANOVA(低温調理法)で55度に設定してこの真空パックをお湯にぶち込む。
で後はほっとくだけ。
ほっとく間に麺作り。

蕎麦感出したい。
子供に野菜も食わせたい。
で、人参をミキサーして
DSC06255.jpg

適当に小麦粉、蕎麦ぽい大きさに設定して、蕎麦ぽさ出したいから
人参水を気持ち少なめにしてヌードルメーカーに投入。
DSC06254.jpg

これだけ。
本当にこれだけ。
これだけでこんな麺に仕上がる。
DSC06256.jpg

人参の栄養もある、最高の麺。

で、麺が出来た頃にANOVA(低温調理法)に入れといた
鴨の真空パックを取り出す。
DSC06257.jpg

鴨は低温調理されてる訳だから取り出して、
中の汁をスープにする訳。
汁を鍋に入れて煮る。
DSC06258.jpg

けっこうアクが出るの。
アクは取る。

別に出した鴨は脂身だけ強火で焼く。
脂身に火を通したいから。
びっくりするほど美味そう。
DSC06259.jpg

そばだけで食べるのはもったいない!!
切り分けて塩で食べる。
DSC06263.jpg

見てこの赤身感!!
火はちゃんと通ってるの。
なのにジューシーさ最高、赤身の美味さ。

ヤマベ(奥さん)が誕生日だったんだけど、
何も用意してなかったから

「誕生日のお祝いに特別に作ったよ」

と嘘をついてヤマベ(奥さん)に出す。
騙されてるとも知らず大喜び。
だって本当に美味いんだもの。

で、鍋で火をかけてアクとったスープに
醤油やらみりんやらで味付けして、
ヌードルメーカーで作った麺を入れて、
盛り付けして完成!!
DSC06266.jpg

見てコレ!!
やばくない!?

正直絶品。
ANOVAの低温調理の家庭で鴨からダシになる汁が
大量に出たみたいで、スープの中の鴨の旨味がすごい。
後、鴨肉のレア感もヤバい。
麺もちょっと人参の旨味も感じて最高。
蕎麦感出てる。

子供も大喜び。

余った生地は捏ねて広げてピザに。
DSC06268.jpg

これまた、オープンで焼いただけなんだけど美味い。

ANOVAとヌードルメーカーでここまでできる。
しかも美味い。

駄文長々と書いたけど、要は

ANOVA(低温調理器)とヌードルメーカーが最高!!

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL