U字工事さん単独ライブ1(東京公演編)

8年前くらいから仲良くしてもらっているU字工事さんの
単独ライブがありました。

今は千秋楽で公演した、茄子塩原の近くのビジネスホテルで
一人書いています。

単独ライブの収録、失敗が許されないので、会社としても
個人としても気張ってました。

一番気張ってたのは機材の手配・カメラ割り・編集・
映像制作・事務所とのやりとりをしながらもU字工事さんに
密着していた橋本だと思う。

「じゃあ宮谷は何してたんだ」

って話になると、
僕はドキドキしながら見守ってたのと
当日、カメラ回してただけ。

でもドキドキしながら見守ってたの!!
まあ、橋本に任せておいて失敗は絶対にないから
あまりドキドキしてなかったけど。

それでも何かあったら最終的な責任は全て僕に来る。
あらゆる事の最終的な責任を取るためだけに存在するのが社長。
だから、今回の単独含め、会社の全てのあらゆる事の
ケツを持つためにぼくは生きている。
これはドキドキする。
かなりヒリヒリする。

社員といってもみんな友達。
大事な友達の生きる糧が僕が始めてみんなと
一緒にやっているこの仕事。
何があっても潰れないように、友達に責任が行かないように
するのが僕の仕事。
だからいつもドキドキするし、ヒリヒリしてる。

特にU字工事単独なんて、会社ぐるみで一世一代。
最強にドキドキする。
でも任せるのは友達。
友達に任せながらも、何かあったら全部の責任を
負う覚悟を決めて、人にはダラリと見られながら
内心ドキドキしてる。

僕の仕事はそんなドキドキやヒリヒリが大事な仕事。

こんな広い舞台
DSC01361.JPG

後ろ姿はプロの舞台監督さん。
ドキドキする。

ドキドキが止まらないから
うどんやに逃げる。

日本一うまい立ち食いうどん
「かのや」のぶっかけうどん
DSC01372.JPG

これがうまい!!
あまりのプレッシャーにうどんに逃げる。

休憩時間とかに不安でたまらなくなって、
ドキドキを慰撫するためにうどんで心を落ち着けるだけです。

リハーサル開始
DSC01365.JPG

リハーサル
DSC01367.JPG

入念なリハーサル
DSC01364.JPG

収録のセッティングをする深谷D
DSC01362.JPG

リハが終わって、たまらない緊張感。
休憩時間にまた、逃げる。

同じかのやで
DSC01375.JPG

これが最強にうまい!!
これよりうまいうどん、ないと思います。
本当に。

東京で一番うまいうどんと言ってしまいたい。

うどんの話になったけど、このライブ、ものすごい感慨があります。
最初は僕ら、100人で一杯になるライブ会場でしか
収録した事なかった。

こんなとこ
DSC01351.JPG

今でもこういうところで毎日のように僕たちはお笑いを撮影しています。
それが僕らの仕事。

でも、お笑いにこだわって、人と運に恵まれ、気づいたら
こんな大きなハコを撮影するまでになった。
DSC01361.JPG

22才の頃の僕には想像もつかなかった。

だって、カネもコネもなにもなく、
小学校〜高校の友達だけで初めて、
U字工事さんを見続けてきて、
一生懸命ついていって、
やっとここまで来た。

こんな大きなハコの収録を僕らが任されている。

すごい。

昔は家庭用の5万円くらいのカメラ一台で撮影してたのに、
今はハイビジョンの業務用カメラ(一番安いヤツ)五台で
撮影している。
こんなに大きなハコで。

仲間とU字工事さんとお仕事をくれている人、
写ってくれている芸人さん、一緒にいてくれている人が
ありがたいなぁって思う。

単独ライブって、学園祭みたいで、学園祭が終わった時のような
感じでちょっと感傷的になってるみたいで気持ち悪い。

自慰的な気持ちを大事にした自分のための記でした



JUGEMテーマ:うどん
JUGEMテーマ:お笑い


コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL