いとうせいこうさんが来た!!

毎週金曜にUSTREAMを使ってやってる
生放送番組「沈黙」
ものすごい縁と偶然で、

いとうせいこうさんが来る!!

直接お会いした事もないし、
芸人さん達が頼んだ訳でもない、
色々なタイミングが奇跡的に重なって
出演してくれる事になった。

放送まであと何時間か
緊張で家に帰り、
釣ったヒラメの漬け茶漬けを作って食べる
DSC02627.jpg

一泳ぎして戻ると
もうキングオブコメディの高橋さんがいた
DSC02628.jpg

みんなが来るまで釣り談義に花が咲く。
高橋さんも釣りが好きらしく、今度一緒に行きたい。

みんな来る
DSC02629.jpg

当然、話の内容は「せいこうさんが来たらどうするか?」

来てくれる事は分かってたけど、

・来て何がしたいのか?
・何かプランがあるのか?
・そもそも何で来てくれるのか?

まったく分からない。
さんざん話し合ったあげく、結局

「いつもどおりやればいいや」

で落ち着く。

そんなこんなしてたら
本当にせいこうさんが来た!!

ものすごい馴染み感
DSC02631.jpg

違和感がまったくない。。。

来るなりせいこうさんは

「僕は天の声だからいないものとしてやってよ、天の声だ か ら」

天の声宣言

みんながなるべくいつも通りにやれつつ、
せいこうさんのやりたい事が出来る形を
考えてくれてるんだと思った。

当たり前にテレビと同じ、
丁寧でやさしい人で、放送する側の僕たちにも
アドバイスをいくつかくれた。
ありがたい。

で、この日の放送は川元さんがすごい!!
一つ目のテーマは「室伏の回転を止めよう」

DSC02634.jpg

いとうせいこうさんが来たのは初めての事なので、
さすがにみんなも緊張して、いつもより沈黙長め。
でも川元さんはいつもよりもダークにバンバン飛ばす

二つ目のテーマは
「城咲仁の今年の目標を考えよう」
DSC02641.jpg

"もう"って、、、


DSC02648.jpg

ネタバレになるのでここら辺で。
とにかく川元さんの毒が輝いてた。

放送はものすごいプレッシャー
DSC02654.jpg

だって、ケーブルがちょっと抜けるだけで生放送止まるし、
いつ、何かの表紙にソフトが落ちて生放送が
中断しちゃうかもしれない。
こんな緊張感はない、毎回だけど、特に今回は緊張した。
そりゃそうだよね。
沈黙、やっている場所はうちの会社のぼろマンションだけど、
やっている内容、演者は立派にテレビクラス。
そりゃ緊張するよね。

せいこうさんも笑ってくれて
DSC02655.jpg

なんとか無事終了。

天の声としてまた来てくれたら嬉しい。
いとうせいこうさんとの現場を通して、
もっともっと吸収したい。
吸収してもっともっと沈黙の完成度を上げたい、
いいものにしていきたい。

いとうせいこうさん、帰った後
DSC02659.jpg

反省会と、今後にどう活かすかを話し合った。

そして誰もいなくなる
DSC02660 (1).jpg

あれだけ賑やかだったから、
ちょっと寂しい。

うちの仲間のあっちゃんと話があったから

「飯でも食わない?」

って誘ったら

「今、お腹いっぱいだからいい」

って断られたから、近所の台湾料理屋で一人飲み。。。
してたら、さっき断ったあっちゃんが来やがった!!

人の誘いを「お腹いっぱい」って断っといて
台湾料理の定食を食いに来たヤツ近影
DSC02664 (1).jpg

ご飯大盛りジャン!!
しかもまったく悪びれるそぶりもない。
いつかぶん殴ってやる。

沈黙には未来を感じる。
沈黙のみなさんともっともっと色々やっていきたいと思う。
いとうせいこうさんと沈黙メンバーの笑いを生で見られて、
紡いでいける僕は幸せだと思う。

JUGEMテーマ:お笑い
 
コメント

このコメントを読まれましたら削除してくださいますようお願い申しあげます。
はじめまして。宮谷さんにお話することではないような気もいたしましたが、長文になりますのでこちらにコメントさせていただきます。社会人の常識として、ツイッターの時とは違う言葉遣いで投稿させていただきます。いつも「沈黙」を楽しみに拝見させていただいております。
「沈黙」は視聴者もツイッターなどを使って参加できることも楽しめる要因の一つだと思っております。1月21日の生放送で私が高橋さんの「声」についてツイートをさせていただいた時のことですが、そのツイートに対し違う方が噛み付いてきました。私はオペレーター経験が10年くらいございますので、私の場合は当たる確率は7、8割ではございますが画面を見なくても誰が話しているのか当てることができます。これは一年くらい経験を積めば誰でもできるようになることなのです。
そのツイートは削除してしまいましたが、「高橋さんの声を判断することが難しいです」というような内容を簡単にツイートをしました。噛み付いてきた方は確か「そんなことを言って高橋さんに気にしてほしいだけでしょ?」というような内容をツイートしてきました。その場では頭にきて「はぁ、この人何言ってるの?」「この人は私以上のことができるから私にそんなことを言ってくるの?」とか「発言を自由にしてはいけないの?そんなの悲しい…。」などと感じましたが、間違いなく議論をする場ではないと思いましたのでその方のツイートは無視させていただきました。こちらが反応をしなかったので、その方もそれ以上つっかかってきませんでしたが後々考えさせられました。
ツイッターは文字数制限もございますし、詳しく補足もできかねるのでこちらがそんなつもりがなくても誤解されても仕方のないことだと思いました。オペレーターという仕事はお客様の感情の喜怒哀楽をすべて「声」だけで判断しないといけないのです。ですから「声」には誰よりも敏感になってしまいます。私から見てですが、高橋さんの「声」は声質そのものがガラッと変わることが多いのです。正直高橋さんの「声」は声だけ聞いてもどれが本当の声なのか戸惑ってしまうことが多く、有名な方の中では今までで一番難しく感じております。ですから高橋さんの「声」に興味を持ってしまい、明らかな職業病ではございますが素直に感じたことをツイートをしてしまいました。
私のツイートの内容は見ようによっては、悪口と受け止められても仕方のない文章だと思いました。高橋さん個人のファンの方を傷つけてしまったのかと思うと、申し訳ない気持ちになります。他の高橋さん個人のファンの方が見ても失礼な内容だったと反省しております。申し訳ございませんでした。これからはもっと高橋さん個人のファンの方の気持ちを考えて、ツイートする際は重々気をつけて素直な気持ちをツイートしたいと思っております。
私は10代の頃、ジャンルは違いますがある人の濃いファンをしておりました。濃いファンの方の怖さは嫌というほど知っております。その方のファンの場合でしたら私はとっくに総攻撃をされていたでしょうに、高橋さん個人のファンの方はそのようなことはございませんでしたので高橋さん個人のファンの方は優しいと思いました。もし私のアカウントが分かりましても、違う方に間違って送ってしまう可能性もございますので私にメッセージを送らないでいただきますようお願いいたします。
私は高橋さんも好きですが他の芸人さんも好きですので、これからも「沈黙」を楽しんで拝見したいと思っております。宮谷さんにお話することかどうか分かりかねたのですが、関係者の方には間違いないと思いましたのでコメントさせていただきました。本来ならその方に説明するべきなのでしょうが、かえって感情を逆撫でする場合もございますのでせめて関係者の方に聞いていただきたくコメントさせていただきました。お忙しいと思いますのに、こんな視聴者一人の文章にお付き合いさせてしまいまして申し訳ございませんでした。そして長い文章を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。心からお礼を申しあげます。

  • 申し訳ございません、匿名希望です。
  • 2011/02/03 23:17
トラックバック
この記事のトラックバックURL