釣りと漁港と風評被害(千葉県江見港)

日常生活に戻った。
今までより何か、キモチ切実になってしまっている
日常生活を送ってる。

僕は釣りが好きです。
震災の日も実は前ノリして、茨城か千葉で
釣りに行こうとしてた。

震災もあり、釣りに行けない二週間ちょっと。
釣り船も震災後の一週間ちょっとはお休みしてた。
二週間たち、

「そろそろ行こう」

と釣り師匠トミウカ(中学〜高校の同窓)と
話していた矢先、放射性物質が海に流れ出したとの報道。

ドクトルマスダ(小学校〜高校の同窓)の博士号の
脳力を借り、ネットで公開されている様々な情報や
文献を調べ、今は全然安全だと確信した。
ニュースの通り、今はまったく影響はないはず。

でも、釣り船のホームページを見ると、
どこもお客さんがいなくなって閑散としていらしい。

確かに余震もあったし、津波の怖さは心に刻まれているから
釣り客が少なくなるのも分かる。
そこに来て、放射性物質のニュース。。。

今は安心だと思うからこそ、お客さんがいないからこそ、
 釣りの師匠のトミウカと急遽釣りに行った。

江見の常連居酒屋、鳥八
DSC03143.jpg

決してキレイではないけど、
この雰囲気が大好き。
居酒屋の中の居酒屋感が好き。

名物野菜炒め
DSC03146.jpg

肉より圧倒的に野菜が多い。
そして全然油っこくない、むしろシャバシャバw
炒め物なのに、油感がゼロだから、逆に釣り人には助かる。
船の上でもたれないから。

手作り磯辺焼きはサービス
DSC03147.jpg

店主のおやじが行ってたけど、
釣り客が全然いなくなったらしい。

鳥八も小汚い店なのに、行くといつも常連や
地元の人、釣り人で、なんだかんだで混んでるのに、
客は僕たち二人だけだった。

早く戻ってこい、釣り人。

22:30頃、船宿に戻る
DSC03175.jpg

いつにもましてひっそりしている気がする。

船宿に戻って寝てたら釣り師のトミウカの携帯が
五月蠅く鳴り響き、AM1:30に目が覚める。

トミウカの寝姿を見て異様に腹が立つ
DSC03149.jpg

こちとら重度の不眠症だ。
マナーモード一つで飛び起きる。
それが大音量鳴らしやがって。
珍しく寝れたと思ったら、こいつの携帯のせいで
AM1:30にすっかり目が覚めた。
むかついたから思い切り蹴り飛ばしたけど寝てた。

集合まで4時間近くある・・・
どうせ寝れないから、いつも車で通りすぎるだけの江見を
歩いてみた。

ヒラメ漁の人達の道具
DSC03153.jpg

江見港、津波は来たけどそんなに影響はなかったみたい。
変わらず漁が出来て、千葉産の魚介類をみんなが気にせず
食べてくれればと思う。

粉雪
DSC03161.jpg

三月末なのにすごい寒い。


DSC03165.jpg

千葉の海はキレイだ。
太平洋はキレイだ。
まだまだ全然キレイだ、中も。

夜中の漁港
DSC03169.jpg

で出船。
いつもは15人とかいる人気の船なのに、
8人しかお客さんいなかった。
それでも8人まで戻っててよかったと思う。
僕のよく行く新栄丸、2〜4人の日が続いていたらしい。

出船直後
DSC03177.jpg

海、キレイ。
だからボウズでも釣りがやめられない。

六時間釣りして港へ
DSC03185.jpg

透き通るほどキレイな海
DSC03187.jpg

千葉でも海、すごいキレイなんです。
港から海の下を見るとエメラルド色

DSC03191.jpg

夏は海水浴客で賑わう江見の海。
今年も変わらず賑わえ。

で、釣果もすごい。
トミウカ師匠と二人で

・イサキ
・カンパチ
・カイワリ
・ハナダイ
・真鯛
・アジ
・イナダ
・ウマヅラハギ

こんだけ釣った。
DSC03192.jpg

江見の海、千葉の海は豊潤な海。
今、全然安全。
風評被害は居酒屋も釣り船も、漁師もその家族達も、
町全体を困らす。
こんなに素晴らしいトコなのにお客さんが
あまりいなかった。

もっともっと行こうと思う。

で、この日はお世話になったドクトルマスダを
家に呼び、寿司屋誠を回転。
誠は、釣り師匠トミウカの名前。
DVD見て急に、魚を捌くのに目覚めたから、
この日はトミウカが台所に立ち、海の安全性の調査を
してくれたドクトルマスダに見よう見まねの振る舞い寿司。

めちゃくちゃ美味かった。
ばくばく食べた。
そして、当分釣った魚生活が続くと思う。
今は気にせずばくばく喰う

JUGEMテーマ:釣り全般

鮮度フェチ「ほとんどびょ〜き!!」

 釣りが好きです、大好きです。
大好きすぎて釣るだけじゃ満足しません。

『遠足は行くときから家に帰るときまでが遠足』

じゃないけど

『釣りは行くときから美味しく食べ終わるまでが釣り』

僕はそう思っています。

釣れる数だけにやたらこだわる人がいる。
例えば、僕の師匠(と言っても、中学からの同級生)
師匠は『どんだけ数が釣れるか』これにしか興味がない。
だから、釣れた魚に対しての思いがまったくない。
釣れたら釣りっぱなし。
少なくとも自分が釣った事によって、一つの命が
苦痛の中で死んでいくのに。
数だけにこだわる人は「どれだけ数を釣るか」ここで
思考停止してしまってる。
だから、死んだ魚の血液や体液が混じったバケツに平気で
生きてる魚を入れる。
元気な魚もいれば、針を喰っていて弱っていたり、
水圧の関係で、釣れた段階で息も絶え絶えの魚もいる。
どうせ死ぬ魚。
でも、釣った時はまだ生きてる。

釣っといてなんだけど、僕は生きてるうちはホンの数時間かも
しれないけど、ストレスを感じず、快適に生きていて欲しいと思う。
結局僕が殺すから、魚は絶対に僕を許してくれないけど。
殺す瞬間まで、配慮できる限りに配慮をして快適でいてもらい、
殺す時は痛みを感じさせず、一瞬で殺したい。
まあ、魚だったら絶対に許さないけど。

「何匹釣れるか?」

それも大事だけど、それ以上に

「如何に新鮮に美味しい状態にするか」

鮮度・美味しさに対して、釣れる数以上に気を配ってます。


『如何に多くの魚を釣るかの技術』


ではなく、

『釣れる技術プラス、如何に美味しく食べるか』

だと思ってます。
一つの命を殺める以上、例え自己満足でも
殺めた側に対しての思い、考え、自分なりの論理、倫理がないと、
殺してるこっちが罪悪感で気がおかしくなる。
魚が僕を許してくれないのは分かってる。
それでも自分で納得できる何かを持たないと、
生き物を食べていられない。

一時でも快適でいてほしいし、殺すときは痛みを感じないように
必殺仕事人のように、魚屋もびっくりするホドの瞬殺テクニックで、
魚が痛みを感じないうちに殺めたい。
そして、ありえないくらいに美味しい状態で食べたい。

僕にとって釣りはそこまでが釣り。
数を釣るだけで、生き物をぞんざいに扱う釣り人よりも、
釣ってから食べるまでをどれだけ考えて実践し続ける人の方が
釣り師として正しいと思ってる。

あ、気持ち悪い内容だけど、僕は無宗教です。

で、日曜日、ヒラメと真鯛釣りに行きました。

ヒラメがでかい!!
DSC02583.jpg

3キロと2キロクラスのヒラメ。
生まれて初めてこんなに大きいの釣り上げました。
大きすぎてなんかトラウマになりました。

船の上ですぐに絞めて血抜きして、
家帰って、内臓を取って血抜きして。

近所の大好きな寿司屋さんが教えてくれた保存方法で
僕なりに丁寧に保存。
DSC02587.jpg

ミイラみたい。

魚の鮮度を落とすのは魚から出る水気と空気。
丁寧に血抜きして、内臓取って、鱗を取ったら、
キッチンペーパーを丁寧に重ねて、
サランラップでぐるぐる巻きで空気を寄せ付けないように。

で、冷蔵庫へ
DSC02588.jpg

でかいでしょ!!
化け物みたいにでかいヒラメ。

ヒラメも真鯛も白身魚は釣れたその日よりも、
2〜3日たった方が美味しいんです。
それに、ちゃんとした保存をすればするほど美味しいんです。

真鯛
DSC02584.jpg

これも同じようにキッチンペーパーと
ラップでぐるぐる巻きにして冷蔵庫へ

真鯛も冷蔵庫に


ヒラメの大きさが分かる。

船乗って、海見て、釣って、絞めて、保存して、食べて、
釣りは幸せだと思う。
JUGEMテーマ:釣り全般

半分仕事のイサキ釣り

愛してやまないフラミンゴの竹森さんと小学校からの
同級生で仲間のフカタニDが@niftyつりで、
竹森千人の超ビンボー釣り記のコラムをやっています。

このコラム、釣り好きな僕が
「仕事だったら堂々と平日に釣りに行ける!!」

と、無理矢理仕事にしてしまった
公私混同甚だしい仕事です。
でも、@niftyつりのコラムランキング見てもらえれば
分かるけど、ランキングは上位、人気はあるし、
これはちゃんと仕事にしていきたいと本気で思っています。
なので、先行投資という事でご理解ください。

で、昨日、平日なのに千葉県江見に釣りに行ってきました。
平日なのに釣りに。。。
平日なのに釣りに。。。
竹森さんとフカタニDと釣り師匠の富宇加(会社休んで参加)と、
罪悪感と一緒に行ってきました。

日頃通い詰めてる江見、新栄丸さん
DSC02135.JPG

スタート直後で既に疲労困憊のフカタニD
DSC02120.JPG

ほとんど寝てないみたいで、おじいちゃんみたい
DSC02119.JPG

寝オチしながらエサ付け
DSC02140.JPG

まったく釣りに興味がないのに朝6:00〜夕方4:00まで
永遠に釣り。
僕には幸せだけど、釣りにまったく興味がないフカタニDには
疲労以外のナニモノでもないみたい。

「だったら来なきゃいいじゃん!!」

と憤るも無理矢理この企画に誘い入れたのは僕。

釣り、魚を釣るのも楽しいけど、風景が素晴らしいから
僕は釣りが好きです。
DSC02129.JPG

釣り船に乗ってないと味わえない風景に、釣りをしてれば
いくらでも出会える。
DSC02143.JPG

DSC02153.JPG

一回の釣りで、何回も顔を変える風景。
この風景を見られるだけでも釣りは止められない。
坊主でも・・・

午後のショウサイフグ釣りはまさかの坊主だったヽ(´∇`)ノ

JUGEMテーマ:釣り全般
 

釣り、釣り、釣りの一ヶ月

「釣った魚だけで生きてみたい」

そう思って、10月、アホみたいに釣りをした。
その数、五回。
U字工事さんの単独ライブ以外の週末は全て釣りに使ってる。

まずは新潟
DSC01576.JPG

さすが日本海、海がすごいキレイ

こんな風景
DSC01622.JPG

僕は免許がない。
新潟は片道五時間、師匠(同級生)に合計十時間以上も
不眠不休で運転させるのはさすがに忍びない。
ので、
大学時代釣り部だった会社の同僚で小学校からの同級生の
あっちゃんも連れてった。
DSC01653.JPG

師匠とあっちゃんと僕は中学時代、同じ野球部。
あっちゃんは僕には心を開かないし、エリカ様のようになるけど、
師匠にはものすごい素直、心を開いてる。

宿にお金はかけられないから民宿。


合宿感たっぷりの部屋。
中学の野球部合宿の頃と歳食った以外何も変わらない。

新潟では真鯛とひとつテンヤの二回釣りをしたが不調。
景色の良さとあっちゃんのふてぶてしさ、エリカ様っぷりを
堪能した以外にいい事なかった。

カメラが趣味のあっちゃんは、写真撮影で岸壁に行ったら、
大波で危うくさらわれそうになる。
身体中ビショビショで自慢の一眼レフが壊れたらしい。
あっちゃんにも新潟、いい事なかった。


次の週はU字工事の事務所のボスに誘われて
イナダ・ワラサ釣り。

免許がない僕は師匠を連れて行く
DSC01711.JPG

この釣りが非常に厳しく、10時間船に乗るも師匠、まさかの坊主。
僕もイナダ一匹。
青物はムラがあるから難しい。

で、僕がフラミンゴの竹森さんと会社の仲間の深谷Dと
「超おもしろ釣り記」のための取材釣り。
釣り物はカワハギ。

この深谷Dもあっちゃんと同じく小学校からの同級生で、
中学時代は同じ野球部、コユイ。
ここまで来ると近親相姦的な濃ゆさ。

深谷D近影
DSC01789.JPG
元々釣りが好きじゃないのと寒さですっかり滅入ってる。

収録中
DSC01758.JPG

この釣りは一応しっかり仕事です。

竹森さんをよそに飽きる深谷D
DSC01774.JPG

竹森千人さん
DSC01791.JPG

この釣りの模様は近々コラム&動画として配信します。

ワッペンサイズだけど、けっこう釣れました。
DSC01796.JPG
鍋と刺身、からあげで食べたらめちゃくちゃうまい!!

で、この前の日曜は、懲りずに師匠とイサキ、ハナダイ釣りへ。

釣果
DSC01801.JPG

師匠は四倍くらい釣ってた。
いきなれた釣りこそ、経験と技術の差が出る。
同じコトしてるのに・・・正直、くやしい。
でも食べるのには適量。

少しでも美味しく食べたいから、釣った魚は全て船の上で
絞めて、血抜きをし、時間がある時は内臓まで取ってます。
一月、釣った魚ばかり食べてると、これをするのとしないのでは
鮮度も味も全然違う事がアホみたいな釣り連チャンで分かった。

釣りしてるとき、
泳いでるとき、
料理してるとき、
自転車乗ってるとき、
食べてる時、

この時だけ無心になれる。
僕にとって釣りは貴重な生きる糧

JUGEMテーマ:釣り全般
 

深谷Dと釣行(仕事兼ねて)

超おもしろ釣り記という企画を
フラミンゴの竹森千人さんとやっています。
小学校から一緒で、仲間の深谷は深谷D(ディレクター)、
僕は宮谷P(プロデューサー)として参加しています。

水曜どうでしょうの釣り版みたいなのを目指しています。

・動画
http://www.youtube.com/view_play_list?p=5097BE584A08CD84


・blog
http://www.turiki.jp/

・twitter
https://twitter.com/turikinoki


土日、深谷Dと仕事相手で僕が勝手に「神の子ミーノ」と
読んでいるミノさんも誘って釣りに行ってきました。
このミノさん、年下なのにありえない仕事のできっぷりで、
モバイルのコトならミノさんは全てが神の領域なので、
勝手に神の子と心の中で読んでいます。

場所は館山、せっかく海が近いので晩御飯は海の物

定番のなめろう
DSC01171.JPG

なめろうは釣りに行った時は必ず食べます。

くじらのステーキ
DSC01170.JPG

館山は鯨が名物。
深谷Dが「鯨、食べたことない」と言い張るので頼みました。
鯨、大好きです。
深谷Dは「あー、豚肉だ!!」って言っていました。
悲しくなりました。

刺身
DSC01175.JPG

左奥でぼやけているのが「マハタ」
店主のおっさんが

「一切れ1000円するぞ、本当は。今日は特別につけてやった」

と言っていました。
このマハタ、後に深谷Dが見事釣り上げます。

翌日船に乗り、釣り開始。

さっそく飽きる深谷D(奥)
DSC01178.JPG

ものすごい飽きっぷり。
でもこの日の深谷Dはすごい。

・アジ15匹
・マハタ1匹
・カサゴ2匹

なんとこの日、船で一番釣った人に贈られる名誉

「竿頭」に!!

翌日のサンスポに深谷Dの名前が小さく載りました。
釣りは無欲がいいんでしょうか?

ちなみにこの日、僕は

・アジたくさん
・カサゴ1匹
・ヒラメ1匹

を釣りました。

釣果はこんな感じ
DSC01189.JPG

魚屋みたいでしょ!!
釣り、したくなりませんか !?

その日の朝に獲れた魚をその日に食べられる!!

こんな幸せはそうありません。
釣り、大好きです。
釣り、楽しすぎ

釣りの楽しみと言えば、もう一つ

船の上で食べたコンビニ飯
DSC01179.JPG

さんざん「添加物が恐い」「化学調味料を控える」と
のたまっておいて、舌の根も乾かぬうちに添加物と化学調味料の
オンパレード・・・

だってうまいんですよ!!船の上で食べるコンビニ飯!!

釣りって不思議と、やたらに腹が減るんです。
そんな時に海を見ながら食べるコンビニ飯、これ最強!!

海の上で食べるラーメン

みたいなもんです。
普段は食べなくても、釣り船だと無性に食べたくなる。
そして船の上だとなぜか最強にうまい!!

「うまい魚を食べて帰ろう、回転でも館山ならうまいはず!!」
「うまいはずだよ!!宮谷P!!行こうよ回転!!行こうよ回転!!」

深谷Dがあまりにもしつこく言うので、よく調べずに、
深谷Dにいざなわれるまま回転寿司へ。

DSC01180.JPG

鮮度にこだわりあり!!の看板
DSC01181.JPG

看板に「日本全国より仕入れた〜」って書いてある・・・
地魚じゃないの!?
館山まで来たのに!?

店内
DSC01182.JPG

タッチスクリーンとかあってテンション上がる。

かなり大きい店で、こんな大きな店初めて。
テンションがダダ上がりで撮った回る寿司達
DSC01185.JPG

北海道さんのサンマ・・・
DSC01186.JPG

一番美味しかったのは
カキフライ寿司・・・
DSC01187.JPG

せっかく新鮮な魚を釣りに来て、帰れば最高の魚が
食えるのに、なんでここに来てしまったんだろう・・・

最後は帰って友達呼んで、

・アジとカサゴの刺身
・アジのなめろう
・カサゴの潮汁
・アジフライ
・ヒラメの唐揚げ
・カサゴのアクアパッツァ
・アクアパッツァの汁でパスタ

を作って美味しくいただきました。

今日は昼ご飯にカサゴの潮汁とご飯を会社に
持って行って、雑炊にして食べた。
深谷Dにもあげたら

「何コレ!?超うまい!!どんな調味料入れたの!?味の素!?」

塩しか入れてねーよ。
殺してやろうかと思いました。

釣りって最高。
釣りを仕事につなげてみたい。

JUGEMテーマ:釣り全般
 

天然うなぎを食べてみたい!!その六

 料理の秘訣は"けじめ"をつけるコト。
僕の一番好きな芸能人(文化人?)、土井善晴さんが
よく言ってる。

何でもいいんだけど、その料理を作る途中の作業
一回一回にちゃんと"けじめ"をつける。
途中の作業一回一回でも、料理として味わえるように、
カンタンに味をつけてけじめをつける。

そうすると完成した時にすごく美味しくなる。
だって一回一回の作業の過程で美味しいんだから、
それが積み重なって美味しくない訳ない。

最近、仕事も人生も遊びも全部、この

"けじめをつける"

が何よりも大事だと思ってる。
より美味しくするためには"けじめをつける"。

中々思うように釣れないモノで、すっかり面倒になってしまった。
でも、これだけ情熱を傾けて天然うなぎで
遊んできたんだから、けじめをつけないと。

で、
天然うなぎ釣り二日目
DSC01141.JPG

夕方前のいい時間に出発。
この日も無理矢理、相棒のマスダを誘って自転車で出発。
うなぎ罠の回収に出発。

うなぎ罠こんなやつ
DSC01097.JPG

うなぎ罠を引き上げるも、あるのは死んだエサ(アオイソメ)のみ・・・
上の写真の右のやつ。
これがふやけて白くなってブクブクになってるの・・・
ふやけてブヨブヨ・・・orz
それも大量に・・・orz

あまりにグロかったので写真撮りませんでした。

しかもうなぎ罠、竹で出来てるから、死んだエサを川に
流そうにも引っかかって流れない!!

もう泣きたい。

天然うなぎ?
釣れませんよ、そんなもの。
幻ですよ天然うなぎなんて。

帰りに狛江で美味しいお好み焼きを食べて総括。

DSC01146.JPG

マスダ、明らかに不愉快そう。
そりゃそうだ。

「絶対釣れるから!!最強のうなぎを食べようよ!!

この言葉に乗せられて、31歳の貴重な土日を
釣れもしないうなぎのために費やしてしまったんだから。

川ではしゃぐ僕。

「マスダ!!蟹、見て!!大っきな蟹!!あ!!魚もいる!!いるねぇうなぎ!!!」

それを聞いてマスダ、ボソリと言った

「夏の終わりの"自由研究"かよ・・・」
「31歳が発表する『多摩川で僕が見つけた魚達』かよ・・・」

小学校三年から一緒のマスダとの絆に亀裂を作った天然うなぎ。
両膝を完膚無きまでに壊していった天然うなぎ。

これで止める訳にはいかない。
たぶんポイントが悪かっただけ。
まだまだシーズン、懲りずに挑戦する予定。

けじめはまだついていない。

今度は一人で行く事になるかもしれないけど・・・ヽ(´∇`)ノ

JUGEMテーマ:
JUGEMテーマ:釣り全般

天然うなぎを食べてみたい!!その五

釣れた時の準備は万端。
釣るための準備も万端。

相棒のマスダ(釣り初心者)と行ってきました、
自転車うなぎ釣り!!

釣りの全てを詰め込んだバックパックと自転車
DSC01092.jpg

これで約60キロ走りました・・・
マスダのヤツ、毎週100キロ自転車で走ってるから超健脚。
膝の悪い僕はとても追いつけない・・・orz
追いつこうとしてただでさえ良くない膝を更に痛めた。

バカ!!

貧脚な僕が、アホみたいに健脚なマスダにヒイヒイ言いながら
着いていって、一つ目のうなぎポイントに到着。

うなぎの罠の仕掛けポイント
DSC01094.JPG

うーん、いい具合に濁ってる。
初めてのうなぎ釣りだから、これが
いい具合なのかどうかは分からないけど。

うなぎの罠準備
DSC01093.jpg


アオイソメ(エサの虫)を罠に投入
DSC01097.JPG

えいや!!と投下
DSC01101.JPG

ちゃんと沈んだ
DSC01102.JPG

ちなみに、ちゃんとひきあげられるように、
こんな風に釣り糸で縛っています。
DSC01105.JPG

二つ目も近くに投下!!
DSC01108.JPG

この二つは明日の昼以降に確認に行きます。
うなぎ、獲れるといいな。

罠を仕掛けた後、もう本当にヒイヒイ言いながら20キロ以上走って、
ペットボトル釣法の実践場所に到着。
まだ初めてだから、どこがポイントだか分からない。
思いつきで場所を選んで仕掛けを設置!!

ペットボトル設置
DSC01116.JPG

結論から言うと、

・ハナダイ仕掛けは無駄
→アオイソメを付け替えるのが面倒&根掛かりする

・バイオワームは無駄
→まったく食われない

・ペットボトル釣法は最高!!
→カンタン、手間いらず!!

日没の18:30から初めて約3時間の釣り。

中々釣れない・・・

釣れた!!

何かが・・・
DSC01117.JPG

また釣れた!!

何かが・・・
DSC01121.JPG

またまた釣れた!!

何かが・・・
DSC01122.JPG

小さいので、瞬時に針を外してリリースしました。

こんな感じで時間が過ぎた、
マスダ!!

飽きてipadでゲームしてる!!
DSC01124.JPG

うなぎ釣りの現地での情報収集の為に持ってきた
ipad&ポケットwifi、マスダのゲームにしか約に立たなかったヽ(´∇`)ノ

合計五匹の外道(狙った魚以外に釣れる魚の総称)以外釣れず。

エサはどんどん穫られるのにウナギは釣れずヽ(´∇`)ノ

21:00、釣り終了・・・

こんだけ引っ張って釣れない!!

結論、
天然うなぎと真鯛は幻。
そんなものきっと、存在しない。

怒りの暴食開始。
蒲田近くの中華へ

四川餃子房
DSC01125.JPG

ここは大当たり!!
うまい!!
とにかく安い!!

蒸し鶏のネギしょうがソース掛け(480円)
DSC01127.JPG

けっこうな量なんですが、一枚食べてビックリ!!

下にも鶏肉が敷き詰めてある!!
DSC01128.JPG

しかもうまい!!
DSC01129.JPG

豚肉細切りみそ炒めネギ添え巻き、皮四枚付き(650円)
DSC01130.JPG

思ったより甘みが抑えてあって、独特なコクがあって
これまたうまい。
しかもこの肉味噌の量!!
包む皮は四枚なのにとても収まらない肉味噌の量。
半ライスを頼んでこの肉味噌乗せて、肉味噌丼にして食べました。


焼餃子(7コ350円)
DSC01131.JPG

単価にすると一個50円!!
しかも土用は100円引きの250円。
この餃子が、また、めちゃくちゃ美味い。

皮は自家製っぽい、モチッとした皮。
噛むと肉汁がジュー。
王将とか冷凍とか、いわゆる一般的な餃子よりも甘くない。
どっちかと言うと、小籠包のような感じ。
これで350円はない。
うますぎる。

鉄鍋餃子(400円)
DSC01133.JPG

これまた絶品!!
中の肉肉感がすごい!!

近所にあったらどんなに嬉しいコトか。

大衆的で心から美味しいお店に出会った。
マスダもご満悦。

うなぎの悔しさを忘れて帰ろうと思ったら、、
ない、
ない、

前を照らすライトが盗まれてる!!
DSC01135.JPG

大都会東京、恐い・・・orz

この後30キロ近く死ぬ思いで帰って、うなぎ釣れなかったから
更に暴食。

椎茸やらアゴやらで取っただし汁で直九ラーメンどか食い
DSC01136.JPG

うなぎ、釣れなかった。。。
明日のうなぎ罠に期待。
色々勉強になった。

そして、マスダの健脚のせいで膝を慰撫する
DSC01140.JPG

やめりゃあいいのに、
自転車はやめられない!!

そして夜明け。

東京のチベットと言われてるらしい・・・
すごい田舎感、全面畑
DSC01141.JPG

ついでに、ボロボロなのに
弱ってるのに、悲観を微塵も感じさせない
ボロボロちゃん
DSC01143.JPG

ごはんをあげたけど、決して懐かない。
気高さを勝手に感じてしまう。

果たして、うなぎ罠にうなぎはかかってるのか!?

正直、うなぎがいる気がしない・・・orz

JUGEMテーマ:
JUGEMテーマ:釣り全般

天然うなぎを食べてみたい!!その四

飲んだ時、釣り師匠(同級生)に言われました。

「大のうなぎ釣り、アフターケアだけは万全だな」

確かに・・・

完璧なタレは手間暇かけて作った。
七輪も炭火も用意した。

楽天で激安で釣られてでかいの買ってしまった・・・


後は釣れるだけ・・・

でも、

釣るための用意がまったく出来てない。
絵に描いた餅にならないようにうなぎ釣りに必要な
仕掛け(サオや釣り糸やエサなど)一式を用意しました。

僕が挑戦するうなぎ釣りのテーマは

「自転車うなぎ釣り」

フラッと自転車で出かけて天然うなぎを釣って帰ってくる

ロマンを感じませんか!?

フラッと自転車で天然うなぎですよ!!

だって免許持ってないんだもんヽ(´∇`)ノ
31歳なのにと言われるけど。
ないものはしょうがない。

車がない以上、必然的に自転車で運べる量でうなぎ釣りを
完結しないといけない。
考えに考えた、少ない頭で。
その結果、たどり着いたのがペットボトル釣法
詳しくはリンクを見てください。

ペットボトル釣り法、ペットボトルをサオの
代わりにするんです。

何でもないペットボトル
DSC01059.JPG

非常にコンパクト!!
しかも超安上がり!!

うなぎ釣りの方法の一つはペットボトル釣り法に決まりました。

でも、それでも釣れるか分からない。
というコトで、ネットで見つけた

うなぎの罠


を二つ買いました。
これも激安。
それに簡単。

川に落として翌日見に行くだけ!!

後はづいづいと写真で解説します(飽きたから)

ペットボトルと糸(500円)
DSC01053.JPG

ぐるぐる200回巻き付ける
DSC01060.JPG

なす型6号というオモリをつける
DSC01061.JPG

うなぎの仕掛け(うなぎ用の針)
DSC01062.jpg

141円でたくさん!!お得

オモリの部分と結ぶ
DSC01067.JPG

これで完成!!
後は輸送時に周囲を傷つけないように

針の部分をダンボールで保護
DSC01070.JPG

これで針が暴れても周囲を傷つけない
一つ作るのに約5分。
とってもお手軽。
この、正統派ペットボトル釣りサオを四つ用意。

今回はさらに、僕の海釣りの経験を活かしたいと思い、
ちょっと亜流、独自のアレンジを加えました。

ハナダイを釣る仕掛け(針)
DSC01068.JPG

一つの糸に針が三つもついてます!!
さっきまでの正統派のペットボトルサオは
一つのペットボトルに対して一つの針。

でも、この針が三つのハナダイ用の仕掛け(針)を
ペットボトルにつけたら、一つのペットボトルで三倍の針!!
一ペットボトルで三倍釣れる可能性が上がる!!
のでは・・・

と浅はかに思い、三本針のペットボトルサオ作り

やり方は同じ、針三つ
DSC01069.JPG

これもダンボールで保護
DSC01071.JPG

このオリジナルペットボトルを二本用意。
合計

・正統派ペットボトルさお×4
・オリジナルーペットボトルサオ×2
・うなぎの罠×2

こんな感じ
DSC01073.jpg

これに、釣れた時に持って帰る為の袋
DSC01079.jpg

うなぎが死なないようにエアポンプ
DSC01077.JPG

さらに、秘策のエサ
バイオワーク(人工的なエサ)
DSC01080.JPG

普通、うなぎはミミズやアオイソメというミミズみたいなモノで釣る。
うなぎは目が悪く、これらの臭いに誘われて釣られるらしい。
ならば、

人工的にニオイを強くしたこのバイオワームでも釣れるのではないか!!

と思い、一つ用意。

バックパック用リュックになんとか入った
DSC01083.JPG

後は釣りに行くだけ!!
DSC01086.JPG


土日でうなぎ釣りを試してみます。
ここまでやったら釣れるはず!!


JUGEMテーマ:釣り全般
JUGEMテーマ:
 

天然うなぎを食べてみたい!!その三

天然うなぎ釣りのための準備が一通り揃った。
今日の夜か、明日アップする予定。

おっと忘れてた。
こちとら95年からインターネットやってる。
ネット最古参だ。
ここでITを駆使しないのは名折れだ。
なんかの。

それに、ただ、
便利だし・・・

ipad&ポケットwifiでうなぎ釣りをしながら
分からないコトはネットで検索!!

ipad&ポケットwifi(ドコモ回線)


この二つさえあれば、極端な話、世界のうなぎ釣りの
あらゆる情報がiこのpadの画面の中に!!
僕の手中に!!

準備編や、釣れたら、食事編は明日以降。


JUGEMテーマ:
 

天然うなぎを食べてみたい!!その二

天然うなぎを釣って美味しく食べたい!!

天然うなぎ!!

その言葉の魅力たるやない。
だって天然うなぎの鰻重をお店で頼めば7000円位するらしい。
それに、そもそもめったにお店に出ないらしい。
つまり、食べたくても食べられない。
アブダビの皇太子が食べたいと思って1000万円出しても
すぐには食べられない。
だって天然モノのうなぎなんて手に入らないし、
仮に手に入れても、
日本からアブダビに輸送する間に味、確実に落ちる。

アブダビ皇太子が「食べたいから日本に行く!!」って言っても
日本に来てから食べるまでに時間がかかる。
だって、日本に来ないと行けないし、天然うなぎが
お店に来るのを待たないといけないし。

それが、自分で釣ったら食べられる!!

どんなにお金持ちのアブダビ皇太子でも

「天然うなぎの鰻重が食べたい!!金に糸目はつけない!!」

と言っても、
日本に来る渡航費を払って、鰻屋行って、天然うなぎを
所望して、、、
時間もお金もすんごいかかる。。。

でも、僕だったら、
釣り方を勉強して、タレや焼き方など、準備さえ
してれば釣るだけ!!

釣るだけ!!

どんなお金持ちも実現できないコトをカンタンに実現できる。
こんなに嬉しいコトはない。
そう思って

「天然うなぎで、最高の鰻重を作る」

僕はロマンを感じてしまって、ここ三ヶ月、
ずっと、天然うなぎを最強に美味しく食べるコトだけを
考えて生きています。


名店のレシピが載っていると言われる本を神田に
探しに行き、最強の濃口醤油を買いました。

あとは「たまり醤油」と「みりん」

自分史上最高の濃口醤油を揃えたんだから、残りの
たまり醤油とみりんも最高のものにしたい。

そう思ってネットで探したけど、

たまり醤油とみりんの美味しい基準が分からない!!

濃口醤油に関しては自分の中で本当に好きな丸中醤油を
選んだからいいけど、たまり醤油とみりんに思い入れがない!!

考えたあげく

「三年熟成しばり」

で選ぶ事にした。

僕の大好きな濃口醤油の丸中醤油は三年熟成。
だったらたまり醤油もみりんも三年熟成で一番いいモノにしよう。

で、買ったのが

三年熟成のたまり醤油
DSC00883.JPG

と、

三年熟成本みりん
DSC00885.JPG


これで天然うなぎのタレを作る事にした。

レシピは僕が神田で探し当てたうなぎの名店のタレの
レシピが出ている本。
細かい分量は本を書いた方々に失礼になるので書きません。

濃口醤油・たまり醤油・みりん
DSC00886.JPG

材料はこの三種類。
まずは

三年熟成のみりんを鍋へ
DSC00891.JPG

鍋に入れて強火
DSC00892.JPG

みりんが沸騰してきたら
DSC00893.JPG

アルコール分を完全に飛ばすために
高い所から落としてアルコール分を飛ばす
DSC00895.JPG

濃口醤油に続き、たまり醤油を入れる
DSC00919.JPG

こんな感じ
DSC00922.JPG

なんかおいしそう・・・
舐めたら実際、美味しい!!

さらに弱火で煮立ててアクが出るから
アクを取る
DSC00923.JPG

アクが取れるとこんな感じ
DSC00924.JPG

うまそう!!
実際舐めたら、まぁうまい!!
後は

ビンに入れて
DSC00926.JPG

タレ完成!!
DSC00928.JPG

うまい!!
ものすごく美味しい!!
名店のレシピをマネしただけあってすごく上品!!
これにうなぎの脂が入ったらもう・・・

いやぁ、正直このタレは相当うまいですよ。
時間とお金を惜しげなく費やしました。
それでもお店で頼む天然鰻重よりは安いです。

後は釣るだけ!!

僕が勝手に親友と思っている小学生からの幼なじみの
ダーマスさんとひょいっと釣って食べてみます!!

何よりも贅沢な事が釣りにはある
釣れたらね
釣れたらね

JUGEMテーマ:釣り全般 
JUGEMテーマ:料理
JUGEMテーマ:私の手料理
JUGEMテーマ:釣り全般
JUGEMテーマ: