子連れ台湾一、 子供(二歳)と行く海外の正解は台湾

ものもらいが治らないんですよ。
ものもらいが。
一ヶ月近く。。。

もう、なんか柔術とか行けないじゃないですか、
片目が異様に腫れてると。

「練習相手はこんなに目が腫れた人と
 練習したり、組んず解れつするの嫌だろうなあ」

って思っちゃうんですよ。

練習したいのに出来なくて、
そんな日々が一月近く、今、
ものもらいが破裂した!!

もう、どうしたらいいんだろう。

\(-o-)/

どうしたらいいんだろう。
常にこう思わせてくれるのは、
ものもらいだけじゃない。

 子供がいる。
二歳児がいる。
オムツはまだ取れない。
IMG_4290.jpg

「魔の二歳児」

って言われるくらい、
言う事聞いてくれない。

「自我に目覚めたゾォー!!オラッー!!!」

IMG_4196.jpg

って感じで自我に目覚めた感覚を
身体と心全体で感じ、楽しんでる感じ。
親の言う事なんて聞いてくれない。

だから、旅行とか、飛行機とか大変。

「つまらないィー!!!」
「動きたいィー!!!」
「大声出したいィー!!!」

とか、もう自我が大爆発してるのが二歳。
DSC06230.jpg

でも、旅行とか、家族旅行とか行きたいじゃない。
子供はかわいいんだけど、子供が生まれるまで
旅行できてたのが、いきなり行けなくなるのは辛い。

「そしたら何時まで旅行我慢しないと行けないの!?」

って話になる。

『魔の三歳児』って言葉もある。
二歳児でこれなのに、三歳児だともっと大変?
じゃあ、いつまで旅行を我慢しないといけないの?
って思う。
魔の三歳児はまだ体験してないけど、
魔の二歳児と行く海外旅行の正解、間違いなく台湾。

失効寸前のマイルがあって、ヤマベ(奥さん)と
「どうしようか」
って話してて、台湾に再訪。

何で魔の二歳児と行く海外の正解が台湾かと言うと、

「三時間で行けるから」

これしかない。
DSC05977.jpg

ギリギリ魔の二歳児が悪魔転生しないですむ時間。
工夫次第で。

大好きな絵本やおもちゃやアニメ、うちの場合は
おさるのジョージを見せておけば、一時間は持つ。
後、僕がやっているお笑いTV。
DSC05982.jpg

後はご飯食べてればワクワク。
一時間は持つ。
DSC05998.jpg

ふだん食べれない、お菓子がいっぱいだし。

正直、三時間、これがギリギリ。

四時間になると、このあと、
すっと昼寝でもしてくれないと勘定が合わない。
地獄のような一時間が機内に残る。。。
だから、正解は

「三時間で行けるから」

間違いない。

必然的に三時間で行ける海外に限定される訳。
そうなると、

台湾、韓国、中国、グァム

四カ国に限られる。

後は好みの問題。
家族が台湾が大好き、台湾。
それだけ。
DSC06148.jpg

魔の二歳児がいても行ける大好きな外国が台湾。
それだけ。

圧倒的な正義。
だから台湾。

前回はヤマベ(奥さん)の出張にヒモのごとくついていって、
今回は家族旅行で台湾に行ってきたんです。

くどいけど、
二歳児と海外楽しみたいなら、正解は台湾。
他知らないけど、台湾は間違いないよ。

ものもらいが治らなすぎて、
柔術に行けなさすぎて、
きっと弱くなりすぎてて、
せつなくてブログを久しぶりに書いた。

二歳児と台湾、最終日

 結論、台湾は二歳児に優しい!!

まず、何が優しいって近い。
三時間で着く。
DSC05749 (1).jpg

落ち着きのない二歳児には超大事。
三時間なら、おさるのジョージの映画版二本
見せたらお釣りが来る。

機内食食べて


おさるのジョージ見せてたら終わる。
DSC05562.jpg

なんて優しいんだ台湾。
それに、飯が二歳児に優しい!!

健康にいいかは知らんが、魯肉飯とか鉄板。
DSC05625.jpg

牛肉麺も鉄板。


日本の二歳児も大喜び。
これ嫌いな二歳児いないでしょ。

牛肉麺は帰っても作って好評。

(スープからタレから全部がんばって手作り)

最後に人が二歳児に優しい!!


結論、二歳児に台湾は優しい!!!
二歳児と行くなら台湾!!

二歳児と台湾を満喫しながらも最終日。
この日はヤマベ(奥さん)も仕事ないから、
ホテルの近くの花博記念公園にあるフードコートへ。
DSC05685 (1).jpg

牡蠣の卵焼きが食べたくて仕方なくて、
フードコートの店で注文。

牡蠣の卵焼き・・・違う
DSC05716.jpg

違う、そうじゃない。
こういうのが食べたかったの。。。

(ダイジュとトミウカと行った時の牡蠣の卵焼き)

妙にオシャレで、食感から何から全然違うの。。。
美味しいんだけど、料理は。
DSC05713.jpg

DSC05715.jpg

でも、こういうのじゃないの。
もっとジャンクというか、夜市的な・・・

貴重な最後の台北の食事をハズしてしまい、
後悔先立たぬまま空港へ。
空港のラウンジでリベンジ。

ラウンジとか、なんて贅沢なんだと思う。
さんちゃんに言われてがんばってANA便ばかり乗って、
色々行った副産物。
本当にありがたい。
何がありがたいって食べ放題、無料、しかも美味しい。

食べ放題
DSC05724.jpg

この電子ジャーみたいなのも
DSC05721.jpg

開けると魯肉飯!!
DSC05722.jpg

かけ放題!!
DSC05727.jpg

帰りの便も仕事を兼ねてANA
DSC05751 (1).jpg

僕らのお笑いがANAで流れるなんて、本当に奇跡。
生きてて良かった、続けてて良かったと本当に思う。

機内食も最高
DSC05753 (1).jpg

結論、二歳児と行くなら台湾。

柔術で出会ったあばれる君と、台湾で起きた僥倖に感謝。


二歳児と台湾三日目

ものすごい"ものもらい"に襲われて、痛みで寝れない。

目が大きいというか、ギョロギョロと顔から飛び出てる
せいで、他の人より目ん玉が空気に触れる面積が大きいせいか、
細菌とかのダメージを多く受けるからだろか?
三ヶ月に一回くらい"ものもらい"になる。。。

伝染らないけど、なんか衛生上良く思われなさそうだから
柔術にも行けなくなるしキツい。。。

キツいと言えば、
 キツい時は神頼みすら厭わないくらい嘆賞だったのに、、、
ちょっと楽になった途端、この始末。
喉元過ぎれば熱さ忘れるとはこの事。

まあ、二〜三年、お給料としてはお金を
もらってなかったから、
家族や個人の必要なモノも本当に買えなくて、
って言い訳はあるんだけど、小出しに

ニューバランスの靴買ったり、
チャンピオンのスウェット買ったり、
ipadminiに機種変したり、、、

本当に心根がダメなんだと思う。。。

二度と過ちはくりかえしませんから。
二度と繰り返さないために、売り上げや利益は
お笑いに全力で投資していきます。。。
嘆賞にそう思っていたのに・・・
(今でも強くそう思ってます)

台湾ではあんなに嘆賞だったのに、、、

台湾三日目、この日も二歳児と夜まで二人きり。
ホテルの近くに花博記念公園があるので、
動きたい盛りの二歳児にもってこい。
DSC05673.jpg

かなり広い敷地
DSC05674.jpg

ちょっとしたフードコートもある
DSC05685 (1).jpg

子連れで台湾行く人、ココは子連れに最高ですよ!!

ホテルとこの公園の近所にはビル丸々一棟、魯肉飯の店が
あって、入るのに勇気必要だけど、入ったら絶品

丸林魯肉飯
DSC05695.jpg

魯肉飯でビルが建つだけの事はある。
魯肉飯でビルってヤバい、なんせ魯肉飯なんて安いし。
それでビル建つなんて。

文章力が貧弱なモノで、この魯肉飯の美味さを上手く
伝えられないけど

「激安ジャンクフードの魯肉飯でビルが建つレベルの美味さ」

こう言えば、凄さが分かってもらえると思う。
なんせ、ビルが建つレベルなんだもん。

付け合せに苦瓜のスープ
DSC05696.jpg

苦い。

魯肉飯があまりにも美味しいから鶏肉飯も
DSC05697.jpg

魯肉飯のコッテリとは打って変わって、あっさり塩味。
るの方が好き。
胃が弱い奴は鶏肉飯食っとけ。

子供といながらも、気持ちに余裕がまったくなくて
ヒリヒリ、ヒリヒリしながらの日中。
ホテルと公園と丸林魯肉飯を何往復かで夕方に。
ヒリヒリしてて心ここにあらず。

「せっかく子供と来ているのに、何なんだ僕は」

と思っていたら、日本から朗報。
僥倖のメール。

ご臨終からハイテンション。
ほとんど躁鬱。

奇跡のような状況に。
例えるならロイヤルストレートフラッシュ。

色々なヒト・モノ・コトに感謝でいっぱいで
泣きそうになる。

夜はお祝いだ!!

僕は北京ダックが大好きで、
「北京ダックならいくらでも食べられる」

あばれる君にそう言ったら、
台湾北京ダックの名店を何店も教えてくれた。


一昨日飲んだ時も相変わらず口は悪いけど、いいヒト。

天厨菜館!!
IMG_3080.jpg

ヤマベ(奥さん)も仕事が終り、三人で。

葱餅
DSC05702 (1).jpg

思い出すだけでヨダレが出るサラダ
DSC05701 (1).jpg

北京ダック丸々一羽!!
DSC05704.jpg

皮だけじゃないの、肉も!!
DSC05707.jpg

日本の北京ダックより皮が厚いの
DSC05705.jpg

お祝いだから紹興酒も!!
DSC05699 (1).jpg

北京ダックのコースと紹興酒でお祝い
DSC05703 (1).jpg

贅沢してるように見えるでしょ?
でもね、この北京ダックのコースで4000円くらいなの。
二人で。
激安。

北京ダックが大好物で、一度でいいから腹いっぱい食べてみたくて、
念願の夢が台湾で叶った!!
ついでに仕事の夢も叶った!!
安いんだからお祝いしたっていいじゃない。

大満足で北京ダック食べたけど、やっぱり会社の仲間に
申し訳なくて、後日、渋谷にある天厨菜館行って
お祝いを関係者でした。
台湾と日本の
天厨菜館でどう違うか比べたかっただけなんだけど。

渋谷の
天厨菜館
IMG_3618.jpg

けっこう高いコース頼んだんだけど、一人この北京ダック
一切れだけ・・・
コースだからか・・・

台湾の腹いっぱいの北京ダックと比べると、ものすごく
物悲しい。。。
皮も薄い、美味しいけどお腹いっぱい食べたい。

天厨菜館は台湾で食べた方がコスパもいいし腹も膨れる。

結局、ヤマベ(奥さん)と二人ではとても食べきれず、持ち帰りに。
DSC05708 (1).jpg

ホテルで一人でガッツイて、三日目終了。

台北で丸林魯肉飯と
天厨菜館、間違いない。

台北で僥倖、この喜びはたぶん一生忘れられないと思う。
冗談ではなくて、お笑いのために全力で投資していくつもり。
そうしないと、また、同じ事になると思うの。
そうならないためには、お笑いに全力で投資していく事が
正解だと感じていますm(__)m

二歳児と台湾二日目

 人間、なんと現金なモノなんだろうか?
人間でくくったら失礼。
自分、なんて現金なモノなんだろうか?

ご臨終からハイテンション

7月は仲間の深谷と打ち合わせに行った後絶望。
お互い声もかけず無言。
一緒に会社戻るのも辛くて、

「ラーメン食べて帰るわ」

ラーメンの味しないのね、ショックの時って。


10月は

あー、死ぬな、これ、死ねる。
マジで終わるわ。


死んだりはしないけど、少なくとも今までの延長線上の
自分ではいられない、生き方から、働き方から、というか
仕事を変えないと生きていけないと思ってた。

それが、現金なもので、11月。

あ、大丈夫じゃん。
あ、すごいじゃん。
あ、なにコレめちゃくちゃ良いじゃん。

急に未来が開けて

安定と
安心と
進みたい道に進めそう

って事が分かった途端超元気。
あんなに毎日鬱屈としていて、小さなハゲまで作ってたのに。

ビックリするくらい元気。
こういうのって良くない。
小者感満載。
大物は絶望的な状況でも元気、超元気。

名前は大だけど大きくなれない、圧倒的な小者。

現金なくらい、前向きになれて、クソみたいなブログも
書く気が起きる。

でもさ、仕方無くない?

「フログ書いてます、会社潰れました・・・」

とか。

恥ずかしすぎるじゃん。

実際、会社が潰れるような事にはならないんだけど、
そのくらいの危機感だった。

それがこの良い状態。
ブログだって書いちゃうよ。

で、二歳児と台湾二日目。
ヤマベ(嫁)は朝から仕事。
台湾で二歳児と二人きり。
24時間の夜市が近くにあると聞いてたので、子供と
偵察、雨で閑散。
DSC05617.jpg

近くの店に寄って朝ごはん。
魯肉飯
DSC05625.jpg

牛肉麺
DSC05626.jpg

魯肉飯も牛肉麺も優しい味。
実際、どんな素材で、化学調味料満載なのかも、かもしれんが、
子供も食える美味しくて優しい味。

なに、僕らの母も祖母も僕ら以上に化学調味料と環境汚染の
中で生きてるんだ、長生きしてんだ、例え毒としても、
時には毒も必要。
毒も身に変えられるくらい強くなれ。自分も二歳児も。

朝ごはん食べて一度ホテル戻ったら雨が一時的に止んだから、
ホテルのそばの花博公園へ
DSC05622.jpg

子供は走り回ってるだけで楽しい
DSC05623.jpg

すごくいい環境。
ホテルも良ければ近くにこんなにいい公園がある。
今回のホテル、本当に最高。
子供連れは絶対にこのホテルにすべき、そんなホテル。

朝ごはん食べて、子供を公園に連れてっても、まだ11時くらい。
早起きの子供との一日はものすごく長い。

台北101に行く事にした。
子供に見せたい、あのデカいタワーを。
セレブ感満載なあの空間を。

後、台北101の近くには子供が遊ぶ屋内施設、
キッズパークがあるらしい、という事をネットで見た。
なんてたって二歳児、遊びたい盛り。
子供が思い切り子供らしく遊べる場に連れてってあげる事にした。

少しでも身体動かして疲れてくれるために・・・

疲れて早く寝てくれれば僕も寝れるし。。。
昼寝とかできるし。。。

打算。

でも、そんなもんだと思う。

台北101着いたら豪雨・・・
IMG_3032.jpg


豪雨
IMG_3031.jpg

台風みたいな豪雨
IMG_3033.jpg

台北101どころじゃない・・・

幸い子供は寝ててくれてるし、濡れてない。
緊急避難で台北101のカフェに入ったら、
相席でもない、二人がけ席、子供と僕二人の席に
中国の人が勝手に座ってきた!!
IMG_3035.jpg

お国柄の違いだろうか?
言葉話せないけど仲良くなったら中国本土、大陸の人みたい。
常識は違うけど、話すといい人。

緊急避難してから、台北101付近の子供の遊び場へ
DSC05630.jpg

この施設、靴下じゃないといけないの。
ここらへん、ちょっと日本と違うかも。

子供はいい、二歳児は。
濡れてないから。

問題は僕、靴、ビショビショ
DSC05638.jpg

靴脱ぐと、革靴の革の色が靴下に染み付いてて
超汚い\(-o-)/
DSC05639.jpg

この靴下で、こういう所にいると
DSC05647.jpg

靴下汚いのは僕だけな訳で、白い目で見られる・・・

といって靴下は脱げないし、
子供は「住み着いてやろうかっ」てくらい楽しんでる。

恥ずかしくてモジモジしてたら、台湾のお母さんが助けてくれた!!
日本語で!!

「クツシタ買えますよ、ココデす」

台湾最高!!
人が最高!!
お母さん最高。

靴下、売ってますよ、台湾に子連れで行ったお父さん、お母さん!!
DSC05640.jpg

晴れて堂々と子供をキッズパークで遊ばせる。

後、ここのキッズパーク最高。
子供向けのご飯も充実。
IMG_3037.jpg

二歳児は台湾風チキンライスとポテトに舌鼓。

一通り遊ぶと理想の16時。
台湾101の鼎泰豊が空いてそうな時間!!
有名な小籠包の名店。
あばれる君も

「有名だけど、一度は食べて損ないですよ、皮が薄いんですよ、
鼎泰豊の小籠包は」

何!?

皮が薄い!?

小籠包て、何か、溢れ出るスープじゃん、注目するの。

正直

「鼎泰豊、行った事ないけど、有名すぎるし、あれでしょ、
 名物に旨い物なし的な感じじゃない?」

て斜に構えてたんだけど、
あばれる君のおすすめポイントは皮。

スープ、肉汁ではなく皮、意外性にまんまとハマって
子供と鼎泰豊。

16:00並ばずに入れた!!
あばれる君のプレゼンで心動かされた小籠包
DSC05653.jpg

確かに皮が薄い!!
いやぁ、旨い。
これは本当に旨い、斜に構えないで食べる価値あるよ。
イクラみたい。
プチっと薄皮が破れると汁が溢れ出る。

トリュフかなんかの小籠包も
DSC05652.jpg

間違いなく旨い。
青菜炒めと
DSC05651.jpg

ジャージャー麺
DSC05650 (1).jpg

ジャージャー麺、ずっと、母が主に夏に作ってくれてて、
それが、マザコンよろしく、美味しく母の味で、
とにかく旨いから、わざわざ外で、お店で食べたいと
思わなかったんだけど、ここは本場中華民国、台湾。

「本場てどんなモノかしら?」

と思って食べてみた。
思った以上にアッサリ。

絶品の小籠包もジャージャー麺も食べれて満足
DSC05649.jpg

満足してたら、そこは魔の二歳児。
何故か激烈二歳児の機嫌が悪くなり、
小籠包も舐めるだけ\(-o-)/
DSC05654.jpg

食べないの。
なんてもったいないんだろう。

僕が二歳の頃、小籠包なんて日本になかったし、
二歳で外国に行くなんて想像もつかなかったし、
父親すらいなかったし。

何が不満だ二歳児よ!!!

ジャージャー麺と青菜炒めを食べ、小籠包は
舐めるだけ、舐め。
キッズパークで遊んだから疲れたみたいで
二歳児は狙い通り早々に就寝。

僕は腹の虫が収まらなくて、ホテルのそばのお店で小籠包!

DSC05660.jpg

汁が出る系ではないけど旨い!!
台湾は何から何まで最高。

子供にも本当に優しい。

次の日も僕は子守。
二歳児と二人きりの台湾は続く。

まあ、こういう危機的な状況は生きてれば絶対にまた来る。
僕は一喜一憂するポンコツだ。
次に来る危機、いつか分からないけど、乗りきれる自信が全くない。
だからこそオザキにはがんばってもらいたい。

二歳児と台湾

仕込んでいた試みがやっとカタチになる。

提案してからOK出るまで三ヶ月。
OK出てからスタートまで二ヶ月。
基本的には待ち。
ずっとヒリヒリ。

やっとカタチになる。

さらに、ずっと改善を試みていた事が
新たな開発パートナーさんのおかげでカタチになってきて、
打ち上げしてもらってきた。

嬉しくて仕方ないはずなのだけど、このタイミングで
仲間の別にどうでもいいハズの事がどうしようもなく、
頭に引っ掛かって、引っ掛かりすぎて、
眠りたくなくてつらつらと。
くだらない事こそ、頭にこびりつく。

くだらない事考えてるなら仕事しろって話。

飲んだ時、あばれる君によくなじられる。

「宮谷さーん、ちゃんと仕事してくださいよ、いい大人なんだから」

本当にそう思う。

あばれる君、通称あばれる君。
柔術で出会った。
お酒も飲めるし、馴染みやすい人なので(口は悪いが)
毎週のようにトミウカと共に飲んでは、
字の汚さや貯金のなさ、車の免許のなさをなじってくる。
IMG_2839.jpg

あばれる君、口は悪いけど、いい人で(口は悪いけど)

「ヤマベ(奥さん)の台湾出張に子守要員として付いていく」

と話したら

「あー、僕、仕事柄台湾30回くらい行った事あるんでオススメの
 店、ピックアップします」

と、丁寧にあばれるガイドを作ってくれた!!


超いいやつ!!
紙、速攻で無くしちゃったけど・・・(画像は撮っといた)

ヤマベの台湾出張の付き添い、子供子守要員として台湾に
行ってきたんです。
今日から始まる仕事が実現するか分からない、
待つ事しかできないヒリヒリした中、
行ってきたんです、ヒリヒリを抱えながら。
今回の台湾は完全に子守、子供のための台湾。
テーマは

『二歳児と楽しむ台湾』

どうせヒリヒリしてるんだし、ひとり旅のような自由も
ないんだし、どうせなら思い切り二歳児に
集中してみようかと思った。

人が多い台湾での移動を想定し、子供用背負子を用意。
IMG_0454.jpg

国内で何度か慣らし運転。
台湾で子供が嫌がって乗らなかったら地獄だから。
幸い慣らし運転のおかげで気に入ってくれて羽田空港へ


ラウンジ最高。
取り放題で
DSC05541.jpg

カレーも
DSC05543.jpg

蕎麦も
DSC05544.jpg

これら全部タダ!!
IMG_2998.jpg

テンション上がる。

結婚する前に、海外ひとり旅をしてみたくて仕方ない
中二病になって、アホみたいにANAで海外に行って本当によかった。
お金は失ったけどラウンジの食べ放題を得た。

子供のための付き添いとは言え、僕は大人の男だ。
仕事の事だって考えている。
2月からANAの国際線の機内プログラムにお笑い番組を
提供しているんだけど、今回はじめてこの目で確認できた!!

機内の端末にお笑いTVがある!!!
DSC05555.jpg

すごい!!
DSC05556.jpg

江戸むらさきさん!!
DSC05558.jpg

ちゃんと配信されてる!!
DSC05559.jpg

飛行機の機内での配信は会社作る前からの夢だったので、
夢が叶った。

しかも大好きなANAで。

都内のインディーズのお笑いライブに家庭用カメラ持って
撮りに行ってた学生が、ANAの機内プログラムに、感無量。

感無量の僕をよそに子供は外を見入る。
DSC05570.jpg

お笑いにも僕の仕事にも興味なし。

ANAの機内食は子供にも嬉しい
DSC05574.jpg

機内食大好き、強がりじゃなくてエコノミーの機内食が大好き
DSC05578.jpg

お笑い番組確認して、機内食食べたら台湾、あっと言う間。

台湾着いたら真っ先に屋台で麺
DSC05593.jpg

牛肉麺、何か作れそうな気がして、日本に帰ってからも何度も作った。

水餃子
DSC05592.jpg

子供も満足。


台湾着いたら、さっそくあばれる君のオススメのシンイエ。
DSC05606.jpg

「屋台グルメばかりじゃなくてちゃんとした中華を食べてみたい」

という僕の要望からあばれる君が選んでくれた店。

何よりも感動したのがチャーハン!!
DSC05599.jpg

けっこう大きめに刻んだニンニクがゴロゴロ入ってて、
味も独特のコクがあって、正直最高に美味かった。
こんなチャーハン初めて。
あまりチャーハン食べる方ではないけど。

名物の角煮も
DSC05598.jpg

イカ団子も
DSC05604.jpg

店員さんに聞いたオススメのイカの何とかも
DSC05603.jpg

絶品。
台湾の本格中華、シンイエ、すごい。
あばれる君、ありがとう。
紙をなくしてすまない。

ホテルもあばれる君のアドバイスを参考にしたら
すごく良かった。
屋上が庭になってるし、何せ人が優しい、日本語も通じる。


次の日からはヤマベは仕事でいない。
僕と二歳児、二人きりの台湾、台北。
たぶん続く。



今日は開発パートナーの人達に打ち上げを
してもらったんだけど、その人達がストイックに
炭水化物抜きダイエットしてた。

台湾の画像、改めて見たら炭水化物だらけだ。
痩せない訳。

最初で最後のANAビジネスクラスと暴飲暴食

 マレーシア、仕事というくくり、しかも緊急。
自分のマイルを使って取れたのがビジネスクラスしかなかった。

たぶん人生で最初で最後。

悲しい事言うな。

でも、正直、強がりじゃなくてエコノミーの食事の方が、

『飛行機に乗ってるゾ!!!」感がある。
DSC00456.jpg

強がりじゃなくて、食事はエコノミー。

エコノミーには飛行機に乗らないと食べれない感があって、
飛行機好きの僕には合ってると思った。
駅弁と同じかなぁ。

電車で高級ディナーが出てきたら嬉しいけど、
駅弁て、また違う魅力あるじゃん。
駅弁独特の、

小さなスペースにどれだけその土地の
旬や魅力を詰め込むか。
みたいな。

飛行機のエコノミーもそうだと思うの。
DSC01122.jpg

限られた予算の中で、どれだけそのエアラインと
出発する国の特色を出すか。

だからはっきり言って食事はエコノミーが好き。
飛行機が好きだから。
DSC02703.jpg

帰りの飛行機、もちろんANA。
シャンパンだって飲み放題。
DSC05446.jpg

ラーメンだって食べれちゃう
DSC05447.jpg

なんかもう、コース
DSC05457.jpg

こういうの
DSC05458.jpg

こういうの
DSC05462.jpg

こういうの
DSC05463.jpg

スープだってすごい
DSC05464.jpg

美味しい。
美味しいんだけど、お金を出せば
地上でも食べられる。

でも、エコノミーは違う。
どんなにお金を出しても地上では食べられない。
飛行機に乗らないと食べられない。
DSC00895.jpg

座席はそりゃリラックスできるよ。
DSC05473.jpg

まあ、ビジネスクラスを自慢できるような
誇れるような仕事ではなくて、

『謝りに行く仕事で何やってるんだこいつ』

て話。
でも、飛行機が大好きだから
飛行機が大好きだから
10年マイル貯めたから、、、

一回やってみたかったんだ。。。

自分の失態の報告とお詫びの為のマレーシアなのに
ビジネスクラスに乗ったのは、もう勝手に自分の中で
解決するとして、

マレーシアでは、ササキさんに誘われて、ボランティアした。

マレーシア、すごい洪水だったみたいで、
一緒に積み荷の手伝いした。
IMG_1616.jpg

IMG_1603.jpg

ボランティアなんてガラでもないけど、子供生まれてからか

「現地ではオムツがなくて赤ちゃんとお母さんが困ってる」

と聞いて、人事じゃなくなってしまった。

オムツないて、地獄だよ。


お母さんも赤ちゃんも地獄だよ。
それに、伝染病の危険性もあるし。

どうせマレーシアで他にする事もないし、
ボランティアした。

Tシャツもらって、素直に嬉しかった。
DSC05298.jpg

今頃はどうなってんだろう、マレーシア。
復旧、復興してたら素直に嬉しい。

こんな嘆賞な事言っといて、次の日からは
観光と暴飲暴食。
人間て本当に学ばない。。。
DSC05357.jpg

こういうところで
DSC05344.jpg

こういうのばかり食べてた
DSC05345.jpg

すごく美味しいの
DSC05281.jpg


麺も美味しい!!
DSC05381.jpg

パクチーもたくさん!!
DSC05365.jpg

散々暴飲暴食して、贅沢にも生意気にビジネスクラスで帰ってきたら、

787!!


子供はすっかり僕を忘れてました!!!


毎日送り迎えしてるのに!!
まあそんなもん、父親は。

ダイジュとれいちゃん、心からおめでとう!!

半年くらい前の事だから、いい加減にマレーシアおしまい!!!



オジサン修学旅行。名古屋から大阪

 社員全員で出張と言っても三名。
しかも幼なじみだけ。

「友達同士の会社は絶対潰れる」

そんな定説があるけど、
どうだ続いたぞ10年。
この先どうだか分からないけど。
10年続けば立派だろう、どうだ続いたぞ10年。
友達だけで。

幸い、来年以降はもっと良く出来そう。
前向きな気持ちになれる状態を作れた。
鍵を握る名古屋も、この仕事とまったく関係ない
あっちゃんを連れてったおかげで、
最高に幸先いい。

生の餃子を生のままほおばるあっちゃん
DSC04056.jpg

周囲から「生き別れの兄くらい似てる」と言われるくらい似てる、
友達のお笑ライターのラリー遠田さんと飲んだとき、

「僕たちみたいな自由な生き方を選んだ人は、
 この生き方する限り、一生、こういった不安と共にあるんですよ」

て言ってたけど、そのとおりだと思う。
自由と一緒に自由でいるために、時にものすごいヒリヒリ感を
受け入れないといけないのかなあと思う。

幼なじみ三人で名古屋行ってキックオフ飲みして、
名古屋飯を食い倒れるオジサン修学旅行、翌日は大阪。
この仕事、大阪も超重要。
今年はこのためだけに四回大阪行った。

まあ、重要と言っておきながら、自転車持って行って
お伊勢参りとかしたけど・・・
DSC03667.jpg

朝起きて、ダブルベットのあっちゃんとフカタニDを
起こして、名古屋駅にキップ買いに行ったら、あっちゃん、

「あー、俺、もう帰るわ」

え?
大阪は?
まだ朝10時だよ、せめて昼ご飯食べていこうよ。。。

「朝ご飯、コンピにのおにぎり食べたし、もういいや、帰る」

そう言うあっちゃん、踵を返して改札にスタスタ。
帰っちゃった。。。。

ポカンとする僕とフカタニD。
まあ、大阪もあっちゃん関係ないし。
それにしても味噌煮込みうどんを食べないで帰るなんて
なんてもったいない。

僕らの仕事は基本、全部東京で事足りる。
名古屋なんて、めったに来れない。
めったに名古屋来れないのに、まだ味噌煮込みうどん
食べてない。
山本屋の味噌煮込みうどんを食べないと
死んでも死にきれない。

フカタニDと山本屋がオープンするまで、
スタバで仕事のフリしながら待機。
IMG_0240.jpg

山本屋がオープンして、注文しようとしたら、

店員さん
「打ち粉にそば粉を使っているので、そばアレルギーありますか?」

あるよ!!
そばアレルギーだよ!!
だからなんだよ!!
こっちはわざわざ名古屋まで来て、
山本屋食べたくて並んでんだよ!!
ていうか、なんでうどんでソバなんだよ!!
なんでうどん食いに来てソバアレルギー
気にしなきゃなんないんだよ!!

まさかのソバ粉のカウンター喰らい、狼狽しつつも
ここまで来て引き返せる訳ない。
あんなうまいモン、ここまで来て諦めるなんて
死んでも死にきれない。


「大丈夫です・・・」

ウソついて注文。
まあ、顔と背中、腰がかゆくなって喉が腫れるくらいで
全然大丈夫なんだけどね。
かゆいのと話づらくなるのさえ我慢すれば
全然大丈夫なんだけどね。
大丈夫・・・じゃない・・・か・・・orz

死んだりするレベルじゃないから自己責任。
なに、倒れるときは店の外で倒れるよ。

来た!!
IMG_0241.jpg

山菜味噌煮込みうどん!!
DSC04122.jpg

もう、麺のコシがすごい。
コシっていうより、もはや芯。
固さと味噌の濃ゆさ、鳥ダシがたまらん。

名古屋来て、これ食べないヤツはもぐり。

念願の味噌煮込みうどん、満喫して、
大阪向かって、打ち合わせ。
打ち合わせうまく行ったから、フカタニDと
小さな打ち上げ!!
ハイボールで乾杯!!
駅地下でたこ焼き
DSC04125.jpg

たこ焼き
DSC04124.jpg

明石焼き、おかわり
DSC04123.jpg

大阪堪能。
この後、新幹線で東京帰って、ジムで
オザキと柔術の打ち込み。

修学旅行して、打ち合わせして、食って、飲んで、帰って打ち込み。

最高。

次の日、会社に行ったら、あっちゃんが名古屋にいた
時と同じ服着たまま死んでた
DSC04126.jpg

でも、今回はあっちゃん大活躍。

オジサンの修学旅行。 名古屋めし食い倒れ

 今年は本当に「死ぬんじゃないかしら」ってくらい
色々とありすぎて、特に悪い事が堰を切ったかのように
押し寄せてきて、精神薄弱な僕としては
もう目も当てられないくらい
オロオロしてたんだけど、復活。

むしろ復活以上。
ありえないくらいイイ状態になった。
これから始まるけど、ありえないくらい
良い状態でのスタート。
この急展開、今年は本当にすごい。
本当に運と人には恵まれてると我ながら思う。

急展開のきっかけになって、来年一年の
僕たちを決定づける仕事の相手が名古屋。

やっぱり思ったんだけど、飲まないとダメ。
大事な仕事は特にそう。
うまくいった仕事はもちろんだけど、
結果、うまくいかなくても納得がいく仕事って、
たいてい仕事相手と飲んでる。

10年会社やってて得た貴重な教訓。

『大事な仕事は相手と飲もう』

マジで。
相手の人となりに触れ、こちらの人となりも知ってもらう。
これはもう一緒に飯食うのが一番。
ここで得られる微妙な信頼感があるかないかって、
ものすごく大事。
10年かかって分かった。

て訳で、キックオフ飲み(仕事とか事業のスタート時に相手と飲む事)を
名古屋でしてきました。

今年の急展開のきっかけかつ、来年一年を決定づける、
ってくらい大事な仕事、大事な相手なんだから、
そりゃあもう、

社員全員で名古屋に飲みに行く!!!

小学校から一緒のあっちゃんとフカタニDと名古屋。
小学校から高校まで一緒だった二人だから、出張って
言うよりも、ただのオジサン達の修学旅行。
DSC04116.jpg

テンションダダ上がりでお寿司と
DSC04110.jpg

牛タン弁当に別の店の一口カツトッピング
DSC04112.jpg

東京駅出たとこにあるデパ地下の店だと、
牛タン、その場で焼いてくれて超うまいんです。

今回、すごいと思ったのがさすがみんな大人。
弁当食ったらみんな仕事始めるの。
DSC04117.jpg

こういうの、地味に頼もしい。

名古屋ついて、打ち合わせして、ものすごく
打ち合わせうまくいって、キックオフ飲み。
飲みながらお互いの紹介。

・この人は(あっちゃん)戦国IXAに300万円以上つぎ込んでます。
・この人は(あっちゃん)月に2度しか家に帰りません。
・この人は(あっちゃん)服を週に一回から二回程度しか着替えません。
・この人は(あっちゃん)生で餃子を食べます。
・この人は(あっちゃん)お金が無くて紅茶をタバコにして吸います。
・この人は(あっちゃん)ニプレス代わりにガムテープを胸に貼ります。

あっちゃん


あっちゃんを連れてきて本当に!!本当によかった!!
あっちゃんはこの仕事、まったく関係ないんだけど、
面白いからって理由だけで連れてきて本当によかった!!

あっちゃんの話をするだけで笑いが場を包む。
僕らの事もたぶん、たぶんだけど好きになってくれるはず。
だって、こんな人と10年以上一緒に仕事してるんだよ、僕ら。
ただ者ではない感は伝わるはず。

先方の人となりにも触れられたし、たぶん、たぶん、
僕たちを面白いと思ってもらえたし、大満足でホテルへ。
あっちゃんにはご褒美にフカタニDと同室でダブルベッドにしてあげた。
二人は喫煙者だから同室、でご褒美にダブルベッド。
IMG_0235.jpg

二人はホモじゃない。
二人は小学校からの幼なじみで、同じ仕事仲間であり友達。
僕はタバコ吸わないから、禁煙室。
二人とも彼女いなから、二人で同じベッドで寝たら、
間違いも起きるかも。
ダブルベッドの部屋で何でか知らないけど、ものすごく二人は怒ってた。

怒る二人と夜食食べに。
キックオフ飲みが、今度の仕事がうまくスタートできる事を祝っての飲みに。
名物食べ尽くし。

どて煮
IMG_0236.jpg

味噌カツ
IMG_0237.jpg

手羽
IMG_0238.jpg

あんかけパスタ
IMG_0239.jpg

お酒も入って、仕事も最高のスタートが出来そうだし、
今年大変だったし、さすがに少しは感傷的になりますよ。
しみじみと三人で今年の事、来年の事を飲もうと思って、、、
話してたら、あっちゃん、スマホで黒猫のウィズしてる・・・

人が感傷的になって話そうとしたら横でゲーム!!

しらけてしまって早々に退店。

怒りの台湾ラーメン。
名古屋名物台湾ラーメンてのを食べたくて。
明日は大阪、名古屋飯もあまり食えないから、
台湾ラーメン探して深夜徘徊。
見つからなくて、怒りのセブンイレブン。
セブンイレブンにあった・・・
DSC04118.jpg

ホテルの部屋で一人台湾ラーメンで〆る。
DSC04119.jpg

甘辛で美味しかった。
次は絶対、お店で食べたい。

あっちゃん連れてきて本当によかった。
翌日は、あっちゃんを東京に帰し、
僕とフカタニDは大阪で打ち合わせ。

あっちゃん本当に、ただご飯食べに来ただけ!!!



自転車の旅四 渥美半島サイクリングロード

 自転車の旅最終日、一番の山場。
渥美半島の一番先っぽからサイクリングロードで浜松まで。
70キロの旅。

でも、起きた時点で既にケツが火を噴いている。
昨日、たった20キロ乗っただけでケツに火が。
70キロも走れる訳がない。
ていうか、もう帰りたい、電車で。
自転車ぶん投げて。
渥美半島の先端にいる。
渥美半島には電車が走ってない・・・
嫌でも自転車乗るしかない・・・
もう自転車の顔なんて二度と見たくない。

自転車の顔が見たくなくて、ホテルの向かいのビーチに逃避行
IMG_1079.jpg


何が悲しくていい大人が炎天下の中、ケツが痛いのに
70キロも走らなきゃいけないんだ。
完全に自業自得、逆恨みなんだけど、ものすごい不愉快な
気持ちでビーチで朝ご飯。
DSC03766.jpg

僕だって海できゃっきゃしたいんだ。
でも、そんな事してると帰れないんだ。

泣きそうになりながら、自転車にまたがり、浜松方面へ。
走り出すと臭いの。
畜産の臭い。
牛や豚、鳥、そしてたい肥の臭い・・・
けっこうずっと臭いの・・・
ケツは痛いし臭いし・・・
DSC03768.jpg

走り出してすぐ、あまりの痛さと臭さに
完全に心が折れて、メロン
DSC03770.jpg

メロンジュース
DSC03771.jpg

渥美半島、メロンが名産、安くて美味しい。
DSC03773.jpg

こんな痛みと臭いが続くなんて、無理だ。。。
妥協した。

最終目的地、浜松から豊橋へ変更!!
70キロから半分の30キロ!!
浜松なんて遠いとこ行ってられん。
豊橋だって30キロあるんだ。
妥協じゃない、勇気ある撤退だ、これは。

走り出してすぐに目的地をかなり手前の豊橋にした。
それでも30キロ以上は走らないといけない・・・

走ってたら、5年前暗くて行けなかった
サイクリングロードみつけた!!
DSC03774.jpg

坂降りたらサイクリングロード!!
横は海!!
DSC03777.jpg

ていうかなにより臭くない!!!
こんな風景が続く。
DSC03781.jpg

サイクリングロードとしては最高。
気分、少し良くなるも、ケツの痛さで
すぐまた嫌な気持ちになる。。。

サイクリングロードも終わって、疲労困憊しながら
休憩場所で海亀見つけた
DSC03785.jpg

生ウミガメも初めてかもしれない。
道の駅があった・・・
DSC03787.jpg

道の駅ってなんだよ!!
電車来んのかよ!!
来ないんだろ!!
駅名乗んなよ!!
こっちは自転車なんてやめて、
一刻も早く電車で帰りたいんだよ!!

自転車で豊橋に行くことすら妥協したいのに、
駅って書いてあるのに電車走ってない。
強制的に自転車で行くしかない・・・

道の駅がこんなに憎いと思ったのは生まれて初めてだ。
泣きながら走るとやっと豊橋
DSC03788.jpg

豊橋名物の店見つけた
DSC03789.jpg

豊橋名物、カレーうどん
DSC03790.jpg

頼んだのはカツカレーうどん。
一見するとただのカツカレーうどんなんだけど
DSC03791.jpg

丸いのはうずらね。
丼の上の方は確かにうどん
DSC03792.jpg

でも、丼の下には
とろろ&ご飯
DSC03794.jpg

カレーうどんの下にとろろ、さらにとろろの下に白米
それが豊橋カレーうどん。

一度にカレーうどんもカレーライスも楽しめるって訳。

食べた感想。

「カレーとろろご飯・・・」

名物に美味いモノなし・・・

あえて一緒で無くてもいいと思ったけど、
ボリューミーだし、名物はこれでいい、これがいい。

何だかんだで、この旅、いろいろ名物楽しめた。

・伊勢餃子
・伊勢まぶし(うなぎ)
・カキフライ(伊良湖は貝が名物)
・メロン
・カレーうどん

ただの食べ歩きの旅だった。
食べ歩きを堪能しつつ、泣きながら走るとやっと豊橋
DSC03795.jpg

もう自転車なんて見たくも無い。
DSC03796.jpg

愛しさ余って憎さ百倍。
ていうか、あまり愛はない。
ケツを痛くする拷問器具としか思えなかった。
車輪見たら、パンク寸前
DSC03797.jpg

よくがんばってくれたと思う。

チースッおつかれっす
DSC03798.jpg

こんな重いものを担いで帰るなんて想像できない。
自転車好きには殺されそうだけど、
宅急便で送ることにしたヽ(´∇`)ノ
DSC03799.jpg

バイバイ愛車。
自宅で待ってるね。

自転車がないだけで超気楽!!
銭湯だって入っちゃう
DSC03802.jpg

地元の銭湯で汗を落として、新幹線で一杯
DSC03804.jpg

手羽先は名古屋の名物。
本当にただの食べ歩きの旅だった・・・

今回の旅の唯一の収穫は、膝が大丈夫だった事。

5年前に自転車乗りすぎて、両膝壊して、
しかも右膝の一部が壊死してるんだけど、
特に違和感なく自転車乗れた。

「また自転車乗れるんだぁ」

5年前、膝痛めた時の自分なら飛び上がるほど
嬉しかっただろうけど・・・

今の僕
「ふーん」

お尻が痛すぎて、自転車にまた乗れる感動よりも、
自転車のケツへのダメージの方が大きかった。

でも、輪行(自転車で電車とか乗る事)もできたし、
自転車も乗れたし、ジョジョに慣れていって、
ちょくちょく乗るようにしよう。

お尻痛くなるけど便利だよ自転車!!

自転車の旅三 伊勢→鳥羽→伊良湖半島

 自転車で行ったのが完全に失敗。。。
お伊勢参りをすませ、颯爽と鳥羽へ。
たかだか20キロ、楽勝のはず。

天気も最高
DSC03719.jpg

ちょっと走ってりゃもう後・・・
DSC03721.jpg

字が消えてて見えない。
気持ちいいんだけど、徐々にお尻がヒリヒリしてきた・・・
DSC03722.jpg

本格的に走るの五年ぶりくらい。
お尻の皮がすっかり薄くなってるみたいで、
固いサドルに座るだけでケツが火を噴く。
もうヒリヒリして痛くてしかたないの。
痛くて座れないから立ち漕ぎ。
でも、立ち漕ぎで20キロも走れる訳も無く、、、
座っては激痛で立ち漕ぎ、
立ち漕ぎ疲れて座っては激痛、
無限ループ・・・

山間でついに自転車をぶん投げる
DSC03723.jpg

ぶん投げたところで、辺りに人影も民家も、
ましてや電車なんて走ってない。
自分でなんとかするしかない・・・
(自転車投げたりしないす、比喩です)

走るしかない・・・
まるで、大根下ろしでケツを摺られてるような乗り心地・・・
それでも走るしかない・・・

最初はこの日のうちに浜松まで行って、翌日の朝練に
間に合わせようと思ったけどもう妥協、すぐ妥協。
もう今日は一番近い町に泊まろう。

朝練よりも妥協に妥協しない事を選んだ。

ケツの痛みに泣きながら立ち漕ぎで走ってると、海、見えてきた!!
DSC03724.jpg

あの懐かしい鳥羽の町!!
DSC03725.jpg
三回しか来た事ないけど。

宿探したけど、鳥羽は高いからフェリーで愛知県、
伊良湖へ行く事にした。
DSC03729.jpg

見て!!
免許のない僕がフェリーでは自動車扱い!!
DSC03730.jpg

気分はまるで免許保有者!!大人!!
自転車はフェリーでは車扱い!!
DSC03732.jpg

免許がないまま34歳。
無免許仲間のダーマスさん言ってた。

「無免許、カッコイイじゃないですか、ブラックジャックみたいで」

感心した途端、嫁さん

「あれは医者の無免許だからカッコいいの!!
 ただ、勉強も何もしてないただの車の無免許のどこがカッコいいの!!」

沈黙・・・

どうだ、免許なくたってフェリーでは自動車扱いなんだ。
無免許はこんな事でも喜べる。
だって免許ないから。


DSC03737.jpg

一時間ちょっとでフェリーは渥美半島の先っちょへ


中央にあるホテルが今日の宿。
完全に心が折れて、浜松どころか豊橋行きすら断念。
まだ午後で早いのに、楽天で見つけた宿に妥協。
ポイント使って4000円で宿泊。

ブラックジャックと同じ無免許な僕、
フェリーで伊良湖に上陸
DSC03745.jpg

ホテル、部屋からの眺めが素晴らしい
DSC03748.jpg

目の前はビーチ。
これで一泊4000円。
喫煙ルームだったからちょっと香りが匂うだけど、そこは愛嬌。
4000円だと、素泊まり。
でも、ホテルのご飯より地元の食堂のご飯の方がいいから好都合。
すぐに夕食探し。

気になった店は
DSC03749.jpg

ヤン車が・・・
ご飯はゆっくり気兼ねなく食べたい。

一番気になった店へ
DSC03752.jpg

この雑多感がたまらない。
行ってみて大正解!!

お通しで一杯
DSC03753.jpg

またカウンターで一人井の頭五郎気分(孤独のグルメ)
老夫婦が経営している民宿兼食堂。

「あんた、カキ食ってきなさいよ、うちの旦那が、
 裏で取ってきた天然のヤツだから」

で、天然の牡蠣フライ
DSC03755.jpg

旦那さんが裏の海で取ってきた天然モノ。
考えてみたら天然モノのカキって生まれて初めてかもしれない。
当たり前のように養殖のカキしか食べてないような。
天然のカキ、あっさりしてて超美味い!!
DSC03758.jpg

当然刺身も地魚
DSC03754.jpg

うまいぞ!

さすが、

『うまいぞ』

を連発する店だけある。

うまいぞ
DSC03759.jpg

うまいぞ
DSC03760.jpg

うまいぞ
DSC03761.jpg

うまいぞ!!
DSC03762.jpg

どこを見てもうまいぞ!!
満腹中枢がうまいぞの嵐で麻痺して、
もう一つのオススメ、つみれ団子汁
DSC03763.jpg

うまいぞ!!
色々なすり身を旦那が独自の調理法で団子にしたらしい。
ここに来て一番の大正解!!

地魚に、天然モノのカキにうまいぞ!!

伊良湖に渡って大正解。
ケツの痛みも忘れて店のばあさんとおしゃべりして夜
DSC03765.jpg

田原屋、ヤバい。

最高だった。

自転車は最低だけどここは最高。
ここで旅が終わりならどんなにいい事か。

最終日、自転車地獄。
本当にぶん投げたい