食欲と若さとデブの才能

 食欲の秋とはよく言ったものだと思う。
今まで、サラリーマンの人とかがランチで

ラーメン+半チャーハンセットとか、
ざる蕎麦+ミニカツ丼とか、
ラーメン+ミニ豚丼とか、

食べてるのを見て、
何度チャレンジしても絶対に食い切れない。
なのに横を見ると世の背広の諸子はそれらを軽く平らげてる。
横目でそんな背広男子を見る度

「あー、デブの才能ないなぁ」

って思ってた。
デブにも才能がいる。
うちの会社のあっちゃん。
56キロくらいのやせっぽっちから、暴飲暴食が祟り


数年前からこのありさま。
IMG_0023.jpg

「わー、ドコまで太るんだろう、楽しみだなぁ」

って思った時期もありました、でもこのまま
DSC00499.jpg

数年前からずっと80キロ。。。
DSC00431.jpg

つまらない。。。
デブの才能がない。

同じ身長、やせっぽっち出身でもこのくらいなってもらわないと

見ててつまらない・・・
(この人もあっちゃんと僕の中学からの同級生)

結局、あっちゃんにはデブの才能がない。
つまらない。
僕もそうだと思ってた。

背広男子諸子ほどとても食えなかったし、
だらしないとは言え、筋トレ初めて一年、60からせいぜい64キロ。
だいたいそんなに食えないし。

と思ってたけど、今年の食欲の秋は違う。
違う、、、
なぜだろう。
宮谷史上一番真面目に、柔術というものを始めたからだろうか?
9月になってから餓鬼のような食欲。
さんざん飲んで食ってからの超トッピングとんこつ
DSC02274.jpg
しかも替え玉もした。

起きたらRoute20でハンバーガー&ポテト
DSC02269.jpg
(絶品、幡ヶ谷近辺でこれ食べてない人は不幸以外のなにものでもない)

夜は控えて魚系と思いきや
DSC02262.jpg

あなやで夜食!!
DSC02261.jpg

これはもう、背広諸子の食欲を完全に超えた!!!
デブの才能アリ!!自分ヽ(´∇`)ノ

次の日だって蒙古タンメン中本行って
DSC02257.jpg
辛くてうまい!!
バターだってトッピング!!!

足りずにおやつは表裏?だっけ
辛い二郎っぽいラーメンヽ(´∇`)ノ
DSC02256.jpg

帰ったら夜食にチャーハン+唐揚げだって食べちゃう!!
DSC02254.jpg

うぉんうぉん、まるで人間火力発電所だ。。。

これだけ食べてたらどうなるか末恐ろしい。。。
今日、ジムの先生に盗撮されてヌードが公開された。
さんざん食って筋トレして、柔術ってのを高校の部活以上に
真剣にやって一年。
それでこの身体・・・
419393_155910164548899_1339415280_n.jpg

なんて貧弱なんだ・・・
手で隠れてるけど、腹だけ立派に餓鬼のように出てるし・・・

もう筋トレとかバカらしくてやってられない!!
これが歳なの!?
これって引き返せないのねん!?

まー、やっている練習量も格闘技に向かっている時間も
僕とは雲底の差だから、比べたら本当に失礼。

時間て巻き戻らないよねー。

デブの才能だけはあるかもしれないと思った。
もう食欲が止まらない!!
寝る前になんか食べるブウ。

あっちゃんを超えちゃうのかなぁ、いつか。


心のふるさと、チェコ料理で出禁か!!!

 新婚旅行に別行動してチェコに行ったんです。
それがあまりにも素晴らしく、あまりにも美味しく、
すっかりチェコ料理の虜になってしまいましたん。

あの味が忘れられずgoogle先生してみたら、
地元の代々木上原に店がある!!!!!!!!!

って事で、小学校〜中学位までの友達ばかりで
イトウの誕生会をダイジュ(この人小学校から)と企画。
お店は絶対チェコ料理!!!!

雰囲気もチェコ!!!
DSC02099.jpg

サラダからステキ!!!
DSC02100.jpg

ソーセージの味なんてもう
本当にチェコ!!!
DSC02102.jpg

チェコ料理って、味がすごい日本人に合う印象で、
忘れられなかったアレ!!
DSC02104.jpg

とコレ!!!
名前は覚えられん!!!
DSC02105.jpg

なんかセネドリーナネクスキー
とかそんな語感!!
デタラメ!!

もう本当に美味しくて、あのチェコの味で、
感動しながら、イトウの誕生日プレゼントを渡す。

イトウはボクシングとか、打撃に興味あるって話を
何年か前から聞いてたから、プレゼントに
グローブとミットをあげたの。

そしたら始まった!!
お店でミット打ち!!!
IMG_0677.jpg

お客さんがいなくなってからだけど、
この後、3回転くらい、みんなでミット打ち@お店で!!!

店主のキレイなおねえさんに

「上は人が住んでるので、、、、」

レストランでミット打ちはない。
僕もやったから同罪。
というか僕から始めた感すらある・・・

貴重なチェコ料理屋さん。
近所で手軽に行けるチェコ料理屋さん。
本当に美味しいチェコ料理屋さん。

出禁になったと思った瞬間だったんだ。

後悔はしてない!!!!
orz

ローカーボ生活でカラりとした生活

嫌な事は極力避けて生きてきた。
嫌なモノは嫌。
嫌を受け入れられる器の大きさはない。
オチョコの裏くらいの器しかないから。
それでも人間 、生きていれば嫌なコトはどうしてもある。

オチョコの裏サイズの器の僕、嫌なコトがあると、
虫が死んだふりをするように全てが完全停止する。

ブログも完全停止。

ようやくどうでもよくなってきたから、死んだふりした虫が
危機がさってもぞもぞと動き出すように再開。
カラりといたい、ベトベト・ジメジメせずに、
美味しいとんかつのようにカラりとサックリしていたい。

釣りに行って以来、習慣となったローカーボ(低糖質)生活。
こんだけ毎日ジム行って柔術行って、時にはグラップリング行って、
ボコボコにされてるのにお腹が凹まないのは明らかにおかしい。
そういえば毎日ラーメン、ご飯を喰らってる。

糖質の摂取量が多すぎるからかもしれない!!

糖質はインシュリンでなんかで脂肪になるんです。
本で読んだ。

ちょうど魚が釣れすぎたから、魚を食べつつ、ご飯・小麦を抜く、
ローカーボ生活を試してみてる。

アクアバッツアもご飯なし!!
DSC01910.jpg

ステーキとスープだけ!!
DSC01913.jpg

とんかつだってご飯なし!!
DSC01935.jpg

キャベツと揚げ物とみそ汁のみ!!

何だかんだでほぼご飯と麺抜きの生活してたら
64キロ→60キロに。
体脂肪率も18%→16%。
お酒はハイボールがぶ飲み生活のまま。
一月足らずで4キロ痩せた。
まぁ、週5でジム行って、柔術週3やってりゃ痩せるか。

「ご飯抜きなんて絶対に無理、ありえん」

最初はそう思ってたけど、三日くらいやってたら全然慣れた。
お米必須のとんかつとか生姜焼きはせん切りキャベツが
立派なお米代わりになる。
最初は
「ごはんととんかつ、最強マジで合う」
だったのが
「キャベツでとんかつ食う、何コレ、超合う」
になった。

ローカーボ、今のトコおすすめ。

この写真のとんかつなんだけど胃弱美食野郎のダーマス(小学校からの同級生)と

『本当にうまいとんかつってのはあるんだろうか?』

て研究をしていて、研究の一環で行った神楽坂の名店。
いやね、とんかつって美味いじゃないですか。
たいていのとんかつは美味い。
もう、圧倒的に当たり前に美味い。


学食で食ってもまあうまい。
コンビニ弁当でもまあうまい。
家でもまあうまい。
定食屋でもうまい。
蕎麦屋でもうまい。
安いとんかつ屋でもうまい。
高いとんかつ屋はもちろんうまい。

値段によって差はあれ、"そもそもがうまい"モンだと思うんですよ。
極論承知で言えば、豚肉を揚げるだけだし。
ある意味、最も

『美味いと不味いの差がない食べ物の一つ』

だと思ってます。
800円のとんかつ食っても美味いし、2400円のとんかつ食ってもうまい。

そりゃ2400円のとんかつの方が美味いけど、
美味いけど、
美味いけど、
そこに値段の差、つまり3倍の美味さの差ってあるんでしょうか?
別に正比例してなくていいけど、僕とダーマスは、
800円のとんかつと2400円のとんかつに圧倒的な差を感じたコトが
ありません。

うなぎだったらこうはいかない。
コンビニの1000円のうなぎ弁当と3000円で食べるお店の
うなぎは、美味しい店だと3倍以上の味の差、圧倒的な差がある。

最強のうなぎ(初台の赤垣)
DSC00192.jpg

『とんかつにも圧倒的な美味さがあるのか?』

僕とダーマスは本当にうまいとんかつを知らないのかもしれない。
ダーマスとそんな話になって行ったのがあの写真の店。
2500円くらいで高い。
高いけどうまい!!
うまいけど、カラりとしててサッパリ、アッサリ。
まったく胃もたれしないし、これなら何枚でも食べられそう。

こんなに軽いとんかつは初めて!!!

胃弱や歳取って重いモノが食べられなくなったヤツ、
そう、ダーマスみたいな胃弱には最高の逸品だ。
ダーマス曰く

「とんかつというジャンルの一つの頂を見た」

名言。
たまにダーマスは名言を吐く。
確かに胃弱なヤツには最高のとんかつだろう。
諦めていてたあのとんかつの喜びが味わえるのだから。

僕はダーマスのような胃の弱い連中とは訳がちがう。
身体と柔術は最弱だが、胃だけは最強、青帯レベルはある。
だから、僕にはちょっと物足りなかった。
もっと腹をえぐられるようなガツンと来るヘビーなのが欲しい。

ここのとんかつのようにカラりとサッパリとした
日々が送れれば僕は幸せだと思う。

ダーマスと33歳児の自由研究は納得いくまで続く。


酒、週末はデブの元

週末、D夫妻が僕とみなみという親友の
誕生パーティをしてくれた。

途中からイトウ夫妻も参加してくれて、正直、僕は人から
お祝いしてもらえるタイプではないから素直に嬉しかった。

特大スペアリブ
DSC00074.jpg

野菜の盛り合わせ
DSC00075.jpg

誕生日ケーキ!!!
DSC00076.jpg

かなり嬉しかったんだけど、良くないのがお酒。

僕はタバコ吸わないからこんな事にはならないけど、
主催者のDはこんなになって
DSC00125.jpg

こんなになる・・・


僕にしてもそうだ。
平日はほぼ毎日、ジムか柔術に行ってる。
下手すると両方やったりする日もあるから、
30代にしてはかなりカロリーを使ってる方だと思う。
カロリー使う分、お腹もすごい空くからかなり食べる、
IMG_0440.jpg


ラーメンが主食だから
(月曜食べた味噌、これはかなりうまかった)


炭水化物・カロリーをかなり取ってる。
昨日なんて朝ご飯と夜ご飯以外に三食ラーメン食べたし・・・

お昼ご飯で間違えて二郎系食べちゃって


美味しくなかったから一蘭にハシゴ


夜は仕事の後に飲みでみんなで飲んで〆の豚骨

幡ヶ谷のぼたん、豚臭さがたまらなく美味しい。

ラーメンの仕事してるとは言え、別に誰も
こんなにラーメン食えとは一言も言ってない。
ラーメンのなんなんだ僕はヽ(´∇`)ノ

平日はいい、これだけ食べても動いているから。
昨日も筋トレとランだけはしたし。
平日はまだいい。と思い込む。
でも週末が良くない。
酒のせいだ・・・

僕はDみたいにはならなかったけど、
ものすごい飲んで見事二日酔いで、翌日轟沈。日曜撃沈。
一切運動できないのに、食欲だけは平日並、平常運転。

ラーメン食って
DSC00069.jpg

夜は初台の赤垣でうなぎ
DSC00192.jpg

僕、うなぎにはちょっとうるさくて、うなぎを食べに
わざわざ浜松まで何回も旅行に行ったりしたんだけど、
間違いなくここの鰻はベスト1。
値段も特上3000円と、うなぎ屋さんにしては安い。
安いなりに美味いんじゃなくて、
安いのに美味すぎる。
高級店なんかより美味い。

五年くらい通ってて、昔は予約しないでも入れたんだけど、
食べログで火が付いてしまって、今は予約しないと入れない人気店。

結局酒だけ飲んでラーメン食ってうなぎ食って、
カロリーをため込むだけの週末。
全部お酒がいけない。

Dのあの姿見て思った。
お酒はほどほどに・・・
すでに去年からの体重増が7キロ。
人間どんなにがんばっても筋肉は一年間で3キロしか
つかないらしいから、最高でも4キロは贅肉。
だらけてるからたぶんほとんどが贅肉だと思う。
どこまで行くんだ!?

中年太りの坂を転がり落ちそう。

幸せすぎるハンバーグ屋、JOEGE'S KITCHEN

 ハマったハンバーグ屋さん。
代々木上原にあるJOEGE'S KITCHEN

練習帰りになにげなく入ったのだけどウマイ!!
ウマイ!!
確かにウマイ!!!
最近毎週行っています。

最初に入った時にオススメ聞いたら
ポツリと

「デミグラスソースかな」

店主のジョージさんが言ってくれたから
デミグラスソースのハンバーグステーキを頼んだ。
DSC00464.jpg

最初の一口「あれ?」って思った。
ソースが僕の知ってるデミグラスソースと違って
味気が薄い。
味気が薄いっていうのは正しい表現ではなくて、
色々な旨味、タマネギの甘み、カラメル的な
美味しいコク・苦みはすごく感じるんだけど
塩気というかソースの甘辛さが薄い。

なんだろう?

と思った。
僕の中では、味の濃いデミグラスソースを
ハンバーグと一緒にご飯と食べるのが
僕のハンバーグ観だった。
ご飯の淡泊さにはしっかり味がついたソースは
必須だった。
でも、このJOEGE'S KITCHENのハンバーグステーキは違う。
一口目に思ったのが

「この味気の薄いソースだとご飯と一緒に食べた時、
 味が薄くて米に負けちゃうんじゃないか?」

今までのハンバーグ観とは全く違うソース。
最初の三口、なんだろうと思った?
脳が理解するまでに三口かかった。
でも三口食べてハマッた。
二郎や天下一品と同じだった。
あれらもある時、突然、脳内に絶品に変わった。

このデミグラスソースはハンバーグそのものの
旨味を引き立たせてる、引き立て役!!脇役だ!!

分かった。

甘辛さと塩気が控えてありつつも、絶大な旨味とコクの
デミグラスソースがハンバーグステーキの美味しさ、
旨味そのものを倍増させてくれてる、引き出してくれてる。
しっかり味の付いたハンバーグステーキの味を
デミグラスソースが何倍も美味しくしてくれてる。
このソースのおかげでハンバーグがうまい!!!
ただでさえ美味いハンバーグが何十倍もうまい!!!

ソースだけだと、ご飯に負けても、ハンバーグとソースとご飯を
一緒に食べると、ヤバイ!!!
ご飯とメチャクチャ合う!!!
これが美味しくて美味しくて。

通い始めた。
毎回ハンバーグステーキデミグラスソースを食べた。
でも、いつも気になるメニューがあった。
それは、ハンバーグカレー・・・

ただでさえウマイハンバーグに、、、カレー・・・
気になってしかたない。

カレーもすごく気になる。
でも、あのうますぎる、脳みそが記憶してしまったあの
デミグラスソースがある店にいざ入ると、カレーが注文できない・・・
心の中で

「あのデミグラスソースを無視してカレーかい?」
「もしカレーがあまり美味しくなかったらどうするんだい?」

カレーを食べようと思う度に必ず心の中でこう自問してしまう。
結局デミグラスソースへの欲求に勝てず、カレーではなくデミグラスソース。
そんな日々が続いたけど、昨日ついにハンバーグカレーを食べた!!

いつもメニューで自問している僕を見透かすように
ジョージさんが

『うちはカレーだけ食べに通う人もいるよ』

と言ってくれた。
カレー目当てで通う人もいるなんて!!
まずいはずがない!!
ついにハンバーグカレーを頼んだ。
DSC00465.jpg

これがまた、うまいのなんの!!
今までカレーが食べたいと思った時、なんでココに来なかったのか
激しく悔やまれる。

ニッポンのカレー。
最高に美味しいニッポンのカレー。
タマネギの甘みとピリリとした辛さが相性抜群のニッポンのカレーライス。
最高に美味しかった。
当たり前にハンバーグステーキにもよく合う。

ハンバーグステーキだけでも最高なのに、
カレーもこんなに美味いなんて、
なんて罰当たりな食事があるもんだと思った。
しかも嬉しいコトにJOEGE'S KITCHENは全席カウンターで、
一人でもスッと入れる。
一人でスッと入れてお酒が飲めて食事が最高に美味い。
こんな幸せあるだろうか?

サラダやスープ、スープもこれまたうまいの!!
代々木上原に最高のハンバーグ屋さんを見つけた。

一人で入れてお酒が飲めて絶品なハンバーグステーキ&カレーが
食べられる店、そんな素敵な店と出会えて僕は幸せだと思う。


女子会誕生会

ハワイで食欲を抑えない快感をとことん味わった。

とにかく食べるコトが大好きだ。
もう食べるコトをあきらめないと決めた。
どうせいつか死んじゃうし。

でも、カラダは維持したい。
機内で考えた。

・運動を日常に組み込む
・好きな運動しかしない
・楽なペースでしかしない
・がんばらない
・惰性で食べない

この五つ。
水泳が好きなんだけど、毎日がんばってると、
たまにすごく飽きる。
だったら毎回の水泳、つまらなくなる前に

「楽しいなぁ、もうちょっと泳ぎたいなぁ」

って位でやめる。
そしたら水泳が楽しい記憶として残るから、
次の日も水泳に楽しい気持ちで望めると思う。
だから、週に5回、1.5キロ泳いでたのを、
これからは週2〜3、1キロにする。
たぶんその方が楽なペースだし続く。

あと、移動はとにかく歩く。
膝が壊れてる、正確には右膝が壊死してるようでして、
ジョギングがツライ。
あと、あれ、中々続かない。
だから移動を極力歩く事にしてる。
片道五キロくらいなら歩くようにしてるんだけど、
これが以外と楽、苦にならない。
ダイエットのためと思うと辛くなるけど。

「打ち合わせに行く」
「家に帰る」

って明確な目的の為についでで歩いてるから。

「体型維持はつらいなぁ」

ってならない。と思う。今のとこ。

あと、なんとなく腹が減ったくらいでは食べない。
食べ物になんか失礼。

「腹が減った!!」

とか

「猛烈にあれが食べたい、喰らいたい!!」

って時だけ食べる。
その方がより食が楽しくなる。
僕は餓鬼だ。

とりあえず半年くらいこんなスタンスでいつつ、

食べたいモノを食べたい時に食べたいだけ食べる!!

とハワイで決めた。

日本に帰ったら早速暴食の日々。

この日の夜は女子会がある。
女子に混じってたぶんたくさん食べる。
我慢なんかしない。

まずはライフワークのラーメンを二件ハシゴ。

たけ虎(幡ヶ谷)
DSC04087.jpg

無化学調味料の醤油ラーメン。
もっと食べたい!!
替え玉はせずに道路向かいの店に

塩もつそば もつの屋(幡ヶ谷)

DSC04088.jpg

塩ラーメンベースに何種類ものモツが入ってて、
モツと混ぜるとスープの味が変わって美味しかった。

ラーメン二食喰って、夜は女子会、僕は男子だけど。
10年前、宮谷のクセにスタバで二年ほどバイトしてまして、
その時のバイト仲間の女子二人と女子会。
僕含め三人とも五月が誕生日だから、誕生会を兼ねた女子会。

店は、中学から大学まで一緒のタキの旦那のピザ屋。
食べる店まで同窓ヽ(´∇`)ノ

ダ・イーサ(中目黒)
DSC04267.jpg

DSC04268.jpg

この店、というかタキの旦那さんはすごい。
ピザワールドカップなるものがナポリであるらしく、
そこには世界中から名うてのピザ職人達が
300人ほど集まり、腕を競う。
大半は本場のイタリアのピザ職人らしい。
タキの旦那はそんなビザ世界一決定戦で、
二度も優勝している。

サッカーワールドカップで日本が
優勝するのと同じだよ!!
それのピザ版。
しかも二回も!!
サッカーまったく知らないけどすごくない!?

寿司ワールドカップでイタリア人が
二度優勝をさらっていくような、そのくらい
衝撃だったらしい、イタリアでは。
知らないけど。

ここで女子誕生会をさせてもらって、
世界一のピザを堪能して、持ち帰りまでした。
で、たまらず家に帰ったらピザ半分食べちゃった。

チヒロとちやに誕生日プレゼントもらった。
二人ともありがとう。
おっさん、素直に嬉しかった、涙が出た。

毎日これくらい食べても太らないで
いるにはどうすればいいんだろう。。。


食べるコトを諦めないハワイ

体重に気を使って、こう見えて
ずいぶんと食べるコトを我慢している。

・ラーメン三杯ハシゴしたいのを二杯に
・夜中のラーメン、餃子は我慢
・ご飯三杯食べたいのを二杯に
・並か大盛りなら並に

ハワイに来て完全にたがが外れた。
ハワイはアメリカ、聞きしに勝るカロリー帝国。
ものすごい油分とボリューム。
節食なんて概念はない。
そんなカロリー帝国に来てまでカロリーを
気にして食べたいモノも我慢するような
おバカさんではない。
もう、食べるコトを諦めない。
三泊くらいのハワイ、まさに暴食だった。
腹を決めて、本能のままに食べるコトにした。
ハワイで完全にたがを外した。

着いたらまずはチーズとマッシュルームのドック
DSC03824.jpg

味の濃い濃厚な黄色いチーズの美味さにノックアウトだった。

中華に行って
DSC03832.jpg

中華三昧
春巻き
DSC03833.jpg

水餃子
DSC03835.jpg

野菜炒め
DSC03837.jpg

包んで食べる
DSC03836.jpg

当たり前なのかもしれないけど、日本の中華とは
何かが確実に違った。
僕みたいに外国をしらない人は、中華料理一つでも
違いを感じられてメチャクチャ嬉しい。

で、次の日は起きたてで
ホットドック
DSC03846.jpg

で、ジュース頼んだらなぜかパフェ・・・
DSC03850.jpg


足りないから
アヒ(マグロ)の照り焼きプレートをフードコートで
DSC03848.jpg

見た目と違ってあまりおいしくなかった・・・
人間、一日に食べられる食事には限りがある。
僕は食べ物が外れた時だけ、
食べ物が外れた時だけ、
食べ物が外れた時だけ、
ものすごく怒る。
自分に。

「これじゃあすまないぞ!!」

って事で、昼ご飯はより気合いを入れた。
三品自分で選べる弁当
DSC03851.jpg

これは美味かった。

夜ご飯はステーキハウスへ
DSC03861.jpg

肉の量がやばい。
たぶん300g以上ある
DSC03862.jpg

朝はピザ、ワンピースのつもりが
ワンホール・・・
DSC03857.jpg

昼はビーチでハンバーガー
写真 (1).jpg

この日の夜もまたビザ
DSC03950.jpg

僕がピザだ。

で次の日の朝は地元の食堂みたいなトコで
ロコモコ
DSC03875.jpg

そしてタコス
DSC03896.jpg

釣り船ではまかない飯
DSC03918.jpg

夜はパシフィックリム
DSC03967.jpg

DSC03971.jpg

DSC03972.jpg

ハワイ料理とハワイに来た色々な国の人の料理を
融合させたのがパシフィックリムというらしい。
どれもとても美味しかった。

で起きてベトナム料理
DSC03953.jpg

この下に米の麺が入ってて、日本では食べたコトない
ベトナムのフォーだった。
すごく美味しい。

昼は冷麺
DSC03981.jpg

この冷麺がまたうまいの。
なんだろう、中華にしてもベトナムにしても韓国にしても、
日本にある各国の料理屋さんの料理と違って、味も量もパワフル。
いい意味でおおざっぱで、ものすごく美味しかった。

で、帰国前、ラーメン食べなきゃという事で
帰りしなにチャーがドライブスルーで
サイミンというハワイ独特のラーメンを買ってくれた。
DSC04083.jpg

ラーメンじゃない、けどラーメンみたい、
サイミンとしかいいようのない味。

空港着いて帰るのもったいなくて
バーガーキング
DSC04085.jpg

NY帰りのダイジュは
「バーキン」
と言っていた。
かっこいいバーガーキングの言い方は
「バーキン」に決定、異論は認めない。

もちろん機内食も美味しくいただいた
DSC04086.jpg

一日5食近く食べてたかもしれない。

僕は本当は毎日このくらい食べたい。
でも、太るから諦めてた。
ハワイ来て思った

「食べるコトを諦めたくない」

だって食べてるのって最高に幸せなんだもん。

一度の人生、食べるコトを諦めながら
身体を整えるような事はもうしたくない。

食べるコトを一つも諦めないで、
身体もいい状態に保つ方法を探そうと思った。
そんな方法あるのか?

たかだかハワイで、食べ物への思いの強さが分かった。
たかだかハワイでバンバンに影響を受けちゃうくらい、
僕はイタイ人です。


アジ生活

アジが沢山釣れた。
アジ生活が始まった。

干物作って
DSC03521.jpg

暖かくなって来てアリとか出るから、室内乾し
DSC03523.jpg

支えてるのは空気清浄機。
下からキレイな空気を出す。
キレイな空気がアジの身を洗う。
すると見る間に部屋中が魚臭くなる。
僕の家は漁船顔負けの魚臭い家です。

これで一日。
食べるのは明日以降。

で夜中には次の日の弁当作り。
肉が食べたい。
魚ばかり食べてるから。
でもそれは許されない。
新鮮なアジが冷蔵庫で待っているから。

だから、

「肉を食べたかのような満足感が得られるアジ」

アジの肉的アプローチを弁当で試みた。
蒲焼き弁当
DSC03528.jpg

大げさ。
ただの蒲焼き。

そんなこんなで夜が明けるから、
メバルと真鯛のアクアパッツァをトマトソース化
したヤツで、朝ご飯パスタ。
DSC03530.jpg

メバルと真鯛のアクアパッツァをベースに
したソースだから当たり前にうまい。

そんなこんなで一日が始まる。
で、昼は毎日二食ラーメンを食べる。
何のため?ヽ(´∇`)ノ

JUGEMテーマ:料理
 

U字工事さん単独ライブ5「男キャバ嬢」

U字工事さんの単独ライブで栃木に二泊した。

無事千秋楽の収録を終え、一人宿に帰る。
みんなと会場で別れて一人で帰る。
3キロ歩いて帰る。
みんなとバスで帰ればよかった。
寂しい。
3キロ知らない栃木を歩く。

U字工事さんとみんなを乗せたバスが追い越す
DSC01477.JPG

ライブを撮影して往復6キロしたら腹が減る。
腹が減ろうにも宿の近くに開いている食べ物屋が
一つしかない。
一つしかないことはよく知ってる。
前日、恐い思いしながら隅々まで見尽くしたから。

一件しかないラーメン屋に行った。
赤い捻りはちまきの麻生太郎似の酔っぱらいが
やっているラーメン屋。

無科調みたいで、美味しかったからまた行った。
味、分からないけど。

案の定、麻生太郎は酔ってた。
この日は違うお客さんがいた。
最初の日にありえない量の焼きそばを
出された店にいた

ジャージ姿でヴィトンのバッグを持った、
丸刈りの痩せた、異様に眼光のするどい、
全身で恐筋を表現している、あのじいさん。

絶対に危ない人だと思った。
だって明らかにあっち系だもの。

そのじいさんが麻生太郎の店にいる!!
怖い!!
しかもまた焼酎の一升瓶が置いてある!!

ヴィトンじいさん
僕を見なり
「客か・・・おぅ、入れよ」

麻生太郎
「お、あんたまた来たの?チャーシュー麺ね!!」

?

まだメニューも見てないのに自動的にチャーシュー麺。
まあいい、お腹空いてたし、ここのラーメンすんげーうまいし。

待ってる間、ヴィトンじいさんがさんざん絡んでくる。
「おめ、ここのラーメンまずいっぺ!!」
「スープまずい、麺まずい、チャーシューまずい、マスターの顔まずい」
「あんたよく食うなぁ」

時折麻生太郎と喧嘩が始まる。

麻生太郎
「おめ、まずいまずい言うのによく食いにくるなぁ」

ヴィトンじいさん
「なんだと!!ヤンノカこら!!」

ドン!!

空いた焼酎の一升瓶をバットのように持ち、カウンターを叩く。
僕の横で。。。

麻生太郎
「おう、なんだ表出るか!?」

麻生太郎も包丁握りしめる。。。

なんかラーメン食べ終わるまでにこんなやりとりが
三回くらいあった。

二回目から慣れた。
ダチョウ倶楽部さんバリのお決まりパターン、天丼。

チャーシュー麺登場。
今回は麻生太郎が勝手に決めたから早い。
DSC01478.JPG


これが本当に美味い。
DSC01479.JPG

ヴィトンじいさん
「あんだ、美味そうだなぁ、親父、おらにチャーシューくれ」

と言ったかと思うと、

「あんた、よくこんなまずいモン食うなぁ!!」

「まずいの食うなぁ」

「こんなにまずいもんよく食うなぁ!!」

言われる度に、本当においしいから

「いや、めちゃくちゃうまいっすよ」

って言わなきゃいけない。
美味いし、麻生太郎にうまいって伝えたいから。

ヴィトンじいさんと僕の

「よくこんなまずいモン食うなぁ」
「いや美味いっすよ!!」

の押し問答

時々ヴィトンじいさんキレる。

「やんのか!!」

・・・
でも美味いです・・・
そんなこんなでチャーシュー麺食べ終わってお勘定。

ヴィトンじいさん
「おらがおごる」


「え、いいっですよ、悪いっすよ」

ヴィトンじいさん
「いいんだ!!おらがおごる!!」

麻生太郎
「あんた、コイツがそう言うんだから奢ってもらえ」

ヴィトンじいさん
「この店15:00から空いてっからまた来いよ」

また奢ってもらった・・・
結局、栃木二泊三日で、晩ご飯に一円も払わなかった。

最近、船の船長には出刃包丁もらうし、
栃木では二晩連続で奢ってもらうし、

僕は男キャバ嬢だ。

プロ意識を持ってこれからもおごられていきたい。

僕は男キャバ嬢だ。
女性のキャバ嬢に負けないよう、プロ意識を持って
がんばって生きていこうと思った。

JUGEMテーマ:料理
 

U字工事さん単独ライブ4「夜と食事」

泊まった宿の近くに親不孝通りという歓楽街が
ある事をタクシーのおじさんの話から知った。

お昼にそこいらを歩いてみたけど、
人っ子一人いないシャッターと廃墟の通り。
もう寂れてしまったんだと思った。

寂れてるもんで、困った事に晩ご飯を食べるとこがない!!

夜の親不孝通りがどうなってるかも気になって、
20:00すぎにもう一度食べ物を探しがてら行ってみた。

すごいの!!

あんなに廃墟だったのにネオンが灯り、
若者からおじさんまでが飲み歩いてる!!

でもお店、全部スナック。
入り口は扉一つで中がどうなってるか伺い知れない。
それにどの店にも必ず「暴力団排除の店」って書いてある。
どの店にも暴力団排除の店!!
逆に怖い!!

親不孝通りの端に一件中華料理屋があったから
空いているか確かめに行こうと思ったら、
なぜか道の脇におじさんが座ってる・・・
なんかパイプイスみたいなもんに座って通りを見回してる・・・
怖い・・・
だって客引きじゃない、座ってるんだもん。
坊主頭に鋭い眼光で痩せたほお骨のおじさんが
ずっとパイプイスに座って通りを見てる・・・
なにそれ?
見張り?
門番?

行きたかった中華料理屋まで怖くて行けない!!
DSC01428.JPG

困ってビクビクしながら徘徊してたら、
ラーメン屋を見つけた。

「麺馬」
DSC01480.JPG

夜はあまりにも恐すぎて撮影できず、昼に撮影。

やってるかどうか分からない・・・
しかも中がどうかまったく分からない。
中が伺い知れず怖かったけど「エイヤ!」と入ったら
カウンターに三人のおじさん。

・悪人面なスーツ
・恰幅のいい強面
・赤い捻りはちまきの麻生太郎

カウンターだけの店にカウンターに三人だけ。
調理場に誰もいない!!
カウンターには三本の一升瓶、一人一瓶。
全員一升瓶飲んでる。

入店したとたん、悪人面と強面と麻生太郎に
ギロリと睨まれる。
怖い。

悪人面が「ここに座りなよ」
強面と怖面の間・・・
端でいいのに。

麻生太郎がへべれけな声で「いらっしゃいーいっ!!」
店主だった。
店主が20時から一升瓶空けながら赤ら顔で
飲んでるだけだった。
一安心。

?

一つも安心できない。

無科調ラーメンて書いてあったから、
ラーメンと餃子と焼酎水割りを注文。

「おう!今作るからな!!」

料理を待つ間、悪人面と強面がオネーチャンの話や、
聞いてはいけなさそうな仕事の話をしてる。
たまに僕にふる・・・
笑うしかない。

聞いてると悪人面、なんかの社長みたい。
「社長、社長」って言われてる。
でも何の会社か決して聞きたくない。
会話が恐すぎるから。

ラーメン待ってて分かったんだけど、
悪人面だし口は悪いけど優しい。
僕が焼酎水割りを飲み干したら、
自分の一升瓶から勝手に注いでおごってくれた。
ロックで、コップ一杯に・・・
度数32度の焼酎を、それも四杯も・・・
ガハハハハ!!いいながら注いでくれる。
バシバシ僕の腕を叩きながら注いでくれる。

麻生太郎は何回も

「何頼んだっけ?」
「餃子と何だっけ?」
「餃子が先がいいっけ?」
「何頼んだっけ?」

って聞いてくる。
酔っぱらってるからまったく注文覚えてない!!
ラーメン食ってサッと帰るつもりが、
麻生太郎が注文覚えてくれないせいで、
焼酎ロックを四杯も飲む羽目に。

やっと出てきたラーメンはめちゃくちゃ美味かった。
無科調で優しい味でスープを全部飲み干した。
餃子もうまかった。
でもこの日は恐すぎて写真撮れなかった。

餃子、手作りみたいで、

「店長、この餃子おいしいね」

って聞いたら

麻生太郎
「おうよ!埼玉から取り寄せてんだ!!」

宇都宮じゃないんだ・・・

ラーメンと餃子と焼酎飲んでお勘定しようとしたら
悪人面が「にいちゃん、ここはオラがおごってやるよ」
全部お金出してくれた。
しかも

「これからねぇちゃんとこいくからにいちゃん、あんたも来い!!」

麻生太郎まで
「あんたぁ、せっかくだから社長に連れてってもらえ、
なぁに、怖くはねぇよヒヒヒヒ」

町外れの小さなスナックに連れてってもらった。
こういうの嫌いじゃない。

小太りなやたらと化粧の濃いいばぁちゃんが一人いた。

一生一人で行くことなんかない店。

強面がばあちゃんにエッチなちょっかいだしながら
また焼酎をさんざんおごってくれた。
ばあちゃんは、ソーセージやらなにやらを沢山出してくれた。

特に強面と話した記憶はない。
でもなぜか2時間くらい強面に酒をおごってもらった。

「カラオケ歌え」

って言われて、カラオケ嫌いだから断って、明日仕事だし
帰る事にした。

「お会計は?」って聞いたら

強面、

「いい、勘定はいらねぇ、ご馳走してやんよ!!ガハハハハ」

またおごってもらった。

僕は男キャバ嬢だ。
釣りに行くようになってからドンドン大人の男にずうずうしくなってる。

次の日もまた違う人に奢ってもらう事になる。

僕は男キャバ嬢だ。

JUGEMテーマ:料理 
JUGEMテーマ:お笑い