パクられすぎヽ(´∇`)ノ


お笑いの会社をやっている。
まだ知名度はないけど、本当に面白い芸人さん達の
ネタやコンテンツをWEB・携帯公式サイト・有料チャンネル・DVD他、
ありとあらゆるメディアの隙間に流して行く事で、
芸人さん達と生きている。

中でもうちの会社が生き残っているきっかけになった『着ネタ』
これがうちの会社の最も大きな収益の柱であり、
芸人さんにもちゃんとお金で還元できる
とてもとても大事な商品なんです。




この着ネタ、最初は着ネタなんて名前ではなく、
普通に着ボイスとして売ろうとしていました。
6年前のまだ売れていない頃のU字工事さんのボイスを
「U字工事が着信お知らせ」
として着うたサイトに売り歩いていました。
でもまったく売れませんでした。。。
知名度のない芸人さんのボイスは誰も買ってくれないんです。

そこで、U字工事さんと事務所に許可を取り
芸人名は一切出さず、内容とタイトルだけで売るコトにしました。
それが着ネタ。
ちなみにこの、全然売れなかったU字工事さんのボイスは

「田舎のヤンキーが着信お知らせ」

と名付けて売り直しました。

そしたらものすごく売れたんです。

「ちゃんと着信を伝える内容で、面白かったらタイトル次第で売れる!」
「着ボイスは芸人名ありき、内容の面白さで勝負だから着ネタだ!」

そう気づいて、急いで着ネタの商標を取り、
知名度がなくても本当に面白い芸人さん達のボイスを、
着うたでもなく、着ボイスでもなく、着ネタという商品群で
売り歩きました。
今では50サイトくらいの公式サイトに提供させて
いただいていて、日々、右肩上がりで売れ続けています。

今では50サイトくらいで売れているけど、
はじめた頃は、多くの会社が
「はぁ?着ネタ?なんすかそれ?知らないです。」
って感じで取り扱ってすらもらえなかった。
一社一社営業に営業を重ねて、やっとここまで来た。

そしたら最近、着ネタ、超パクられてんのヽ(´∇`)ノ

「着ネタ」という商品群の呼び名もパクるし、
コンテンツ名まで丸パクリだったりする。

例えば、僕が何年か前に作った
「最悪に下手な関西弁着信」

これが、他社では
「インチキ関西人着ボイス」

これはまだいい。
内容はそっくりだけど、タイトル違うし。
言い方変えただけだけど。
これはいいんです。
下手くそな関西弁の着信なんて僕以外に気づいて当たり前だし。
僕だって知らないうちに他の人が考えた内容に似た着ネタを
作っているかもしれないし。
これはいいんです、一つや二つなら。
調べたら20以上軽くありましたが・・・


でも、

「ギャル男が着信お知らせ」
「日本一焦っている着信ボイス」
「日本一ネガティブな着信ボイス」
etc...

もうタイトルまでまんま同じヽ(´∇`)ノ
複数の会社がそれぞれ、けっこうな数、
タイトルそのまま使ってる。
これはちょっと・・・

中身もすんごい似てるし。
マネされるのは悪いコトじゃないと思うけど、
パクって作られているコンテンツ数もすごいし、
もうあからさまにタイトルマネしてるし、正直イヤな気分。
後からいきなり来てパクっていって、、、

着ネタ、芸人さんと僕たちが食べていくために
精魂込めて作って、販路を広げてやってきた
大事な大事な商品なんです。

どうしよう。

JUGEMテーマ:モバイルコンテンツ