ラーメン統括の旅二

自分の心からの一番のラーメンを確認する旅。
いやぁ食べた食べた。
というか今でも食べてる。
正直終わりがない。

そんな訳で後半。

じゃんがらラーメン(こぼんしゃん)
DSC02835.jpg

ラーメンの旅が始まった店。
15歳〜18歳までは毎週に近いペースで食べてた。
15年前はもっとザラザラしててキツくてトガッてて
ドロドロしてて美味しかった。
何回か確認で食べに行ってるけど、薄くなった気がする。

九十九ラーメン(チーズラーメン)
DSC02860.jpg

味噌とんこつに大量のチーズ!!
完成したラーメンをかき氷機みたいなヤツに入れ
かき氷のさながらにチーズの山を作る。


すごいでしょ。
味もすごい。
味噌にとんこつに大量のチーズ。
味が濃くならない訳がない。
濃厚なんて軽く通り越す。
好きだったけど、ちょっと味が濃すぎる。
味の濃さを求めたい時はここ。
とにかくコユイから。

コツ一丁
DSC02863.jpg


幡ヶ谷では有名なお店。
いつも隣の九秀に行ってるからスルーしてたけど、
ラーメンの味覚がばっちり合うイトウのオススメだったので、
一緒に飲んだ後に行った。
ちなみにこのイトウは僕の髪切ってくれてて中学からの同窓。
中学、クラスも野球部も一緒だった。

社員全員和光(同窓)
飲むのもほぼ全員和光だけ(同窓)
彼女も和光(同窓)
美容師まで和光ヽ(´∇`)ノ
税理士はバーミヤンのバイト仲間

僕は全部和光で済んでしまう人生ヽ(´∇`)ノ

コツ一丁、勝手にすんごいギトギトしててニンニク臭くて味の濃いい
家系と二郎のアイノコのような味を想像してたけど全然ちがった。
ニンニク臭はそりゃ、こんだけ入ってりゃすごいんだけど、
思ったよりも全然上品なお味、でも飲むとニンニクが口の中で暴れ。

上品な振る舞いの白人紳士だけど、服脱いだら剛毛、身体中毛だらけ。

おいしい。

IPPUDO TAO TOKYO(赤)
DSC02982.jpg

沈黙っていうトーク番組をテレビに売りたくて、営業してます。
地方局の東京支社って多くが銀座にあります。
ほとんど銀座にあるんじゃないでしょうか?
だから銀座によく出没しています。
だから銀座のラーメンをよくたべています。
だから銀座のラーメンは少し詳しいんです。
最近。

たぶん、

・電通・博報堂・アサツー(広告代理店)に近い
・テープの受け渡しがしやすい
・ステキな場所だから

この三つの理由で地方局の支社は銀座に固まってるんだと思う。
知らないし確認してないけど。

で、肝心の味は美味い。
一風堂の味と一蘭が好きな人にはいいと思う。
一蘭のように辛味噌が乗ってる。
たぶん意識して作ったんだと思う、一蘭を。
知らないけど。
辛さが選べて最高の八倍で注文した。
そんなに辛いのが得意ではない僕でも、ちゃんと
スープの味が分かる辛さだった。
ここでも一蘭でもいつも不思議なんだけど、

とんこつ×辛味噌=不思議な甘み

を感じる。
ここもそうだった。
後、炒めた刻みタマネギが入ってて、これも甘さを
感じさせてくれた一因だったと思う。

とんこつ×辛味噌×炒めタマネギ

ものすごい変化球を投げられた感じ、そんなうまさ。

三ZEN
DSC03020.jpg

ここは心から美味しかった!!
10年以上前からラーメンの旅を共に続けている
マスダ、改めドクトルマスダにも伝えた。
(最近晴れて博士になったからドクトルつけた)
ラーメン探求者のドクトルマスダにも伝えたくなる味だった。
ちなみにこのドクトルマスダも小学校から高校までの同窓ヽ(´∇`)ノ

僕が

「人生のラーメン」

と大口を叩いた九秀と同等かそれ以上!?
超近所なのに。
近所に人生最高のラーメンが二店舗?
ものすごい手抜きみたいじゃん!!

そう思って、後日もう一度食べ直した。

右にあるのはトッピングの激辛高菜


見てるだけでウマイ


このうまさはカタカナだ。

味覚・味蕾を鍛えたくて化学調味料を極力
抜こうとしてるからだろうか?
ものすごくウマイ。

豚骨、それもかなり濃厚な豚骨スープだから
脂の旨味はすごい。
でも味は濃くなくてどんどん飲めちゃう。
濃い味好きな僕なのに、どんどん飲んじゃう。
飲んだら唇がピトピト♪する。

ピトピト♪

僕にとって本当に美味しい豚骨のサイン。
本当に美味しい豚骨に出会えた時は必ず唇がピトピト♪する。
唇にブタの油分が付着してサラサラとした天然リップクリーム
になるんだと思う。

ギトギトした脂や、ただ油が多いだけのスープだとこうはならない。
不快で唇を無意識に拭いてしまうし、唇にやさしく付着しない。
本当に丁寧に丁寧に仕事したと思われる豚骨スープの脂の時だけ、
唇がピトピト♪する。
知らないけどね。
本当は超雑かもしれないし、あくまで僕の推測。

三ZEN、ここは本当にウマイ。

激辛高菜を入れる(トッピング)


激辛高菜入れると味が一変する。
あんなに優しかった味が一転してトガる。
触れるモノ皆傷つける青年のようにトガる。
少年ナイフ。

これがまたウマイ。

あんなに優しかったのがこんなに厳しい。
この落差が最高に楽しい、美味しい。
なんだろう、聖母のように優しかった母がいきなり
アメリカ映画に出て来るヒステリックに怒りをぶちまける
太ったブチ切れマザーになったみたい。
でも、あくまで母。
どっちも母。
これも母。
無償の愛を感じる。
キモチ悪い・・・orz

自分の味覚、ベストが分からなくなった。。。

ラーメン迷路。

長い、自慰にしても長い。
どんだけ自慰続けてんだ、はやくイケ。

もう一回くらい続く。
と思う

JUGEMテーマ:ラーメン

ラーメンの総括の旅一

 僕には『師』と心の中で呼ぶ人が何人かいる。
別に師弟関係はない。
どの師も勝手に僕が心の内でそう思っているだけ。

でも、確実に『師』は存在する。

僕の今を意図的でも結果的でも導いてくれた人達。
そんな人達を僕は師と呼ぶ。
何人かいる。

師なんて聞くと人格者のように思われそうだが全然違う。
みんな超がつくクセ者。

自由
ワガママ
無頓着
自信
独自の哲学、達観

みんなこの六つが他の追随を許さないレベルに
研ぎ澄まされてる、だからこそ師。
というか仙人。
イメージしやすいのは仙人みたいな感じかなぁ。
すんげーのに子供みたいな、みたいな。
もう、師匠は全員「仙人」と呼ぶ。
他人に伝えるときに一番分かりやすいのは
ジャッキーやブルースリーが出る
香港映画の仙人、ジャッキーやブルースリーに
武術、武道を教える陽気な達観した仙人。
僕にとって、師匠達は、武術ではなく、
仕事・人生においてまさに、香港映画の師匠・仙人
そのもの、だから仙人。

そんな一人に
たいぞう仙人という師がいます。
この師に僕は仕事の本質の全て、
仕事の上での生き方の指針を教えてもらい、
導いてもらいました。
勝手に思ってるだけだけど。

だけど、仙人。
僕がラーメンが好きと知ったら、
ものすごい自由に気ままに、

「オマエのラーメン人生をぶつけてみなさい」
「宮谷の人生のラーメンを食べに連れって」

なんて無邪気に言います。
たいぞう仙人はきっとグルメ。
ラーメンの知見も遥かにすごそうな感じ。
そんな人が

「ラーメンで宮谷の人生を見せてくださいな」

超恐い。
暴君、ジャイアンよろしくの無茶ぶり。

僕の中でのベストのラーメンはある。
でも、

「ラーメン人生の集大成を見せる」

となると揺らぐ。

で、僕の中では間違いなく九秀なんだけど、
一ヶ月間食べ歩きました。
食べ歩くというより、確認作業。
美味しかった店、気になる店を食べ直して、
本当に好きな、人に紹介して恥ずかしくない店、
毒にも薬にもならなかった店を確認する旅。

毎日最低一店、気になる店は何度も訪問して確かめた。
この二ヶ月で50〜60店舗回った。
仕事の合間にね!!
昼ご飯をラーメンにしてハシゴしてるの。

あっちゃんのバカ野郎に文句言われたけど、
仕事は今までにないくらい真剣にやってる。
だから自慰のブログもこんな時間になってんだ。
あっちゃんのヤツめ。

で、心に残ったり、16年のラーメン人生の思い出
に残ったラーメンをいくつか。
スゲー楽しい。
この旅。

長浜らーめん 世田谷店(八幡山)
DSC02752.jpg

これは美味い。
魚介系のダシととんこつの味の濃いスープが
博多系よりちょっと太麺と合わさってガツンと美味い。
長浜でも博多系でもないと思うけど、トガった味の濃さが
大好き。

天下一品
DSC02754.jpg

さんちゃんと言うバイト仲間で、今のうちの会社の
税理士さんに三回連れて行かれて、四回目で好きに
なった味の店。

こういうのある。

三回目まではクソみたいに不味くても、我慢して通うと
ありえないくらい美味しく感じる店。
でも、どうしても今はレトルト感がいなめない。
大人になったなぁ。

丸千茶寮(五反田)
DSC02722.jpg

これはしみじみ美味かった。
無化学調味料の店だから、舌がヒリヒリしない。
だからこそ、スープがグイグイ飲める。
鳥ベースのスープのお店。
胃と心に染みる味。
やさしい味なのに、このお店は本当に美味しかった。

らーめん田丸(目黒)
DSC02775.jpg

ベタだけど昔ながらの醤油。
チャーシューとネギのトッピングの妙、そこが美味しかった。

ラーメンと蕎麦の融合、やぶ善(初台)

DSC02836.jpg

僕はつけ麺は嫌いです。
ラーメンじゃないから。
そして蕎麦アレルギーです。
蕎麦、食べるとかゆい。
この店のこの蕎麦風のラーメン。
つけ麺ではなく、蕎麦風のラーメンと言わせてください。

だって、つけ汁はソバつゆなんだよ!!

独自に考案した、ソバつゆに合うラーメンの麺で
作ったざる蕎麦風ラーメン。
つけ麺では決してありません。
だってソバつゆだもん。

それにソバつゆベースで作ったカレー。

これは嬉しい。
一回の食事でカレーも蕎麦もラーメンも楽しめる。
一石三鳥ので何回も味が楽しめる。
サッパリ味でだけど美味しかった。

僕の自慰ラーメンの旅、まだ続く。

だって50件〜60件もここ二月で食べたんだからヽ(´∇`)ノ

JUGEMテーマ:ラーメン

ラーメンの絶滅危惧種、トムヤムクン麺

ラーメンが大好きです。
たぶん200店以上食べ歩いています。
数えてないから分からないけど。
とんこつ、味噌、家系、濃いいのばっかり200店くらい
食べ歩いています。

正統派とんこつは間違いなく九秀


九秀、今日はお客さんがいっぱいで待ってたら、ネギトッピング
の量をサービスしてくれた。
そりゃ、週5回通ってたら、大事にされる(笑)

九秀は正統派の中の正統派、王道の中の王道とんこつ。

正統派でも王道でもないけど、10年近く通い続けてる
邪道ラーメンがあります。
とんこつでも味噌でも家系でもないけど、10年近く
通い続けています。

200店くらい通ってても、
「どこに行こうか?」って思う度、いつもこの店、このラーメンに
思いをはせ、行ってしまいます。

新代田「バサノバ」
DSC02350.JPG

この店、豚骨と和出汁の合わせスープが売りのお店で、
豚骨と和出汁豚骨の二つがこの店のスタンダード、
たいていのお客さんは和出汁豚骨を頼んでいきます。
確かに和出汁豚骨、美味しい、すごく美味しい。
豚骨の濃厚さと和出汁のさっぱり感と出汁の旨みが合わさって、
クリーミーなんだけど出汁が効いててサッパリしてる、
そんな感じな最高なラーメンを出してくれる店です。

でも、
僕はここでは
和出汁豚骨は頼みません。

トムヤムクン麺を頼みます
DSC02352.JPG

毎回必ず。

僕、ラーメン屋さんで複数のラーメン出す店、
嫌いなんですよ。
一押しはとんこつなのに、塩も味噌もあるラーメン屋。

「一押しだけでやれないからブレてんの!?」

ついそう思ってしまいます。
だから、塩も醤油も味噌もとんこつもあるようなお店は
敬遠しています、ここ以外は。

バサノバは違う!!

和出汁豚骨がウリだけど、ここのトムヤムクン麺は最強!!

僕はこの店のトムヤムクン麺を食べるためだけに
10年近く通っています。

最高なんですよ味が!!

ただのトムヤムクンスープに麺が入っているのを想像すると、、、
不味そうでしょ?
酸っぱそうだし、麺と合わなそうだし。

でも、バサラカは違います。

和出汁豚骨スープに、トムヤムクンスープを合わせてるんです!!

和出汁と豚骨とトムヤムクンのトリプルスープ!!

 和出汁のサッパリ感と出汁の旨みと豚骨のまろやかさに
トムヤムクンのあの味わいと酸味がのっかってます!!
これが最高に美味い!!

たぶん一番多く食べてるのはトムヤムクン麺
DSC02354.JPG

麺は豚骨ラーメンの細麺。
これがまたスープと合う!!

ある、東大出身の偉い人を酔ったイキオイで連れてきた時は

「複雑な味だね」

そう言われました。

確かに、でも分かってない。

だからウマイんじゃん!!
こんな味、味わったコトあります!?

サッパリもコッテリも、カライ!!もスッパイも!!
旨みも渾然一体になってるラーメン。

五月蠅くてすみませんm(_ _)m

このトムヤムクン麺、この店の中でもキワモノ扱いらしく、
あまり頼む人がいないからいつメニューから消えてしまうか
心配で心配で、一人でも多くの人に食べてもらい、
トムヤムクン麺の灯を消さないようにしたいんです。
ええ、勝手な工作活動ですよ。

10年間毎日心配してました。

「トムヤムクン麺、人気なさそうだからなくならないかなぁ」

って。
幸いまだなくなってないけど、心配でたまりません。
こんなにウマイのに。

僕の身体の何割かは、バサノバのトムヤムクン麺で出来ています。

騙されたと思って、一度だけでいいから食べてみてください。
死ぬまでの中の一食くらい、僕みたいなクソを塗りたくったような
男に騙されてみるのもオツでしょ。

あー、書いてたら食べたくなった。
今日も行こうかな。

JUGEMテーマ:ラーメン

ラーメン緊急会議

何年かぶりにラーメン会議。

22歳の時、毎週二回くらい、夜中に
都内のラーメンを食べ歩いていました。
一回で二食、それを毎週、二年間くらい。
途中から「二食目は満腹感があるから総じて美味く感じない」
そういう結論に達し、一回一食にしたけど。

それでも二年間毎週ラーメンを食べ歩いていた。
あっちゃんとマスダと三人で。

あっちゃんは小学校から高校一緒で今のうちの会社の仲間。
マスダも小学校から高校一緒で、自転車でラーメン食べ歩いたり、
うなぎ釣りに連れて行ったり、乳酸菌がアレルギーに効くコトを
僕に隠して、僕を痒み地獄にしたりしてる。

仕事したり、乳酸菌業界になったりして、中々三人でラーメンを
食べられなくなったけど、緊急招集!!
議題は

・宮谷がラーメン史に終止符を打つラーメンを見つけたらしい
・偽郎という化学調味料を使わない二郎系があるらしい

こんな衝撃的な議題、集まらない訳にはいかない。
何年かぶりに二連続で行ってきました。

で、ラーメンの前に昼はハンバーガーがどうしても食べたくて、
近所を自転車で徘徊。
お目当てがやってなくて小一時間徘徊

DSC02355.JPG

ダブルチーズバーガー
DSC02357.JPG

ボリュームすごいけど上品!
さすが代々木公園、なんかセレブっぽい!!
よく分からないけど。

なんかものすごいスッキリしたハンバーガー。
これも好きだけど、やっぱりR20みたいな
野蛮なハンバーガーが好き。
獣臭がする毛深いデブのアメリカ人の腕のような。
そんなハンバーガーが好き。

で、仕事して泳いで、
あっちゃんとマスダ集合!!

まずは僕が
「とんこつラーメンの歴史はここで終わった」
と言った九秀へ。

ついに三人が揃った!!
DSC02359.JPG

みんなにとっては最高にどうでもいいけど、
僕にとってはラーメンオールスター勢揃い。
こういうのが楽しくて仕方ない。

僕は直球とんこつ、味濃いめ粉落とし
DSC02248.JPG

もう、ウマイ!!
替え玉したい!!

でもダメ。

今日はもう一件行くから。
と思った横目であっちゃんがまさかの

「ラードごはん一つ」

ラードごはん!?
ラードにごはん!?
この後二郎系だよ!?

心配をよそに、ぺろりとラードごはんをあっちゃんは
平らげ(一口もらったけど、すごい美味しかった)

愛読書は「美味しんぼ」っていうクソ憎たらしいマスダも
スープを飲んでた。

で、偽へ。

なぜ偽に行くか?
あっちゃんが衝撃の報告が原因。

「初台に化学調味料を使わない二郎系があるよ」

化調を使わない二郎系!?
最近非化学調味料マニアなので、
それは行かない訳には行かないと、というコトで偽へ。

着いてがっかり。
店員さん、いきなり、あの有名な白い粉(化学調味料)を
スプーン目一杯、どんぶりに放り込んでる。。。
二郎系ラーメンの代名詞、『化学調味料放り投げ』

「思い切り化学調味料入れてるじゃん・・・」

化学調味料を入れていてもそれは二郎系なら当たり前
のコトだし、お店も一言も無化学調味料を謳ってないから
お店は何も悪くない。
悪いのはあっちゃん。
デマ情報で僕の舌を化学調味料漬けにしやがって。
ラーメンテロ。
殺してやろうかと思った、あっちゃんを。


DSC02363.JPG

帰ってWEBで調べてみたら、確かに色々な人が
「偽は無化学調味料らしい」
って言ってる。
あっちゃんが間違えたのも無理はないと思った。

でも、お店は一つも「うちは無化調です」って言ってない。
お客さん達が勝手に勘違いしてるっぽい。
このお店、昼は無化学調味料をラーメンのお店として、
やっていて、夜だけ偽。
一つの店で昼夜、別の店になる。
ブログので無化調と書いている人達は
昼の無化調のイメージを引きずってるんだと思った。

現に、食べ終わったら舌がヒリヒリして、扁桃腺が腫れてかゆい。
ちょっと前までは二郎を何も感じずに毎日食べてたのに。
化学調味料を意識して避けてたら、化学調味料に舌と扁桃腺が
反応するようになったみたい。

マスダの野郎は平然と残しやがって、
こちとら店主って存在が恐いから麺を平らげ、
チャーシューはスープの舌に隠す気遣いなのに、
平然と「もう無理です」とのたまいやがって。
僕はありえない量の麺と化学調味料を取って
舌と扁桃腺がぴりぴりする。。。
ものすごい満腹感と口の中の違和感。
帰りにひとしきりマスダを罵って。

家帰ってお好み焼き二枚食べたヽ(´∇`)ノ

気になるラーメン屋あるし、このラーメン会議は
来年も何回かはしたい。
こんな31歳・・・幸せだヽ(´∇`)ノ

JUGEMテーマ:ラーメン
 

世界一のとんこつラーメン「九秀」

とんこつラーメンが大好きです。

15年以上前、高校一年の時、部活の関係で
毎週原宿に通っていました。
原宿って言ってもオシャレとはまったく関係なく、
原宿にある道場に部活で通ってました。
稽古が終わるのは21時くらい。
育ち盛り食べ盛り。

「今日は何食べようか?」

自然にこうなります。
でも、高校生なのでそんなにお金ありません。
自然とラーメンを探す旅に。
高校時代、原宿界隈のラーメンを
食べ歩いて出会ったのが「じゃんがらラーメン」
これが僕のとんこつラーメンの旅の原点でした。

こんなの(からぼん)


高一の時に出会ったじゃんがらが原点で、
それ以来15年以上、暇があれば都内のとんこつを
食べ歩いてきました。

ここ何年かは博多にまで何回か、とんこつラーメンを
食べに行ったりしました。
二年間くらい毎週二店舗以上、新店を
食べ歩いた時もありました。
うちの会社の仲間のあっちゃんと、
うなぎ釣りに行ったダーマスと共に。

15年近くとんこつを食べ歩いていると、
正統派のとんこつから亜流まで、
幸せな気分になれるとんこつラーメンにたくさん
出会って来ました。

僕の食の歴史はとんこつラーメンの歴史と言っても
過言ではないかもしれません。
だって、ひとつの種類の食べ物にこんなにこだわったのって
とんこつラーメンくらいしか思いつかないから。

そんな15年近い、とんこつラーメンの旅に
ピリオドを打つかもしれないとんこつラーメンに出会いました!!

こんなクソみたいな人間が書くクソみたいなブログ、
他の人にどう思われようが関係ありません。
僕は僕に言いたいから書きます。

「とんこつにピリオドを打つラーメンに出会ったかもね」

と。

うまいとんこつは数あれど、正統派とんこつラーメンで
ここよりウマイ店はない!!

現時点で最強の正統派とんこつ
DSC02241.JPG

僕はとんこつラーメンが食べたくなった時は
ここに決めました。

幡ヶ谷「九秀」と言います。

何がすごいって九秀、無科学調味料なんです。
化学調味料を一切使わないのに、どんなとんこつ
よりも美味いんです!!
ありえないくらいのマイルドさと旨みと奥深さ。。。。
30過ぎると腹がドンドンドンドン出ようとするので、
いつもスープはあまり飲まないようにしているのですが、
九秀のスープは手が勝手に口にスープを運んで来ます。
スープが美味すぎて手が止まらなくなります。

科学調味料が多いラーメンとかは食べた後、
舌がヒリヒリとするんだけど、それがまったくないから、
濃厚で奥深くて脂感もあるのにスラスラと飲めてしまいます。
麺も細麺がうまいし、店員さんもものすごい感じがいい。

ラーメン評論家の人とかには足下にも及ばないけど、
僕の中で、九秀のとんこつと出会って、
とんこつラーメンの旅は完結しました。

たぶんこれからも色々ととんこつ食べに行くけど、
僕はもうここでいい。

で、この日は昼に、こんなカレー
DSC02234.JPG

食べて、九秀で
餃子も
DSC02238.JPG

食べて、替え玉もして、

57キロ、体脂肪18%

まあ上出来。
こんなにウマイラーメンに出会えて僕は幸せ者だ。

JUGEMテーマ:ラーメン

禁忌を犯す、深夜の二郎喰い(思い出したらやるレコーディング)

毎日泳いでるからいい気になってた。
雑誌「食楽」を読んで以来、親子丼が
食べたくて仕方なく、昼は親子丼

神田「伊勢」


親子丼
DSC01924.JPG

とんかつが食べたくて夜は
代々木上原武信
DSC01926.jpg

180gのとんかつ!!


これがうまいの!!
米油かなんで揚げてあるせいかサクサクで、
ものすごくサッパリ食べられる。
モタれないからどんどん食べちゃう。

これで止めればいいものを
実家に帰って禁断の家二郎・・・

酔ってたんだろう・・・
きっと酔ってたんだろう・・・
夜中の三時に、ガバリと起きて、
酒を喰らい、

鍋二郎の時に冷凍して取っておいた
禁断の二郎スープを暖める
DSC01929.JPG

麺は自家製!!
自分で打った!!
を茹で・・・


基本強力粉のみで、加水率を極力低くして
一生懸命こねて、太めに包丁で切れば、
すごくそれっぽくなるよ。

野菜をトッピング。
チャーシューは自家製を乗せて
完成!!
DSC01930.JPG

うまい!!
うまいよ二郎!!
舌がヒリヒリするよ!!
化学調味料で舌が麻痺するよ!!

最近、化学調味料を取らないように気をつけてたので、
ガツンと舌が痺れる。

で、そのまま就寝。
起きたら、体重が大変。

56.6.から一気に57.6キロヽ(´∇`)ノ
体脂肪15%

まあいいや。
泣こう。

JUGEMテーマ:食べある記|グルメ