[台湾男旅] 台湾 PM2.5(その一)

 嘔吐に次ぐ嘔吐。。。
飯が一切口を通らず、飯どころか水すら
飲んだら吐く・・・

高熱と吐き気に襲われながら這う這うの体で
実家に帰って、自主的強制隔離。
おくさんに感染しちゃいけないし、
実家には齢91歳のサイキックばばぁがいる。

あの日から二日間、ずっと薄暗い和室。
全てはここから始まったんだと思う。

大量の牡蠣、これをほぼ一人で食べたんだ。。。
DSC02760.jpg

週末、赤ちゃん産まれたばかりのトミウカ(中学校から)と結婚式直前の
ダイジュ(小学校から)と台湾に行って来ました。
半ば強引に連れて行った腹いせか?

この大量の牡蠣料理を二人はほとんど口付けない。
仕方ないから僕が食べる。。。
DSC02761.jpg

僕が一人で食べる・・・


茹でてあるとはいえこんな感じの生牡蠣を大量に
DSC02765.jpg

いや、牡蠣は悪くない。
台湾の人は普通に食べてるし、
なによりコレを食べたのは吐いた二日前だし。
全部僕の身体が弱いのが悪いんだ。
あと、無理矢理食べさせた二人。

ダイジュの結婚式前って事もあって、最後じゃないけど
記念にどっか行こうって事になって台湾に行って来ました。

で、帰って吐き気と熱で実家にいます。

社会人て、
自分の遊びのせいで体調壊すのって一番やっちゃいけないらしいよ!?

まー、心と身体が弱いせいか、海外から帰ったりすると
すぐ身体壊す。
今回は二人の嫌がらせの分ちょっとひどいけど。
今ではこんなテンションだけど、台湾、初日とかは違ったんだ。
極力出費を抑える格安の旅を狙って台湾のエアライン。
本当はANAに乗りたかったけど、
チケットキティちゃん!!超カワイイー!!
DSC02689.jpg

キティちゃんとか、むしろ嫌いだけど。
それでも旅は気持ちを高ぶらせる。
飛行機までキティちゃん!!
しかもエアバスじゃん!!
超カワイイー
DSC02698.jpg

モニタまでキティちゃん!!
DSC02699.jpg
キティちゃん好きにはたまらないのだろうが、
こちとらタダのおっさんだ、ちょっとうっとうしい。
枕も・・・
DSC02700.jpg

機内食まで・・・
DSC02703.jpg

それでも美味しい機内食とキティちゃんのカワイさに
テンションはダダ上がり。
着くまでは・・・

着いて愕然。
ねぇ、これ?空気、汚くない?
DSC02706.jpg

全体的にモヤモヤしてる。
空港出て一目瞭然。
DSC02709.jpg

台北101がものすごい霞んでる。
台湾三回目だけど、こんなの初めて。
心なし空気がホコリっぽくてイガイガするし。
今流行りのPM2.5をいち早く先取りしてるんだろうか?

ホテルだけはと思い、W taipei。
三人で一部屋だからこそできる贅沢。
エレベーターからもうエロい。
DSC02713.jpg

基本的に男だけで来るホテルじゃないw
DSC02717.jpg

食費と飛行機ケチった分奮発したけど、
キングサイズのベッドに男三人・・・
DSC02718.jpg

ホテル側から見たら完全におっさん三人のハードゲイ。
とはいえ華のW taipeiテンションマックスで
29階からの外界を望む。
DSC02719.jpg

望む・・・
DSC02722.jpg

望む・・・
DSC02723.jpg

曇りのせいもあるけどこの霞は何・・・
やはりPM2.5(中国からの越境大気汚染、めんどくさいからPM2.5)
こちとら喘息なんだ、心が弱いんだ。
早くも喉と肺がヒリヒリしだしたような気がしないでもない。

トミウカとダイジュは健康優良おじさん。
空気なんて関係ない。外で食事。
まあホテルに籠もってたらまさにただのハードゲイ三人衆。
ウェルカムドリンクでほどよく酔って
DSC02724.jpg

大好きな台湾の街に。
何か見つけるトミウカ。
そう、台湾は大変な親日国、文化に日本が根付いてる。
DSC02734.jpg

台湾料理を食べずにまず食べるのが寿司・・・
DSC02733.jpg

寿司食ってどうするよトミウカ?
このトミウカのバカを諫めるべきだったんだ、あの時。
トミウカのヤツ、五貫も食ったせいでもう満腹気味。
トミウカは無視して夜市へ。
DSC02740.jpg

寿司食って満腹のトミウカはほっといて腹ごしらえ。
さすがは台湾、しょっぱなからウマイ!!

チョウロウハン
DSC02748.jpg

パイコーなんとか
DSC02749.jpg

「僕、中華料理って嫌い」
って言ってて内心「何のため来たんだコイツ?」
と思ってたダイジュも、

「俺、油っこいの食えねぇ」
って言ってて「何しに来たんだコイツ?」
と思ってたトミウカも一様に

『うまーい!!』

口に合ったようで嬉しかった。
台湾料理って油っこくないのも沢山あるんです。
DSC02747.jpg

ただ、屋台に酒がないのが不満の三人。
お酒があるってだけで入った店が全ての元凶。
DSC02756.jpg

身振り手振りで食材を指さすと
DSC02764.jpg

すごいボリュームで出て来る。
言葉通じないから何が出るか分からない。
パイコー酢豚
DSC02759.jpg

貝?
DSC02758.jpg

牡蠣茹でた美味しいやつ
DSC02760.jpg

この時点で既に三人とも、特にトミウカは
寿司を食ってるから腹いっぱい。
美味しいのにカエレマ10の様相。
美味しいのに申し訳ない。
それにしてもトミウカのヤツは本当にワガママだ。
箸をほとんどつけない。
ダイジュも「俺は酢豚食うからダイは」
牡蠣担当、、、
一人でほとんど食ったんだ。
いくらウマイとは言え、異国で大量の牡蠣。
一人で食うのは恐いよ?

台湾はまだ旧正月気分
DSC02771.jpg

それにしてもイヤらしいホテルだ。
ホテルに帰って
DSC02770.jpg

僕は腹に火が付いてセブンで買った焼きそば食って
DSC02774.jpg

これがまたウマイの。
台湾のコンビニ弁当て、まんま台湾料理。
日本でも出せばいいのに。

空気の悪さで喘息気味だから密かに喘息の薬飲んで、
牡蠣を食わされた腹いせに寝てる二人に嫌がらせ。

テーブルを照らすライトを顔の真上に向けてやった
DSC02776.jpg

寝てるダイジュのベッドランプ付けてやった
DSC02788.jpg

でも、この後、ダイジュの横に寝るのは僕、本当にゲイみたいだヽ(´∇`)ノ

空気は悪かったよ!!!

最高で最悪だった台湾、たぶん続く

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

マキヒロチ

 この顔、性格で13年位前スタバでバイトしてた。
スタバが上陸してまだ間もない頃で、しょせんただのバイト、アルバイト。
バイトのクセに「スタバでバイト」ってのがなんかカッコよさげに
思われてた、そんな時代。

僕は近所に出来たから始めただけなんだけど、
そんな時代だったから、一緒に働く仲間はスタバに憧れ、
スタバ愛に満ちたバイトばかりだった。

僕がクソみたいなドリンクを作ると

「えー、大ちゃん、そんなドリンク出すの?
  オレならよう出さんわ」

とか、

「○○の作るキャラマ(キャラメルマキアート)は最高〜♪
 大ちゃんのはフォーム(泡)がブツブツ・・・」

と、時給800円のバイトが作るドリンクなのに
ものすごい言われよう。
言う方もバイト、言われる方もバイト。
こっちはマニュアル通りに作ってるだけだっつーの!!!
バイト仲間達はものすごいこだわりよう。
まぁ、実際あの頃の東京で
"一番まずいドリンクを出していた自信はある"

やりにくいなぁ・・・

ちょっとヘキヘキとしだした頃、
一人、すごいカワイイのに目が死んでるバイトが入ってきた。

マキヒロチ。

新人漫画家やりながらスタバでバイト。
入りたての彼女がポツリと言った言葉を聞き逃さなかった。

「ハナクソ具合がすっげー悪い」

この一言を聞いて、スタバには数少ない"こっち側の人間"
だと分かった。
僕にとってその瞬間から数少ないこっち側の仲間。勝手に。

それ以来仲良くなって、23:00にバイトが終わると、
そのまま一緒にファミレス行って

マキヒロチはマンガの構想練ったり、マンガの仕事。
僕はこのお笑いの事をやったりしてた。

「いつか有名になって二人で対談とかしたいねー」

とか話した記憶がすごいある。
あれから13年くらい。
ずっと仲良くやってきて、去年は単行本の中でに
僕の奇妙な父子関係の話を書いてくれたりしてた。

LINEとかでたまにやりとりしたりしつつも、
日々の日常に追われ、マキヒロチなんざすっかり忘れてたら、

それがこの前ふと本屋行ったら、


新刊マンガの中で平積み!!!
しかも平積みの中でもお試しありの一番プッシュ!!!

他のどのマンガよりもマキヒロチが目立ってる!!!

しかももう在庫が一冊しかない。

頭がクラッとした。

いきなり、突然に、唐突にマキヒロチが現れた。
あのファミレスでおしゃべりしてたコが
本屋のマンガコーナーで一番偉そうにしてる。
マキヒロチ以外何者でも無い、マキヒロチの絵、
マキヒロチそのものみたいなマンガが置いてあった。

頭がクラッとした。

ちょっと浦島太郎になったような気がした。
自分だけ置いていかれたような。

まあ、そりゃそうなんだけどね。
鬼のように超絶強い、どうしてそうなるのか
理解できない柔術の先生がたまに

「まー、13年やってますからねー」

って言う。
マキヒロチも僕が知り合ってから13年、止めずに
ずっと一つの事を続けてきた。
僕が出会う前から漫画家の道を進んでたから
13年以上、もっともっと前からマキヒロチはマンガに費やしてきた。
13年以上、結果を求めて同じ事をずっとやってたらそりゃ差はつく。
マンガで立派なプロフェショナル。
いつのまにかマキヒロチはマンガの黒帯。

マキヒロチの単行本、マンガというより、
それはマキヒロチそのもののような気がした。

純粋にすげーなー、以外の何も出ない。

なーんか、今年で会社が10期目なんだけど、
僕の場合は「そこにいるだけ!!」って感じなんだよねー。

ラーメンだけは続いてるかなぁ。
今日は打ち合わせが楽しかったから二杯食べたし。


DSC02257.jpg

6年前、よく知らないけどサッカーの長友って人は
スタンドで太鼓叩いてたらしいし、AKBは8人のお客さんから
スタートしてたらしいし、やってみたら以外と
あっと言う間に積み重なるのかも。
6年後もあっちゃんは毎月10万円を戦国IXA(ゲーム)に使ってるのかなぁ。
6年IXAやってたら720万円じゃん!!!

夏休み

 高校や大学で師事した訳ではないけど、心の恩師に
『橘川幸夫』おじさん、という人がいる。
ちょっと面白い人だから、興味がある人はググれカス。

ものすごく変人なのに影響力がすごい、そのくせ
地方から来た女子大生が住んでるいるような
ワンルームマンションの一室を
"デジタルメディア研究所"と名付け、拠点にしてる。

堂々たる”デジタルメディア研究所”の名前。
21歳の僕は

「どんなにすごい施設なんだろうか」

とワクワクしてた。
行ってみたら女子大生が住んでるようなマンション。。。
衝撃だった。

でも、この女子大生の住んでるような部屋に、
信じられない偉い人達から、当時の僕らのような
世の中にとって本当にどうでもいい、ただの学生まで、、、
有象無象、あらゆる人達が集まってる。
橘川幸夫というおじさんに会うために。

そんな恩師である橘川さんが、不眠症で悩む僕に
さりげなく言ってくれた言葉が

「やりたい時が仕事、やりたくなった時にやる、それでいいんだよ」

この言葉にものすごい救われた。
僕は生活のリズムがありえないくらい不安定。
世の中のリズムと合わずに地味に深刻に悩んでたから
本当に救われた気がした。

この事思い出して、こんな時間(AM3:30)に起きて仕事開始。
案の定スロースターターだから、手を動かして仕事モードに
するためにブログ。

夏休み、大好きな人達と海に行った。
内弁慶な僕、みんな同窓、同級生、20年近い付き合い。

釣り師匠で中学からの友達のノリピーハウスのような別荘に
大勢で行き、飲む。

明け方、小学校からの友達のユウイチが外で死ぬ
DSC02128.jpg

寒そうだから何かかけてあげた
DSC02134.jpg

まだ寒そうだ
DSC02138.jpg

天空に拳を突き立て満足である事を示すユウイチ
DSC02139.jpg

寝たのもつかぬま、ダイジュ(小学校からの友達)が

「海で釣りしようよ」

AM5:00ですよ・・・
酔っ払ってるし、寝てないし、AM5:00ですよ・・・

枯れ草で寝てるユウイチを無理矢理起こして桟橋で釣り
DSC02147.jpg

楽しそうなダイジュ
DSC02150.jpg

疲れて寝るユウイチ。
超人へと進化する
DSC02169.jpg

変身
DSC02170.jpg

変身
DSC02171.jpg

ワカメ的なマン!!!
DSC02172.jpg

さんざん飲んで海で遊んで夜はうなぎ。
どうだリア充だろう、海で遊んだんだぜ。
33歳児達が。
DSC02177.jpg

カラオケだって行っちゃう。
ジムの先輩のカンノさん影響で好きになってしまった
モモクロだって歌っちゃう。
DSC02192.jpg

散々飲んで歌って、帰りも海
DSC02201.jpg

帰り道で、衝撃のラーメン。
衝撃の激マズ、最強ラーメンに出会ったんだ。
究極タイガー!!!!

ってゲームがあったんだけど、
意味は分からないけどそのくらい強烈。
でも、ものすごい行列。
DSC02204.jpg

激マズにしてハマる、最強最悪、究極タイガーな
驚異のラーメンに出会ったんだ。
その名も竹岡ラーメン。

衝撃の出会いだった。

こんな時間に比較的負い目なく自由に仕事を
できるようになったのは、オチョコの裏のように
器の小さい僕にとっては橘川さんのおかげが大きい。

寝たくなったら寝よ。



忘れられない味、ニューライト

 土日関係なく仕事。
ふだん自由にさせてもらってるから文句は言えない。

今日もこうして仕事のテンションを上げるために指を動かす。
香川からフェリーで大阪へ
DSC01634.jpg

五時間の旅。
長いけど、先週までのヨーロッパの鉄道の旅で慣れた
僕としてみたら、全然苦じゃない。

香川ではあんまりうどんに出会えなかったから欲求不満。
欲求不満で普段は絶対食べないつけ麺なんて注文。
欲求不満て恐い、理性を狂わせる。
DSC01637.jpg

鴨つけ麺。
このつけ麺が美味かった!!!
太麺じゃないつけ麺、コシもあって甘い鴨汁に
めっちゃくちゃ合うの。
欲求不満も吹き飛ぶ。
大阪最高!食い倒れ。

大阪行った目的はもうほとんどここにいくため。
それだけ。
この汚い店が目的
DSC01645.jpg

ニューライト。
確か、キャッチコピーが「忘れられない味、ニューライト」

店内は超汚い。
IMG_0547.jpg

ここのセイロンライスが忘れられない。
通ぶって、常連ぶってドキドキしながら

「セイロンライス、カツ乗せで」

カツトッピングで注文。
来た!!
IMG_0548.jpg

700円くらい?
ウスターソースっぽい、べちゃべちゃとしたカレー。
スープカレーとも違う。
ご飯がべちゃべちゃと浸ってる。
これに生卵溶かして食べる。

最高に美味い。

ココで食べるから美味い。
ていうか、これは本当にココでしか食べられないし、
ココ以外の店で出たら手抜きと思われると思う。
カレーともスープカレーとも違うセイロンライス。

一度食べたら忘れられなくなる。

わざわざ香川から寄ってよかった。

欲求不満も完全に解消。

シメはたこ焼き。
DSC01646.jpg

香川の欲求を大阪で慰撫する。
それだけの大阪。

一日三食しか食べられないんだよ?
一食一食が真剣勝負。
ただの食いしん坊なんだけどカッコよく言ってみた。

うどん調査

 仕事するための儀式。
指を動かす。
指を動かしてる勝手にやる気が出て来る。

ものすごくやる気がないから強制的にやる気を出すために
ブログ書く。

ヨーロッパから帰って次の日はもう香川にロケハン・取材旅行。
僕はうどんも大好きだ。
特に"東京で食べる"さぬきうどんが大好きだ。

一番好きなのは新宿の立ち食い「かのや」のぶっかけ
DSC00264.JPG

あの芯のあるコシ、たまらない。

本場うどん県はどうなんだ!!
DSC01497.jpg

もちろんANA。
飛行機の航路が僕の実家を通る航路だ!!
眼下に江ノ島が見える。
DSC01500.jpg

窓際最高。
窓際以外認められない。

さすがうどん県!!
荷物受け取るレーンにうどんが並ぶ!!!
DSC01504.jpg

高松駅前もうどんやだらけ
DSC01509.jpg

DSC01510.jpg

DSC01513.jpg

DSC01519.jpg

駅前の海水の池の中に
DSC01506.jpg

うどんが捨ててある!!!!
DSC01505.jpg

なにこれ?
うどん県、ヤバイ。
街にうどんが捨ててある、期待を裏切らない。

さっそく食べる。
頼むと汁なしで出て来る。
DSC01514.jpg

これがセルフうどん!!
このタンクから汁を自分で入れる!!
DSC01515.jpg

完成!
超うまそう
DSC01517.jpg

・・・

あれ?
なんか知ってるのと違う。
コシっていうよりモッチリ・モニュしてる感じ・・・
出汁の味も甘くてちょっと薄い?

大阪なんかだとどこの立ち食いで食べても
絶叫するほど美味いのに・・・

店が悪いのか?

ハシゴした
ぶっかけならコシがすごいんじゃと思って違う店
DSC01522.jpg

あれ?
ここもだ。
冷えてる分さっきの店よりもうちょっとしまってるけど
コシってゆうよりモッチリ・・・
甘くて薄め・・・

何だろう?
根っからの関東人だから舌がしょっぱいのに慣れてるのかな?
でも、関西のうどんは超絶好きだぞ・・・

釈然としない。
ものすごく釈然としない。

博多で食べた屋台のとんこつは涙が出るほど美味かったぞ。

釈然としないまま仕事に。
8/6日、四国アイランドリーグの試合に宅麺出店します。
芸人さんと宅麺出店します。


芸人さんと宅麺出店してスカパーで放送します。
それの取材旅行。
だから、ライバルになる球場の食べ物も食う。
DSC01595.jpg

もちろん夜もうどん。
だって釈然としないんだもん。

こだわりの手打ちの店で
DSC01630.jpg

うどん
DSC01629.jpg

椎茸が甘くて美味い。
でもコシと汁の味は相変わらず・・・
こういうものなのかな。

東京で好きなのが"ぶっかけ"っていう冷えてるヤツ。
ここにも"ぶっかけ"あったから注文。
同じ店でハシゴ。
DSC01632.jpg

暖かいのが出てきたヽ(´∇`)ノ

自分の常識を世間の常識と思っちゃだめ。

讃岐うどん不完全燃焼。

来月また行くから、今度は名店を食べ歩いて確かめたい。
自分の舌に合わないだけなのか、
本当にうまい讃岐うどんは超絶うまいのか。

釈然としないまま翌日はフェリーで
DSC01633.jpg

大阪へ向かう。
なんだこれは!?
DSC01635.jpg

突然にょきりと巨大な橋が姿を現した。
にょきり
DSC01636.jpg

讃岐うどんは来月、納得いくまで食べるつもり。
ていうか、仕事しろ。
8月6日、我らが沈黙が香川にお邪魔します!!

誰か美味しいお店知ってたら教えてください、うどんの。



ボーイング787、最高の帰路、ANAがすごすぎる。最高すぎるANA

 ことさら強調するつもりはないが新婚だ。
行きの飛行機でポロッとそれを言ったら、

ステッカー
DSC00457.jpg

絵はがき
DSC00460.jpg

この新型機787に乗れるだけでも嬉しいのに
787の絵はがきとステッカーまでもらえて、
もう大感動。

帰りの飛行機ももちろん787!!
世界に先駆けてANAに導入された新型機だ。

テンション上がりまくりで写真撮りまくり。
DSC01483.jpg

そしたら、CAさんが寄ってきて

「行きの飛行機の際に新婚旅行とお聞きしまして、
 行きにステッカーと絵はがきとの事でしたので、
 こちらを記念にどうぞ」

787トランプ!!!
DSC01491.jpg

さらにおめでとうドリンクと飛行機!!!
DSC01489.jpg

もちろんモデルは787!!


ANAの接客力に感動。
こんなに暖かいエアラインはない。
他は知らないけど行きと帰りで10日以上経ってるのに
お客さん情報が共有されてるってすごい、すごすぎる。

しかもCAさん教えてくれたけど、この日の
パイロットはプロフェッショナルに出てた、
あのカリスマパイロット!!!

そう!
みなさんご存じ!!
あの人!!!

プロフェッショナルで見たでしょ!?

787の第一人者の人!!!

荷物待ってるときにその人見つけて
一緒の写真撮りたかったけど、人見知りだから
恥ずかしくて声かけられず。
だって、飛行機好きな僕にとっては雲の上の人、
大スターなんだよ。

一生ANAに乗り続けます宣言。

787の勇姿


胴体から翼からエンジンからフォルムが違う。
一目でそれと分かる先進的な形。

とにかく移動したヨーロッパ三カ国の旅、終わり。
ステキだった。

この後、日本に帰ってうどんの食べ比べしたり
友達がプロレスラーになってたりする。


JUGEMテーマ:海外旅行 総合

ブチ切れる、プラハ→フランクフルト、途中ミュンヘンヽ(´∇`)ノ

会社が汚いからルールを作った。
主に会社を汚すのはあっちゃんという同級生。
彼はソーシャルゲームにはまってる。

戦国IXAってやつ。

それに人生を賭けてる。
毎月10万円を半年以上使い続けてる。
本人、飽きると自覚してながら

「あと二年はやり続けるね」

と公言してはばからない、常識外なあっちゃん。
あと240万円は使うつもりらしい。
そして飽きるらしい。
常識外れ。

そんなあっちゃんに部屋を汚させないために決めたルール。

『会社汚いままだと戦国IXA禁止』

一週間に一回、合戦て戦国IXAのメインの遊びがあるんだけど、
会社汚したままだとその合戦の参加禁止っていう
ルールを作った。

で、昨日会社行ったらものすごい汚れてるし、
誰もいないのにパソコンが二台、つきっぱなしだ。
まあ、汚れてるのもパソコンの電源が入ってるのも
理由があっての事だったんだけど、僕、その時は
そんな事知らないからメールで

「会社汚いしパソコンつけっぱなしだから
   次回のIXA、禁止でいい?」

ってあくまで丁寧に、確認の意味を込めたメールを
したんです。
そしたら、あっちゃんからすぐ電話。
受話器から聞こえてくるのはあっちゃんの怒気そのもの。

「ちょっと言わせてもらうけど、○○の理由がある、
 ふざけんなよダイ、ぶち切れそう!!」

理由言ってもらえて僕の誤解だった事が分かったから
謝ったんだけど、それにしても

「ぶち切れる」

人が人に対して言う言葉、言っていい言葉じゃない。
と、僕は思う。
ブチ切れるって、つまり、"理性の外に行く"って事でしょ?

怒りと感情に身を任せ、理性ではない言動を取る準備がある

こういう事でしょ?
人が人に対して理性外の言動をちらつかせるって。
立派な脅しじゃん。
同級生が同級生に脅しをかけるって、たとえ本気でない
としても、言っていい言葉じゃないと思う、いい大人なんだし。

もし僕が、あっちゃんに「ブチ切れそう」って言われたとき

「キレてみろよ!!おい、ふざけんなよ来いよキレろよ、俺もキレる」

って同じレベルで返したらどうなるのよ?
もうそれは行き着くところは戦争でしょ?
武力でしょ?
いい大人が殴り合いでしょ?
行き着くところは暴力でしょ?

ブチ切れる

って事を
相手に伝えるってそういう意味があると思う。
だって理性の外、暴力を相手にチラつかせるんだから。
僕が謝らないであっちゃんのブチ切れるに乗ったら
どうするつもりだったんだろう・・・

けんか腰になる人

って嫌いだ。

チェコとドイツの電車のルーズさくらい嫌いだ。


チェコからフランクフルトまで行かないと行けない。
帰らないといけないから。
なに、もう大丈夫だ。
キップは予約済み、指定席で入手済みだ。

プラハ(チェコ)→ニュルンベルグ(ドイツ)→フランクフルト(ドイツ)

八時間の旅。
ニュルンベルグからはドイツ新幹線で行く。
プラハ→ニュルンベルグ間はもう既に乗っているし、
どちらも始発だから乗り過ごす事はない。
ニュルンベルク→フランクフルト間のドイツ新幹線も二回乗ってる。
心配は一つも無い。

ニュルンベルグからのドイツ新幹線の乗り換えまで
8分も余裕見てるし、乗り継ぎだって余裕だ。

ただ、言葉が読めない・・・
駅で電光掲示板の前に張り付く
DSC01364.jpg

列車番号だけが頼り。
指定のホームに電車が来た。
安心だ、行きに乗ったやつ。
DSC01366.jpg

プラハを出る
DSC01372.jpg

余裕のゆうちゃん、終点まで乗るだけ
DSC01373.jpg

そろそろ到着時刻・・・
ニュルンベルグ到着時刻・・・
電車、あれ?
止まってるぞ・・・
DSC01375.jpg

電車が動かない・・・
なに、乗り継ぎまで8分ある・・・

5分...
3分...
1分...

電車が動かない・・・
全身から悪寒と汗と脂が噴き出る、プシュー

う、動き出した!!!
頃にはすでに到着時刻10分すぎ・・・
8分余裕見て行ったら20分遅れやがったヽ(´∇`)ノ
当然いるはずのドイツ新幹線はいない
DSC01377.jpg

だって10分前にもう出てるはずだからね!!!

頭真っ白。
もう二度と帰れない。
僕はニュルンベルグで生きていくんだ。。。
さよならニッポン、さよならみんな。。。涙が出た。
泣きながらホームを降りて中央掲示板を見てみる
DSC01379.jpg

あれ!?
乗るはずだった"ICE528"の文字が残ってる!?
列車番号は分かるけど、残りが読めない!!!

ホーム前の掲示板に走る!!
ICE528の表示がある!!
DSC01383.jpg

なんて書いてあんだよ!!!!
18:02すぎてるし!!!
ブチ切れるぞ!!!

ホームを駆け上がる!!
DSC01381.jpg

新幹線じゃない!!
雨!!
僕の目からも雨!!

見間違いかもしれないからもう一度
掲示板に行く
DSC01380.jpg

ICE528はない・・・
該当する新幹線もいない・・・
あるのは虹・・・
もうなんなんだよ
DSC01385.jpg

虹なんていーよもう。
泣いてたら、来るはずの反対側のホームから
ドイツ新幹線が来た!!
DSC01391.jpg

来た!!
DSC01393.jpg

来た!!
DSC01395.jpg

ドイツ語でフランクフルトらしき文字もある!!
DSC01388.jpg

ICE528の文字だ!!
フランクフルトまで行くぞ!!
乗れ!!
列車は待ってくれない!!
かけのれ!!
どうだこの危機対応能力、俺は旅慣れるんだ。
一瞬のチャンスを逃さない。
すぐに発車するドイツ新幹線。
DSC01400.jpg

コーヒー飲んで落ち着いて
DSC01403.jpg

車内の掲示板を見てみる
DSC01396.jpg

ほらみろICE528だ。
その下見た、

Munchen・・・

ミュンヘン?
青ざめてもう一つの掲示板見た
DSC01397.jpg

Munchen Hbf

って書いてある。
Hbfてのは中央って意味。

ミュンヘンて逆方向じゃ?
慌てて地図を出す。
DSC01398.jpg

完全に逆方向ヽ(´∇`)ノ

バカが高速で運ばれていくぞー!!!!

泣く。
iphoneで現在地を2秒おきに確認。
ほんとんどビーョーキ!
DSC01404.jpg

あまりの挙動不審さにドイツのおじさんがお菓子くれた
IMG_0528.jpg

どういうつもりか知らないが、お菓子一つで問題は解決しない。
しかし僕は大人だ、笑顔でお菓子をもらってほおばる。
子供に見えたのかな?おっさんなのに。

もうヒリヒリのしっぱなし。
胃潰瘍になるかと思った。

もうどーにでもなーれーヽ(´∇`)ノ


全てを投げ捨て諦めて、赤ワインで乾杯。
車内で痛飲、へべれけ、現実逃避。
お酒美味しいなぁ、ウフフフ、オッケー

すったもんだを繰り返し、予定を大分過ぎて夜、

街だ!!
DSC01420.jpg

街だ!!
DSC01419.jpg

フランクフルトだ!!!
日本に帰れる!!
泣いた。


JUGEMテーマ:海外旅行 総合

[チェコ一人旅] プラハで暴食、チェコ料理最高ヽ(´∇`)ノ 天空の城!!

「チェコ料理はうまいらしい」

そう聞いて、もう頭の中はチェコ料理。
とにかく探す、身振り手振りでチェコ料理屋を探す。
DSC01225.jpg

思い切ってドアを叩いて身振り手振り。
お店の人が笑顔で向かい入れてくれる。
チェコ人、超優しい、親身、みんな。

ビール飲むとかゆくなるけどビールで待つ。
DSC01214.jpg

来た!!
スープ界の二郎!!
DSC01215.jpg

ニンニクのスープなんだけど、スープなんてもんじゃない。
ニンニク喰ってるみたいにニンニクの辛さと歯応えが口中に広がる。
広がるというより、口中にニンニクが突き刺さる。
味も二郎のように濃いめ。
これがうまいの!!

うまいけど二日間はありえないニンニク臭に悩まされる。
本当にプラハの人達はこれを毎日飲んでるんだろか?

もう一つのお目当ても来た!!


なんと煮込んだ肉の上に乗ってるのは
生クリームとブルーベリー。
これはやばい。
正直、生クリームとブルーベリーと肉の組み合わせは
理解できないからよける。

よけて食べるとめちゃくちゃにうまい!!

なんだろう、肉の煮込み具合も味付けも、
ソースの濃厚さも日本人にピッタリなの。
奥にあるまんじゅうの皮みたいなパン、
これをソースに浸けて食べるとまた最高!!!

初めて食べる、初めてなのにピッタリな味。

30才すぎてこんなに新しい味覚の感動を
味わえるとは思わなかった。
チェコ料理、最高。

こんなにうまい飯を食うともう
もう

それは

もう

胃袋に火が付く。
こちとら中年だ。
食欲だけが楽しみだ。

次なるチェコ料理を探して歩く
DSC01229.jpg

歩く
DSC01247.jpg

歩く
DSC01260.jpg

ドラクエみたい!!
遠くの町並みの上に宮殿!!
なにこれ、完全にドラクエじゃん!!
城の上の雲、暗雲垂れ込めてるし!!
DSC01266.jpg

あの城まで行かない訳はない。
僕の人生、僕以外の何物のモノでもない
僕の人生にとってはどんなにポンコツでも
僕が勇者だ、主人公だ。

あの城まで行く事にした
DSC01275.jpg

登る
DSC01276.jpg

行き止まりだ・・・
こんな鉄の扉を開ける鍵はない
まんまドラクエじゃん
DSC01279.jpg

迂回して登る
DSC01281.jpg

登る

登ってたら見えた!!
奥に見えた!!宮殿だ!!
DSC01283.jpg

空超キレイ
DSC01285.jpg

ここまで登ると景色もすごい。
登ったもんだ
DSC01286.jpg

城下町とは別世界、荘厳な空気。
DSC01292.jpg

ボスのいそうな城の入り口
DSC01293.jpg

門番の兵が僕をふさぐと思いきや、
あっさり入れてくれる。
入るとそこはもう天空の城
DSC01294.jpg

まさに天空の城
DSC01304.jpg

ボスいそう。
DSC01298.jpg

ステキすぎる
DSC01303.jpg

プラハ、最高。
多分ドラクエはここをモデルにしてるに違いない。
ファミコン世代にはこんなに郷愁にクルところ、ない。
まるで天空の城から見た城下町そのもの
DSC01309.jpg

腹も減ったから下る。
天空の城?最後までやってないから分からないし。
DSC01319.jpg

猫ちゃん超かわいい!!
DSC01320.jpg

川辺まで降りる。
これがあの川
DSC01322.jpg

チェコ最高。

歩いてて分かったんだけど、チェコ料理って

CZECH

って言うっぽいの。
日本で言う「割烹」とか「和食」とかそんな感じかな
CZECHあった
DSC01329.jpg

たぶんこれ、

チェズ、キュイジーヌ

チェコ料理って意味だと思う。
知らないけど。

城(ていうか教会)を降りてホテルに戻る頃には
すっかり夜、で雨
DSC01346.jpg

ホテルの近くの寂れたバーに"CZECH"て書いてあったから
入ったら当たり!!
アヒルのなんたらが出てきた!!
DSC01342.jpg

これもまーうまいの。
語彙の貧弱な僕はうまいとしか言えないけど、
もう本当にうまい!!
としか言えない。
これ食べるだけにまたプラハに行きたい。

安居酒屋の料理を堪能して飲んで、店を出たら
すっかり雨
DSC01347.jpg

チェコ、プラハ最高。
ヨーロッパで一番楽しいかもしれない。
もっといたい。

でも、明日はフランクフルトまで帰らないと、
日本に帰れない。
しかも帰ったらすぐ香川に出張だ。
帰らない訳に行かない・・・

バックパッカー気取りで荷造りして
DSC01351.jpg

あの往年のクソ映画「アヴァロン」に出てきそうな
路面電車に乗って
DSC01355.jpg

駅に行って、言葉が読めないからどきどきしながら
列車を待つ
DSC01365.jpg

何書いてあるのか分からないのヽ(´∇`)ノ

もうこのヒリヒリ感、最低だけど最高。
電車来た!!!

フランクフルトまで8時間かけて行く。
途中、初の乗り継ぎもある。

まあ、こちとら旅慣れてる。
乗り継ぎの電車が来るまでに8分も余裕あるわ。
しかも乗り継ぎの駅は僕が居た街、ニュルンベルグ。
勝手も知ってるし、抜かりはないわ。

フランクフルトへ向かったんだ。


JUGEMテーマ:海外旅行 総合


[チェコ一人旅] 一人でプラハへ、

 仕事の合間、息抜き。
キーボードを叩いていると指を通じて脳が動くのか、
勝手にやる気が出て来る。

途中からチェコに一人で行ったんだけど、
この事書こうと思う事三回。
毎回途中でブログが消えちゃって、、、
もう書く気ナッシングヽ(´∇`)ノ

でもほっとくのも気持ち悪いから、
もうこれでもかってくらいやっつけでやる。

プラハという文字以外何一つ分からず不安な気持ちになる
電光掲示板
DSC01154.jpg

生まれて初めての一人での海外長距離列車。
DSC01155.jpg

社内でケバブをパクつく
DSC01160.jpg

ドイツ(ドイツに限らずヨーロッパ)ケバブ屋さんがすごく多くて、
たぶんトルコ人の人がやってる本格派ばかりなんだろうけど、
でも、味は日本の方が口に合った。
なんかヨーグルトっぽさが強いというか酸味が強いというか。
ついでに気になったケバブ焼きそばも
DSC01162.jpg

どんどん食べるよ。
そんなこんなで川超えると
DSC01164.jpg

屋根が赤くなる!!!
DSC01172.jpg

チェコだ!!
チェコはなぜか屋根が赤い。
DSC01183.jpg

プラハに到着
DSC01186.jpg

プラハ駅
DSC01187.jpg

ずっと彼女がいたからまったく不安がなかったけど、一人だ。
12ヶ月を英語で言えないくらいバカな僕がチェコに一人だ。
誰にも頼れない。
頼ろうにも言葉が出来ないから頼ることすら出来ない。

ヒリヒリする

このヒリヒリ感、一人旅の醍醐味、嫌だけど好きだ。
ものすごく嫌な心持ちのくせに、ものすごく懐かしくて嬉しい。
誰にも頼れない、とにかく一人でやるしかない。

ね?

言葉しゃべれないっていいもんだよ。

たかだか旅行でこの寂寥感だもん、お手軽。

プラハに着いた!!
DSC01198.jpg

チェコ料理はうまい、日本人に合う

何かで聞いてて、すごく食べたいのが二つあった。
でも、僕は言葉がしゃべれない。
ドキドキしながら一人レストランに入る
DSC01199.jpg

イタリアンだった・・・orz
DSC01202.jpg

それでもうまい。
このソース、前にフィレンツェで食べて好きだったヤツだ。
お目当てじゃないけど満足。
すっかり飲んで店を出たら夜。
プラハ、超キレイ
DSC01206.jpg

どこか古めかしくてプラハが一番好きかもしれない。
さっきケバブ「口に合わない」っていっといて夜食にケバブ
DSC01211.jpg

やはり味は日本の方が美味かった。
どんどん食べる、どんどん太る、そういう作業。

次の日は丸々プラハ観光。
お目当ての食べ物を探すのが目的。


それにしてもこんなに自由にさせてくれてありがたい。


JUGEMテーマ:海外旅行 総合

ドイツ、悪魔の祭典からの逃避行

根本的にやってる事は10年間まったく変わらず、
それがまったく食えず、やっている意味・意義すら分からず、
それでもそれしか知らないから10年間ずっとソレを
続けてきてた。

久しぶりにちょっと長めに悶々としてたもんで、
逡巡に逡巡を繰り返しながら韜晦してたら、
本当に偶然、やるべき事とその意味と意義が見つかった。
先週見つかった。

3年先、5年先、10年先、30年先まで、僕らが
生きていくためにやるべき事、それの意味と意義が
見つかったのだからそれはすごい。
それが先週見つかった。

こんなにすごい事ひらめいといて、ソレは結局、
10年間続けてた事をもっと明確に大きく、意味を
持たせて続けて行くだけの事だったから、
結局、根本はこれからも一緒・・・

まあ、10年続けたからこそ見つかった(先週)と思う。
飲んだ時に
「おめーは何がしてーんだー」

って言われたから
「ずっと見つからなかったけど先週見つかりました、キリ!!」

って言ったら、笑いながらまるで子供を撫でるように
慈しみと愛に溢れた表情でぶん殴られた・・・


飲みの世界、こういうのすごく嬉しい。
肌と肌のぶつかり合い、まさにスキンシップ。
逆だったら僕も「呆れるだろうなぁ」と思う。
だって

「本当にやりたい事が先週分かりました!!」

だもん。
脳内ゆとりかよって思う。
これからはソレをもっと明確にし、言葉にし、
伝えられるようにし、人に伝えられるようになったら
カタチにしていく事になると思う。

・・・ちょーめんどくさい

めんどくさいから逃避行。
キー叩いてると仕事してると思われるから一石二鳥。

ドイツも最後。
馬車もスマホの時代。
DSC01042.jpg

ドイツ料理って何となく美味しくないイメージあったけど違う。
どれもすごく美味しかった、ドイツ料理にはずれなし。
定番のソーセージうまい!
DSC01046.jpg

朝ご飯からこのボリューム!!
DSC00977.jpg

ドイツにもとんかつがある!!
シュニッツェル
DSC00980.jpg

オシャレな盛りつけだってできちゃう!
DSC01081.jpg

下の方の名物料理!!
名前は忘れたけど日本にはない味もう最高!
DSC01117.jpg
じゃがいもモッチモチだし最強。

ドイツ料理堪能してドイツ新幹線でニュルンベルグへ
DSC01065.jpg

ホテル着いたらなんか違う・・・
DSC01079.jpg

ホテルの外に黒い服の人達・・・
迷彩ズボンのおっさんが異様に多いし・・・
駅にこういう人とかいるし・・・


3日間ぶっつづけのフェスがあって、フェスなんて
言うとカワイく感じるけど、メタルのフェス。
メタリカを筆頭とするメタルバンドの三日間。
悪魔の祭典・・・
僕には悪夢でしかない・・・

ホテルから出るといかつい黒ずくめの外人。
ホテルの部屋に帰っても外からメタルの重厚な
サウンドが容赦なく僕の鼓膜をゆらす。
重厚すぎて窓ガラスとかもゆらす・・・

彼女の目的はこの悪魔の祭典に行く事。
彼女はこのためにこの旅行組んだ。

こんな悪夢はごめんだ。
置いて、一人逃げ出す事にした。
彼女は悪魔の祭典、僕はそっと部屋を抜け出した。

長距離列車がく来るまでのニュルンベルグ
DSC01100.jpg

DSC01104.jpg

DSC01099.jpg

DSC01109.jpg

DSC01107.jpg

来た!


プラハへの逃避行


キーボードの音で仕事してる風も十分伝わったと思うし、
仕事しよう・・・

めんどくさいなぁ

JUGEMテーマ:海外旅行 総合