企業防衛と死亡保険

10年前のバーミヤンのバイトの頃からの友達、
今はうちの会社の税理士のさんちゃんのススメで
会社として僕個人に死亡保険をかけた。

多少は会社が安定してきたので「会社を守る」という
意味での死亡保険。
これからずっと、積み立てていく。

会社の状態が悪い時には切り崩せば、
全部じゃないけど戻ってくる。
いざという時の備えになる。
会社を畳む時に解約すれば退職金にできる。
あくまでも安心のため、会社を守るための保険。

でも、
なによりも僕が死んだら会社にものすごい額の保険金がおりる。
僕にかけられた死亡保険・・・

自殺でも二年か三年以上この保険を続けていれば、
ものすごい額の保険金が下りる。

僕が死んだら会社にものすごいお金が入る。
最初に説明を受けた時からずっと、複雑な気持ちだった。

聞いたらこの死亡保険、けっこう一般的みたいで、
友達の水道屋の三代目(これも中学からの友達)も
会社を継いだ途端、先代の父親から加入させられた。
その彼の

「いざとなったら死ねって事か、父親もひでーなーって思ったよ(笑)」

この言葉が忘れられない。
ズシリ重く頭の片隅に居座ってた。

「死ぬと会社が潤うのかぁ・・・」

複雑な気持ちのまま、今日、契約を迎えました。
契約を終えたら、不思議と軽い気持ちになった。

僕が何かで死んでしまってもみんな生きていけるんだ

そう感じた瞬間、
フッと気持ちが軽くなりました。
どこかですごくホッとした。

・いざという時の備え
・退職金代わり
そして
・経営している人の気持ちを軽くする

三つの効果がこの死亡保険には込められてるのかなぁと思い、
改めてさんちゃんに感謝。

この、ちょっとだけだけど、この気持ちの軽さは
そうとう嬉しい。
会社作る前の心の重量に少し戻れた気がしました。
さんちゃん、ありがとう。

会社も来月で八期目、このまま順調にゆっくりでも
しっかり育てていきたい。


会社でまだ内緒の企画番組の準備中


JUGEMテーマ:経営
 

Mac Book Proもう壊れた!!すぐ壊れた!!ヽ(´∇`)ノ

僕含め、社員全体が会社という場に囚われず、
いつでも好きなときに好きな場所で、好きなように
仕事をし、生きていける会社を目指しています。

当たり前だけど、なによりノートパソコンが重要です。

お笑いの会社でDVDを作ったりもするので、
ノートにはけっこう重い作業させる事もあり、
先月、最新のMac Book Proを買いました。
ずっとMacだけど、定期的に換えていかないと、
いつだめになるか分からないので、二年ぶりに
Mac Book Proを買いました。
がんばって最新型にしました。

そしたらもう壊れましたヽ(´∇`)ノ

起動するとシマウマみたいになるよ!!
DSC00236.JPG

起動したらシマシマが出てそのまま・・・
一応、外部モニタとつなげば使えるけど、出先で使えないと
まったくノマドじゃない!!

ノートパソコンは仕事の命なので、けっこう大事に使ってます。
それが一ヶ月もたたないでコレ・・・orz

『macの初物(CPUやビデオカードが変わった時)は手を出すな』

ってよく言うらしいけど、そのとおりだと思いました。

本当にノートパソコンがないと仕事にならないので、
バックアップ兼旅の時用にMac Book Airがあるのと、
バックアップと大事なデータはクラウド上にあるからいいけど、
買ってばっかりでこれは悲しいです。

アップルストアの人を予約したので、金曜、診せに行って、
たぶん入院。

iPad買って、調子にのってこういう事したからかなぁ
DSC00234.JPG

でもこれ、ちゃんとしたアプリ入れただけだし・・・
macって本当にすぐ壊れる!!
それでもWindowsに戻らない、今では立派なマック信者。

あーあ

JUGEMテーマ:経営
JUGEMテーマ:Macintosh
JUGEMテーマ:iPad
 

東京にある沖縄

起きて伸介さんのテレビを見ていたら、宮古島に民宿作ってた。
宮古島という事もあり、沖縄そばが出ていて、その性で
無性に沖縄そばが食べたくなり、近所の東京にある沖縄へ行き、
沖縄そばを食べる事にしました。

代田橋の甲州街道っていう大きな通り沿いの路地に、
ふと、唐突に沖縄が現れます。

バカかと思われるかもしれないけど、本当に、
唐突に沖縄が現れます。

これが入ったお店らへん

一店だけががんばって沖縄を主張してるんじゃなくて、
奥のお店にはめんそーれ沖縄タウンの看板。
なんの店か分からないけど、店全体で沖縄を主張しています。
商店街の入り口もすごい沖縄を主張しています。

商店街の入り口

甲州街道の入り口にいきなりこんな門

商店街ぐるみで沖縄を主張しているんです。
代田橋の和泉名店街。

商店街の中も沖縄づくしで、
雑貨屋も中華料理やも居酒屋も、沖縄にゆかりのあるモノを
出しています。

沖縄専門の料理屋も、この小さな商店街に3店以上あり、
沖縄、何回かしか行った事ないけど、気分は沖縄。
で、沖縄そば食べてきました。

沖縄そばならぬ、首里そば


首里製麺っていう、この商店街で一番流行ってそうな
沖縄そば専門店に入ったんだけど、
メニューが

「昔ながらの沖縄そばを完全再現した沖縄そば」
と、
「二年の歳月で完成させた、沖縄そばをベースにした究極のそば」

に分かれていて、宣伝文句に弱い僕は、食べる前から
口の中は沖縄そばだったのに未知の首里そばを注文。
「無化学調味料です!!」
っていう殺し文句が止めでした。


弱いんです、押しと自信に。

最初は美味しいんだか分かりませんでした。
沖縄の塩?
豚骨っぽい雰囲気やら、沖縄そばの魚介な出汁の雰囲気やらの
スープに、いい塩を食べた時に感じる、たぶん沖縄の塩の
"ニガリ"な感じが、スープを飲む度に舌に"グッ!"としてきて、
美味いんだか不味いんだか分からない不思議な気持ちになりました。

ラーメンが大好きで、食べたいモノを食べたいだけ食べている事が
人生で最高の幸せだと思っているくせに、太りたくない、矛盾した僕。
普段は好きなラーメンでもスープはあまり飲まないのですが、
この首里麺、気づくとどんどんスープを飲んでいました。
お勘定終わってからも口惜しくて残ったスープを貧乏たらしく
ずいずいと飲んでいました。

美味しいってこういうのかなぁ?
とクビを傾げた首里そぱ。
今度は素直にここの沖縄そばを食べてみます。

仕事もしたいからノートしょって、大好きな
謎の中世風の喫茶ザロフで漫画読んで、ちょっとマスターと
神代文字やらの話をして帰りました。

こういうのが僕にとっての幸せなんだなぁと、
平日もこんな気持ちでいられればいいのに。

不眠症なもんで、こんな時間をこんな風に
ダラダラと過ごせるのはブログのおかげ。
でも読まされる方はたまったもんじゃないと、反省。

首里製麺
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131808/13026107/

JUGEMテーマ:グルメ

ヘルズキッチンに行った!!

『ヘルズキッチン』という、スカパーでやっている
番組が大好きです。
テレビなんて全部ヘルズキッチンだったらいいのに。
今、「心から好きな芸能人」と言われたら、

・土井善晴
・落合努

と、

ヘルズキッチンのゴードンラムゼイシェフ!

しか思いつきません。

今日は僕の大好きな料理番組のシェフ、
ゴードンラムゼイシェフのお店に行ってきました。
高いから普段は絶対に行けません。
「誕生日のお祝いだから」
って自分を納得させて、清水寺から飛び降りる覚悟で
行ってきました。

このヘルズキッチンていう番組、
世界的に超有名だけど、部下にもお客さんにもどなりちらし、
汚い言葉を浴びせかける、鬼のようなラムゼイシェフの怒り具合を
楽しむ料理のリアリティーショーなんです。
これがもう大好きで。

ラムゼイシェフはこんな人
ゴードンラムゼイシェフ

人生で一度でいいから行ってきたくて行ってきました。
まぁうまいんです!!
間違いなく世界一!!

アスパラをなんとかして、なんかかけてあるスープ
DSC00192.JPG

ホタテと豚か何か肉を何とかして何かのソースに埋めたような何か
DSC00195.JPG

牛肉のステーキ的何かコク的なソースをかけたような何かとたぶん野菜的な何か
DSC00200.JPG

こんなに美味いフレンチは生まれて初めて、人生最高、
世界一のフレンチ!!

他でフレンチ食べたことないから分からないけど。
二郎ばっかり食べてて味覚は化学調味料で
破壊し尽くさてる、壊滅的な味蕾の舌だけど。
味は濃くて脂っこいモノ=美味いと思ってるけど。

ここより美味しいフレンチなんてない!!

他食べたことないから知らないけど。

わざわざブログで書いてるくらい美味い!!って言っておいて、
本当にごめんなさい。

ラムゼイシェフに罵倒されたいなぁ

■お店のリンクは以下
http://tabelog.com/rst/auth_rvw_entry_end?rcd=13016518&rvwcd=1763384

JUGEMテーマ:グルメ
JUGEMテーマ:レストラン

HyperMacが届いた!!

会社という磁場から解放され、仲間全員が社会的常識にも
囚われず、本当にやりたいように自由になれる会社を
追い求めています。

会社という場、どうしても引きつけられてしまう
磁場から解放されたい。
それにはどこでも自由に仕事が出来る環境じゃないといけない。
そう思って、社員全員にMac Book Proを配布しました。
Wi-fiの費用も会社負担です。
データカードも今月中に全員に支給します。
全員といっても四人だけどヽ(´∇`)ノ

どんなに会社という磁場から解放されようと思って
ノートパソコンを使って外で仕事してても、
バッテリーが尽きたらそこでノマドは終わり。
電源のある会社に戻らないといけない。

喫茶店で仕事してたとして、コンセントがある店とは
限らないし、コンセントがあっても、その近くの席に
着けるとは限らない。
そもそも喫茶店とかで電源勝手に使うのはダメ。
一言断りを入れておかないとダメだし、
貸してくれないコトもけっこうある。

でも会社にいれば電源が常にある。

「だったら仕方ないから会社にずっといるしかない」

くだらない。
人は仕事をしたい場所で自由に好きなだけ
仕事ができるべきたと思う。

そう思って、電源問題から解放されるために買ったのが
HyperMac
マック唯一の外付けバッテリー


マックの電源周り、特許があるらしく、Windowsみたいに
自由に外付けバッテリーを作れないみたいなんです。
唯一その問題を解決したのがHyperMac。
どう特許を回避したかは調べてません、興味ないから。
日本では正式に発売されてないので、代理店経由で購入しました。

これ、MacBookProはもちろんのコト、iphoneも充電できるらしいんです。
さっそく試してみました。
DSC00170.JPG
分かりにくいけど、iphoneもMacBookProもちゃんと充電されてます!!
当たり前だけどすごい。
マックの製品でWindowsや日本の機器に比べて明らかにバッテリーの持ちが
悪いんです。iphoneしかり、MacBookProしかり。
レッツノートなら8時間とか持つのに、MacBookProだと公称9時間とかでも、
実際は4時間程度だし。
だからこの外付けバッテリー、地味にすごいそうなんです。
どのくらいすごいかは使ってないから分かりません。

このHyperMacを常に持って、どれだけノマド化、電源がなくても
仕事を続けられるか、試していきたいと思います。
飽きなければ。


JUGEMテーマ:経営
JUGEMテーマ:社長日記
JUGEMテーマ:Macintosh
 

酔って入ったとんこつが正解

僕の仕事になくてはならない人、ほぼみんな昔からの友達です。

・会社の仲間
二人は小学校三年〜高校まで一緒
一人は高校から大学まで一緒

・イラストを依頼する人
大学時代のバイトからの友達で漫画家さん

会社の税理士のさんちゃんも大学一年の
バーミヤンのバイトで出会った大事な友達です。
身内だけでぐるぐるぐるぐる回っています。

そのさんちゃんと打ち合わせがてら新宿で飲んで、
ベロベロに酔ってふらりと入ったラーメン屋。



こってりして脂っこいのが好きな僕には、
久しぶりに美味しいと思ったとんこつでした。
美味しかったから忘れないように書いておく事にしました。



わ蔵
http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13025418/

ものすごく美味しかった記憶があるんですが、
調べたら普通のチェーンみたいです。

酔ってて味が濃くて脂っこかったら何でも美味しく感じてしまう
幸せな舌。

いや、でもけっこう本当に美味しかったと思うんだよなぁ。
久しぶりに替え玉までして。
そりゃ痩せないわ

JUGEMテーマ:ラーメン
 

パクられすぎヽ(´∇`)ノ


お笑いの会社をやっている。
まだ知名度はないけど、本当に面白い芸人さん達の
ネタやコンテンツをWEB・携帯公式サイト・有料チャンネル・DVD他、
ありとあらゆるメディアの隙間に流して行く事で、
芸人さん達と生きている。

中でもうちの会社が生き残っているきっかけになった『着ネタ』
これがうちの会社の最も大きな収益の柱であり、
芸人さんにもちゃんとお金で還元できる
とてもとても大事な商品なんです。




この着ネタ、最初は着ネタなんて名前ではなく、
普通に着ボイスとして売ろうとしていました。
6年前のまだ売れていない頃のU字工事さんのボイスを
「U字工事が着信お知らせ」
として着うたサイトに売り歩いていました。
でもまったく売れませんでした。。。
知名度のない芸人さんのボイスは誰も買ってくれないんです。

そこで、U字工事さんと事務所に許可を取り
芸人名は一切出さず、内容とタイトルだけで売るコトにしました。
それが着ネタ。
ちなみにこの、全然売れなかったU字工事さんのボイスは

「田舎のヤンキーが着信お知らせ」

と名付けて売り直しました。

そしたらものすごく売れたんです。

「ちゃんと着信を伝える内容で、面白かったらタイトル次第で売れる!」
「着ボイスは芸人名ありき、内容の面白さで勝負だから着ネタだ!」

そう気づいて、急いで着ネタの商標を取り、
知名度がなくても本当に面白い芸人さん達のボイスを、
着うたでもなく、着ボイスでもなく、着ネタという商品群で
売り歩きました。
今では50サイトくらいの公式サイトに提供させて
いただいていて、日々、右肩上がりで売れ続けています。

今では50サイトくらいで売れているけど、
はじめた頃は、多くの会社が
「はぁ?着ネタ?なんすかそれ?知らないです。」
って感じで取り扱ってすらもらえなかった。
一社一社営業に営業を重ねて、やっとここまで来た。

そしたら最近、着ネタ、超パクられてんのヽ(´∇`)ノ

「着ネタ」という商品群の呼び名もパクるし、
コンテンツ名まで丸パクリだったりする。

例えば、僕が何年か前に作った
「最悪に下手な関西弁着信」

これが、他社では
「インチキ関西人着ボイス」

これはまだいい。
内容はそっくりだけど、タイトル違うし。
言い方変えただけだけど。
これはいいんです。
下手くそな関西弁の着信なんて僕以外に気づいて当たり前だし。
僕だって知らないうちに他の人が考えた内容に似た着ネタを
作っているかもしれないし。
これはいいんです、一つや二つなら。
調べたら20以上軽くありましたが・・・


でも、

「ギャル男が着信お知らせ」
「日本一焦っている着信ボイス」
「日本一ネガティブな着信ボイス」
etc...

もうタイトルまでまんま同じヽ(´∇`)ノ
複数の会社がそれぞれ、けっこうな数、
タイトルそのまま使ってる。
これはちょっと・・・

中身もすんごい似てるし。
マネされるのは悪いコトじゃないと思うけど、
パクって作られているコンテンツ数もすごいし、
もうあからさまにタイトルマネしてるし、正直イヤな気分。
後からいきなり来てパクっていって、、、

着ネタ、芸人さんと僕たちが食べていくために
精魂込めて作って、販路を広げてやってきた
大事な大事な商品なんです。

どうしよう。

JUGEMテーマ:モバイルコンテンツ
 

身体が痛い、かゆい

 今日は一キロ泳いで、自転車で13キロ走って実家に帰った。

 

夜はネギだらけの冷やしたぬきソバを作って食べた。
いつもは平気なのに、
だめだ、
体中がかゆくなった。
だって蕎麦アレルギーなんだもん。
最近、蕎麦食べても平気だったのになぁ。
かゆいけど食べたいモノを食べられてるなら
それでいいや。

食べたいモノを食べるためならアレルギーなんて。
それにしてもかゆい。

そして、水泳を1キロ、自転車を13キロしたせいで、
肩、肘、膝が痛い、疼く!!

どれだけ虚弱体質なんだヽ(´∇`)ノ
ストレッチと腹筋して寝よう。

こんな生活を毎日してるのに、お酒を飲むせいで
下っ腹が一向に痩せないヽ(´∇`)ノ

JUGEMテーマ:アレルギー

会社なんて磁場いらない

会社なんて磁場に縛られないで実家の庭で仕事しました
DSC00058.JPG

お笑いの会社を小学校から一緒だった友達と、
高校から一緒だった友達とやっています。
もう7年やっています。

よく起業の心得に

「友達同士の起業は絶対にすぐ失敗する」

って書いてあります。
それでも7年続いています。
子供の頃からの友達だけの会社、
起業の心得にあるように、失敗してしまいそうな
落とし穴も沢山あります、見えてきます。

その代表格が「常識とは」と「社会人とは」
っていう、縛り。

僕たちは、常識なんて知らなかった小学校くらいからの
友達同士でやっている非常識な組織なので、
いわゆる「社会人たるもの」とか「常識的に」とか、
そんな常識を本質的に持ち合わせていないんです。
本質的に持ち合わせてないのに縛られるんです。
"社会的な常識"に。
よく「社会人なんだから」とか言われるけど、
僕含め、社員4人中3人が会社勤めの経験すらないし。
会社勤めの経験すらないのに「社会人なんだから」って
言われても分からないし・・・

分からないのに、僕含めみんな、

「朝早く行くのが素晴らしい」
「遅くまで働くのが素晴らしい」
「会社にいるのが素晴らしい」
「ガムシャラな姿勢が素晴らしい」

こんな、いわゆる"社会人としての常識"に縛られて
しまっていました。
『世の中がそう言ってるし、そうしないのは悪なんだろうなぁ」って。
くだらない。

お笑いだけどITの仕事で、これだけネットが
発達して、どこでも自由に仕事ができる状態なのに、
人間なんだから自由でいる事こそ本当の姿なのに、
自由な方が仕事が楽しく捉えられるのに。

「会社に毎日、朝早くから遅くまでいるのが素晴らしい」

みたいな磁場に引っ張られ続けてた。
こんな社会人的な常識、壊してしまう事に決めた。

うちの会社は出社も退社やめます。
出勤も退勤もやめます。
定例会議もやめます。
全部自由します。
みんながやってくれている仕事に対しては
みんなと合意の元、適正なお給料という形で評価する。
みんながみんな仕事をちゃんとしてくれてて、
会社がそれに対してお給料で正当に評価してくれてたら、
もうそれ以外なにもいらないと思う。
早く行くとか、長くいるとか、会社にいるとか、
もう、そんなの余計じゃん。

そう思って、社会的常識と思われる事を思い切って
全て排除してみました。
ただ、会社という場から解放する以上、それに伴った
準備も必要です。

・会社に誰もいなくても滞りなく電話がつながる
・全員が会社という場に縛られずとも100%やりたい仕事が出来る
・社会的な常識に囚われずに結果を求める空気を作る

一つ一つ準備し、進めています。
初めて一ヶ月、うまくいっています。
みんなの雰囲気も、いいし、業績も上がっています。
ダメになったら戻せばいい。
とりあえず、とにかく究極的にノマドワークス、
会社全部がノマドワークスを追い求めてみます。
失敗する成功するか分からないけど、
究極のノマドワークスな会社の変遷を自己満足で
綴ってこうかなぁと思っています。
JUGEMテーマ:経営

JUGEMテーマ:社長日記

NEX-5レビュー


物欲に弱い。
勝てた試しがない。
コンデジ(ちっさいデジカメ)を使って四年、一眼が欲しい。
なんか欲しい、あのカシャって言う感じ、、、なんか欲しい。
でもすぐ飽きそう、買う理由がない。。。
買うには理由が必要。
自分の罪悪感をなだめるために、理由が必要。

父親には生まれてから28年間会った事がなかったんだけど、
父は世界で唯一、マザーテレサを撮っていたカメラマンらしい。
という事で、

「父譲りのカメラマンの血が!血の衝動が僕を突き動かしてるんだ!!」

と、理由を無理矢理ひねり出したので、sonyのNEX-5を買った。

細かい事は何も分からないけど、
コンデジとは明らかに違う。
DSC00045.JPG
猫をこんなにかわいく撮れたのたの初めて。
釣りに行った後の写真も、
DSC00103.JPG
すごい美味そうに撮れてる!!
魚屋みたいじゃん!!

ネットでNEX-5はレンズとかけっこう叩かれているけど、
僕のようなカメラのカの字も知らないシロートには大満足なカメラ。
旅とか色々撮って行きたい。
初めてブログ書いて見たけど、本当に愚にもつかない内容しかない・・・orz